好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

インターネット集客の活用とは?~ビジネス・コミュニケーション・メディアとしてのインターネット~

インターネット集客の活用とは?~ビジネス・コミュニケーション・メディアとしてのインターネット~

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『インターネット集客の活用とは?~ビジネス・コミュニケーション・メディアとしてのインターネット~』

あ、今日の記事はまあまあ長いので時間ある時で静かな場所でじっくり観ることを推奨します(笑)

ビジネスツールとして欠かせないインターネット

正直、今の時代、インターネットをビジネスツールとして使いこなすことができなければ、起業や企業経営を行うのはなかなか難しいです。

なぜなら、もはや、インターネットなしに人々の生活は成り立たない状況になっていて、殆どの人がインターネットに“依存せざるを得ない”状況を迎えており、片時も、スマホやタブレットから離れられない、もしくはPCの前から離れられない人ばかりです。

はい、僕も日々PCに釘付けで離れられない状態の内の1人です(笑)

でも僕以外の皆様も恐らくですが、いきなりiPhoneが無くなったり2,3日使用禁止という法律が出来ればソワソワすると思うんですよね(笑)

冗談はさておき、そんな時代にいて起業や経営でインターネットを活用しないのは、「死」に向かっているようなもんです。

・インターネットにおいて必要な知識や情報を検索する。

・インターネットから日々の生活やビジネス必要な情報を得る。

・様々なアプリケーションを使いこなし、日常生活を効率化し、質の高いものにする。

・ビジネスに関わる人や友人仲間とS.N.Sやメッセンジャー、チャットを駆使しながらコミュニケーションをとる。

・重要な書類はメールでやりとり。

・更に様々な資料をいつでもどこでも取り出せるようにクラウドソーシングサービスを活用する。

・また、資金調達にはクラウド・ファウンディング・サービスを活用したり、金融機関での取引にダイレクトサポートサービスを活用する。

・恋人や◯◯◯探しは、婚活サイトや出会い系サイトを活用する・・・

など、もはや、インターネットなしに、ビジネスは成立しない時代が到来しています。

逆にいえば、インターネットにアクセスできるデバイス=PCやタブレット、スマートホンさえ持ち歩くことができれば、いつでも、どこでも、仕事をすることが可能です。

例えばですが、僕なんかであればこのPCとiPhoneとインターネット回線とブログせあれば一生何処へ言ってもお金を生み出すことは可能ですし。離島に行ってもお金は生み出せます。

会社単位ですら、先端を行く企業はもはやオフィスに出勤して業務を行うことを推奨せず、在宅や外出先で仕事を行うことをむしろ奨励する傾向にあります。

まあ、実際に僕の回りの会社でも、オフィスなし正社員も数人で数億円売り上げてるような会社もありますしね。

このように、インターネットをコミュニケーションのツールとして活用することで、ビジネスの効率化と”Any Time、Any Place”を実現でき、自由にどこでも活動することを可能にします。

しかしながら、さらに先を行き、ビジネスの可能性を飛躍的に拡大させ、多くの機会を創出するためには、これに加えて、インターネットをビジネスメディアとして使いこなせるようになる必要があります。

インターネットは「ビジネス・コミュニケーション・メディア」という考え方

ここで重要になるのが、インターネットは「ビジネス・コミュニケエーション・メディアである!」という考え方です。

つまりコミュニケーションツールとして使いこなすのは当たり前の話で、これから先はインターネットのメディア活用が極めて重要になります。

「「情報を発信するメディア」」

自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を知らしめるメディアとして、自社Webメディアは極めて重要な情報発信の拠点となります。

またここで、自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を実際に販売したり、相談窓口を創設することで、顧客との接点が生まれ、セリング=売り込みの拠点の構築にも繋がり、売り上げの拡大にも寄与します。

また、ブログやSNSなどで、自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)の背景にある精神や思想、哲学を語ることもしくは経営者自身のビジネスにかける情熱やこだわり、ポリシーなどを語ることで、商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)、そして経営する企業、さらには、経営者自身のブランディング戦略の実現にも繋がります。

「「情報を伝播させるメディア」」

さらに様々なインターネットメディアにおける広告枠を活用することで、自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)をより多くのターゲットリーチさせることが可能で、さらにその広告のリンク先が自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を実際に販売したり、相談窓口する拠点であれば、売り上げの拡大にも繋がります。

また、それらがS.N.Sによって、顧客の使用実感、利用実感が伴った“口コミ”で拡散すれば、自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)に、安心や信用、信頼が加わり、予想以上の顧客との遭遇機会を得ることにも繋がります。

更に、人が人を呼ぶS.N.Sなら、施してきたブランディング戦略も拡散され、商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)、そして経営する企業、さらには、経営者自身の精神や思想や哲学も拡散してくことになります。

「「交流を深めるメディア」」

また、ブログやS.N.Sでは直接顧客とコミュニケーションを図れたり、尊敬する人や、信頼のおけるビジネスパートナーとの出会いも図れ、さらに、メッセンジャー機能等を活用すれば、親交や交流をさらに深めることができます。

また、S.N.Sの特徴でもある、人が人を呼ぶという機能が有効に発揮されればその輪は大きく広がることになります。

■「ビジネス・コミュニケーション・メディア」として使いこなすことで広がるビジネスの可能性

このように、インターネットを「ビジネス・コミュニケーション・メディア」として活用でき、それが効果を発揮すれば、ビジネスは新たなステージを迎えることになります。

新たな商品やサービスの開発を行うことが可能になるかもしれませんし、新たな情報やノウハウを獲得するに至るやもしれません。

更には事業拡大や新たなマーケットへの参入や開拓など、新たな可能性がどんどん広がります。

そのためには、とにかく日常でインターネットをフル活用すること、さらにはインターネットを「ビジネス・コミュニケーション・メディア」として使いこなせることが重要になります。

言ってしまえば、「インターネットが苦手だ!」とか、「どうすればいいか分からない!」とか、そんな事を言ってられないということです。

インターネット活用の重要性を理解していただけたでしょうか?

弊社BLOSSTORYでは、インターネット集客のアドバイス・相談から、広告や集客のお手伝いをサポートしているので、まずは”相談依頼”からどうぞ。

1

理想を現実に、不可能を可能へ

皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

マインド論・考え方

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top