好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

自分との戦いが人生の戦

自分との戦いが人生の戦

←後藤 剛は今、何位?

23歳社長が語る常識破り

こんにちは、後藤です。

ここ最近は企業目線でのお話でしたので、
今日は違った視点でのお話をしようかと思います^^

人間力についてのお話です。

少しスピリチュアル?かもしれませんが
凄く大事なことですので附に落としてください。

最近、僕は思うのです。

殆どの人が、
”自分を知らない

といった現状になっているなと。

自分と向き合っていない
自分を見つめなおさない
自分を認めたくない

こんな風になっている人が多いのです。

僕は何百人とビジネスマンを見て来て、
たくさんの方を育ててきました。

全くビジネス経験ない人を会社経営に導いたり、
少ししか稼げていなかった人を稼がせたりなど。

その中でも、
本当の意味で結果を出す人は

自分を認めている

のかどうか??

という違いが、
非常に大きい分かれ目だと感じています。

僕自身もそうだったのですが、
実際に何百人もビジネスマンを見てきて

そして何十人も指導してきて
痛感したことでもあります。

これは、先日コンサルした人のお話ですが

話していくうちに
ずっと違和感を感じていたんです。

確かにノリは良くて、趣味もあうし
一緒になって笑ってくれる。

だけどもなんか違うのです。
心に感じる違和感。

イメージできるかがわかりませんが
僕はその人と話していてすぐに気づきました。

「あぁ、この人は自分を守っているんだな」

と。

過去に何があったのか?
どんな環境だったのか??

というのは定かではありませんが

人の防衛本能とは恐ろしい物で
僕らの感情から行動までを一瞬で支配します。

それも、気づかないうちに。

自分が他人に見せたくない心の奥底に抱えている部分があり
それを見せたくないから笑う。

素を見せたくないからどうしても強がってしまう。

本当は弱音を履きたいけども吐けない。

素直に話せばわかってもらえる
わからないと自分の非を認めれば助けてもらえるだろう。

こんなことを瞬時に感じて、
そしてその感情に任せた行動を取る。

おそらくは最初の頃、

それが子供の頃なのかいつなのかはわからないですが
きっと違和感を感じていたと思うんですよ。

それでいいのかな??」って。

それが大人になって、
自分を守る行動を繰り返していくうちに

段々と
自分を守る自分が当たり前
になっていくんです。

実際に、多いと思いますよ。

やりたいことなんて見つからなくて当たり前
人間というのは仕事をする生き物なんだ
夢を追うなんて現実的じゃない

こういった人達。

(ちなみに僕はこういった人が悪い。
と言っているわけではありません。)

なぜこうなってしまうのか?

と辿れば、殆どが考えていないから
これに起因してきますが。

全くもって目を向けなかった人。
考える暇がなかった人。

それぞれのパターンもありますし

「わかっていない」ということは
悪いことでも何でも無く、単純なる事実なので。

もちろん盲目的になっちゃいけないんですけどね
夢を追う事はカッコイイことだ!!

と価値観を固定するのもまた違うんですが・・・

・・・と、少しずれました。

つまるところ、

まず第一段階として
自分という人間がわからなくなっている人は多い

というところなんです。

そういった人は
まずは自分がどんな人間なのか?
なぜそういった人間になったのか?

を考えなければいけないし、
その事実を認めなきゃいけない。

誰かに何かを伝える、届ける、
価値の提供をするということは、
(情報発信)

考えなければいけないのです。

否が応でも。

だからこそ自分がどんな人間なのか??

改めて考えてみてください。
そして、それを認めて下さい。

(ちなみに誰かを肚を割って話せた時が
その人が自分を認められた時だと僕は思ってます。

本当の意味で自分を取り戻せた時が、
自分にとっての本当のスタートラインに
立った時だと僕は考えていますので。

自分の根源を知り
自分自身を取り戻そう

ではでは、
今日はこの辺で^^

PS.
ブログでは言えない裏話や
最新の情報や手法を伝えています^^

少しでも、皆さんの
活力になれればと思っております。

イイネ!!クリックこちらにも
↓↓していただけたら嬉しいです↓↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

マインド論・考え方

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top