好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

これからの起業家、経営者に必須なコピーライティング力! ~コピーの力がなぜ必要なのか?~

これからの起業家、経営者に必須なコピーライティング力! ~コピーの力がなぜ必要なのか?~

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

本日のお題はコチラ
これからの起業家、経営者に必須なコピーライティング力! ~コピーの力がなぜ必要なのか?~

1、今、必要とされるコピーライティング力!

 

今日は皆さんにコピーライティング力についてお話をしようと思います。

皆さんは、どうしてコピーライティング力が必要とされると思いますか?

僕は散々お金を稼いで成功したいのであれば、「稼ぐ頭」「稼ぐスキル」「稼ぐ力」を身に着けろ!と、伝えてきました。

その中でどうしてコピーライティングも必要なのでしょうか?

それは、当然、自社が扱う商品やサービス(もしくは情報やノウハウ)の持つ、機能や特徴、そして競合他社のそれと比較してその優位性がどこにあるか?

またそれらの背景にある精神や哲学が如何なるものなのか?

を示す必要があるからです。

自社のそれらの認知を広げるためには、様々なメディアに掲載され、多くの生活者の人々にその情報が届くことが重要になります。

所謂、ニュースリリースを自社Webサイトから情報発信すると同時に、様々なメディアに送付し、ニュースソースとなることで話題は拡散されます。

しかし、今や何も既存メディアに依存しなくても、SNSやオウンドメディアを駆使すれば、元手がなくても、更に既存メディアに依存しなくても、自らの力で情報発信することが可能な「時代」

だから、自社が扱う商品やサービス(もしくは情報やノウハウ)の情報発信を自らの手で行う際に、”コピーライティング力”というのは極めて重要な要素となるのです。

更にいえば、それら、自社情報にとどまらず、自分自身の営業力にも繋がるセルフブランディングに際しても、この”コピーライティング”の力は重要です。

つまり、これからは“個”の時代

商品やサービス(もしくは情報やノウハウ)を生み出した経営者自身の、人となり、人間的な魅力、それらにかける熱い情熱が問われます。

2,どのようにコピーライティング力を高めるか?

 

コピーライティングの力を身に付けるためには二つのことが重要になります。

それは「インプット」「アウトプット」です。

インプットとは情報を自分の頭にたたきこみ、
それを、整理整頓すること。

当然、新聞や雑誌、Webサイトにおける活字情報を吸収することです。

特に自社の専門分野においては市場動向を知りうる上においても、それらの情報を専門誌や専門サイトから学ぶことも必要でしょう。

しかし、それだけに囚われていてはいけないです。

自社の商品やサービス(もしくは情報やノウハウ)の購入をする顧客の価値観、思考、嗜好は、様々な情報が多数飛びかう中、非常に多様化しています。

つまり、起業家、経営者自らが、井の中の蛙にならず、広く、社会、世界を見据えることが必要です。

従ってジャンルやカテゴリーに捉われることなく、様々な文字(記事や書籍やWebコンテンツ)などの乱読をおすすめします。

その中で、自分が共感できる言葉、価値を感じる誰かの行動、気になるニュースなどをまとめてブックマークし、頭の中のファイルにスクラップしえおくことが重要になります。

次に重要なのが「アウトプット!」

皆さんは一日にどの程度の文字を書くことを習慣にしていますか?

コピーライティング力というのは実際に書くことを習慣として、書き続けることで、飛躍的にその力は伸びます。

では、それを何に書けばよいのか?

それこそが、個人で情報発信できるブログであり、SNSでの投稿であり、自社Webサイトに掲載するコラムなど。

そのことで自分自身のセルフブランディング力を高めることになりますし、ブログやSNSが営業ツールとして活用できるわけです。

とにかく 一日の中で短い時間でいいので、
”読むことに集中する時間””書くことに集中する時間”を創り、インプットアウトプットの精度を高めましょう。

3、コピーライティング力を身に付けた後、その先に広がる未来とは?

 

仮に、コピーライティング力を見に付け、多くの人々から共感を得、感動を齎すような文章を書くことができたら、一体、どんな未来が広がるのでしょうか?

出版という手法を用いて、自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を多くの人に宣伝する機会が得られる可能性もあるでしょうし、自らの生き方、拘り、半生、哲学を書籍で表現することにつながるかもしれません。

また、それらがテレビや映画などのドラマの原作などに活用されることがあるかもしれません。

実際にアップルのスティーブ・ジョブスもFaceBookのザッカーバーグも、ドラマや映画の主人公としてそのビジネスへのこだわりや哲学、半生が描かれていますが、彼らは日々、様々なメディアに対して強い情報発信を行ってきました。

様々な手法を駆使し、インターネット上で多くの人々と交流ができれば、あなたは強いカリスマビジネスリーダーになれます。

その時に必要なのは、あなた自身が、他者を魅了するだけの言葉をどれだけ身に付けることができるかです。

どうですか?

皆さんに少しくらいはコピーライティング力の重要性を理解していただけましたかな?

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top