好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

作業は人工知能を活用して、 人間は創造性豊かなことをしていく

作業は人工知能を活用して、 人間は創造性豊かなことをしていく

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中
が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功する為に必要不可欠な知識&スキル。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『作業は人工知能を活用して、 人間は創造性豊かなことをしていく』

ヤフー週休3日検討「作業はAI活用」 生産性向上狙う
ニュースサイトの本題はこちら

これからはこの考え方が当たり前になる。

さすが、Yahoo! IT企業だなってではなく、
この考え方が今後世の中では当たり前になってくる。

「作業は人工知能を活用して、
人間は創造性豊かなことをしていく」

今は人工知能、テクノロジーに発達によって、
今後更に「人間」というのが会社にとってはコストになり、ニュースでも見るように大手企業がリストラが絶えない。

今後もっともっと人が働く定義が変わり、
テクノロジーに仕事を奪われていくだろうな。

だからこそ雇用形態だったとしても、
ロボット、機械では出来ないクリエイティブな事を、人間が出来なければ雇用形態でも不要ということ。

作業しか出来ない仕事は人工知能に任せた方が
よっぽどコスト削減になるし安心できる。

まあ、人間みたいにモチベーションの低下もなければ、熱を出して休む事もないのやから。

人間が働く環境がどんどん無くなり、
挙げ句の果てにはリストラをされて職を失うか、
最低限の給料や雑用が仕事になるかになってくる。

だからこそ人工知能では出来ないような
クリエイティブな仕事が今後の人間の仕事となる。

堀江貴文が遊びが仕事になるというのは、
まさに嚙み砕くとこのこと。

こういった世の中にもっと気付いていくべきで、
気付いてた人はリーマンショックの時みたいに、
事前に準備をしてリスクヘッジをしている。

例えば、職がなくなるか、
ビジネスの勉強や投資の勉強をしておいたり、
自分でお金を生み出せるようにスキルを身につけたり。

様々なリスクヘッジは今からでもした方が良い。

今後はもっともっとテクノロジーの発達により、
人間が働く環境は削られていくだろう。

だが、逆を言えば、
テクノロジーやインターネットの発達により、
個人でもお金をかけずにリスクを取らずに、
お金を稼げるような時代だったりはする。

だからこそ自分にどんどん投資をして、
保険をかけていく事が何よりもリスクヘッジ。

僕の経験で面白い話がある、

それはとある中小企業では従業員が数百人で、
売り上げが数十億円あるが利益いわゆる粗利は、
年で1億円とかしかないそうだ。

それに対してとあるベンチャー企業では、
従業員は数十人で売り上げが数十億あって、
利益も数十億あるそうだ。

これは何を意味してるかというと、
従業員がコストになっているということで、
人工知能やインターネットを上手く活用すれば、
コストを削減して少ない人間で利益を出せると。

これはこんな企業がもっともっと増えて、
人間はクリエイティブな創造性豊かな人だけが、
雇用されて働いていけるようになってくる。

まあ、俺からしたらクリエイティブな創造性豊かな人は、自分でお金を生み出した方が良いと思うのだけどね。

google検索のような頭を持つ人工知能、ロボットが、これからは色んな職業で活躍するやろうね。

さて、この記事を見たあなたは、
未来に対してどんなリスクヘッジをするのかな?

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top