好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

商品が売れないジレンマを商品のせいにしていない?

商品が売れないジレンマを商品のせいにしていない?

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

稼げるビジネスモデルを探すのではなく、
何をしても稼げる自分になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功する為に必要不可欠な知識&スキル。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ

商品が売れないジレンマを商品のせいにしていない?

ビジネスの鍵を握ってくるのは「集客力」に他なりません。

これは新規にビジネスをはじめる方にのみ言えることではなく、現在働いている会社でも全く同じことが言えます。

会社の経営会議などの場で、業績を伸ばす為に新たなサービスや商品の企画を何時間も練る、と言う経験をされたことがある方は多いでしょう。

ほとんどの会社でこうした会議に時間を費やされており、
「商品が売れないから、新たな商品をつくろう」

そして、その商品が売れなかったから、もっと「販売力」の高い商品を作らねば、と言うループに陥っている企業が多いのが事実。

僕がコンサルティングさせてもらった企業、店舗の多くも、こうしたジレンマに陥って業績が伸び悩んでいました。

「お客様の目線に立って考える」
とは、多くの企業で提唱されている理念です。

お客様が「より良い商品を求めている」ことは、紛れもない事実。

しかし、どれほど良い商品であったとしても、その商品が「認知」されないことには、商品に対する「興味」を持ってもらうことにも繋がりません。

ここの部分はよく個人で商品やサービスを扱ってる人がよく落とし穴にはまるとこですね。会社の商品が良いから、会社が凄いから、関わってる人が凄いから。それと「商品が売れる」とは全く別物です。

どれだけ素晴らしい会社でサービス、商品であっても、お客さんがいなければ何の意味も無いですよね?

お洒落なお店で店員さんも可愛くて、料理もそこそこ美味しんだけども認知されない事には意味が無い。

だからこそ、「広告」というのは非常に大事なわけで。

商品やサービスが売れるまでの顧客の購買心理とは、「認知・興味・検討・購買」のサイクルで行われます。

それには、やはり対象となる顧客と言う「分母」のボリュームが必要であることは言うまでもありません。

認知してもらう顧客のボリュームを増やし、それに対して興味を持ち、購買を検討してくれる顧客のヒット率を上げて行く。そのサイクルを確立していく為には、やはり「集客力」こそがものを言うのです。

では、その「集客力」はどのようにして身に付けるのでしょうか?

多くの人がビジネスの本質を見抜けていないのです。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top