好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ブランディングの神髄を学ぼう~ビジネスの勝機は選ばれる“ブランド”になること~

ブランディングの神髄を学ぼう~ビジネスの勝機は選ばれる“ブランド”になること~

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『ブランディングの神髄を学ぼう~ビジネスの勝機は選ばれる“ブランド”になること~』

さて、今日のお題はブランディング。
ビジネスにおいて必要不可欠なスキルの一つ。

誰しもが必ず、

”選ばれたい” ”注目浴びたい” “頼りにされたい”

こんな風に思ったことはありますよね?

■そもそもブランディングとは?

ブランディングとは?

“ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。”
<出典:ウィキペディア参照>

と定義付けられています。

まあ、簡単に噛み砕くと、
識別する為の活動」「差別する為の活動
価値を高める活動

ブランディングも言葉の意味から全行程も奥深いものなので、記事にして書くのは難しいですが。

ここで重要なのは、起業家を目指す方、経営者を目指す方は、自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)をブランディングすることも重要なのですが、まだ組織や規模に限度がある創世記においては、ビジネスの先頭に立つ、起業家の皆さん、経営者の皆さんが自らのブランド力を高めること、つまり”セルフ・ブランディング”が極めて重要なのです。

あなたは、ブランドという言葉から
何を想起しますか?

わかりやすい事例でいえば、
ファッションブランド。

シャネルやルイビトン、
ポール・スチュアートやポール・スミス。

これらブランドネームは、創業起業者の名前がそのまま、ブランドネームとして残っています。

つまり、それらファッションブランドは、企業としてのマーケティング戦略の一環としてのブランディングと、経営者自身のセルフ・ブランディングがあいまみあって、強力な“ブランド力”を身に付けることができた!

というわけなんです。

1

つまり、これから、起業し、経営者としての活躍を目指すあなたは自社が顧客に提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)のブランディングも重要ですが、初期段階においてはむしろ経営者自身のセルフ・ブランディングの方が重要ということ。

僕も起業する前、
起業したスタートアップの頃はそうでした。

■ブランディング戦略のゴールは“間違いなく選ばれること”

ブランディング戦略が功を奏すと、企業もしくは顧客に提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)がセリング=売り込みの必要なく、販売の機会を得る、つまり、必ず、それらが選ばれる!ということです。

ブランディングは生活者、消費者に強烈な記憶を残すことであり、自社の精神や哲学の表出です。

ブランディング広告は、できるだけ短い、鮮烈に記憶に残るコピーと、自社のイメージを忠実に表現するビジュアルによって構成されます。

つまり、自社、もしくは経営者の精神や思想、哲学を表出するにふさわしい、表現の必要があります。

しかしながら、“圧倒的な記憶”を
生活者、消費者に残す為には。

これまでの考え方に由来すれば、
大量な広告投下を必要とされてきました。

しかし、インターネットコミュニケーションが発達した今の時代、何も、広告費用の高額なテレビや新聞、雑誌というメディアに広告を掲載することでなく、自社WebサイトSNSでのコミュニケーション、もしくは比較的安価なインターネットメディアでの広告掲出などで、十分にその効果が得られます。

間違いなく選ばれるために、鮮烈な記憶を生活者、消費者に残す。

その為には、企業、そして、経営者の精神、思想、哲学を、できるだけ短く、インパクトのある言葉で綴り、インターネットを活用し、それを何度も何度も何度も繰り返しアウトプットする。

アップルという企業ではありませんが、その創業者、スティーブ・ジョブスはとある大学の卒業式の場で、社会に羽ばたく学生に向け、”Stay foolish! Stay hungry!“という言葉を放ちました。

これがメディアで取り上げられ、スティーブ・ジョブスを象徴する言葉として、今もずっと多くの人の心の中に生きついています。

■ブランディング力とコピーライティング力の密接な関係性

この事例のように、経営者の言葉は、
内外に大きなインパクトと影響を与えます。

圧倒的な記憶の刷り込みには、顧客となる、生活者、消費者の方々を魅了する、生活者、消費者の方々からの共感を引き出す、言葉の発信が必要です。

つまり、そこに必要なのがコピーライティング力!

自社の提供する商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を、もしくそれを提供する企業を、もしくは経営者自身を象徴とする、精神や哲学、思想に裏打ちされた言葉をどんどん紡ぎ、書き並べ、顧客への強烈なメッセージとなる言葉にたどり着いてください。

その瞬間に、
ブランディングのゴールが見えてきます。

さて、今日はブランディングについて
触れてみました。

ブランディングの重要性を
理解していただけたでしょうかね?

理想を現実に、不可能を可能へ
皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top