好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

インターネットをマーケティングツールとして使いこなせることがこれからの起業家、経営者の必須条件

インターネットをマーケティングツールとして使いこなせることがこれからの起業家、経営者の必須条件

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『インターネットをマーケティングツールとして使いこなせることがこれからの起業家、経営者の必須条件』

これから起業を考える人、小さな企業の規模の拡大を目指し、更なるビジネスの成長と進化を標榜する人には、”インターネットのマーケティングツール”活用は必須です。

この記事を読むことで、ビジネス進化のスピードも格段に加速化されます。

マーケティングツールとしてのインターネット

 

マーケティングツールとして、あなたはどのようなものを使いこなしていますか?

そもそも、マーケティングツールとは何か?

ということを理解することから、
始めなければならないかも知れません。

マーケティングツールとは、自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)と顧客を結びつけるためのあらゆるツールを指し、更に顧客の状況や市場を把握し分析する一切のツールを指します。

それはインターネットの登場以前は実に限られたものでした。

自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)と顧客を結びつけるためツールですから、代表的なものと言えば、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌等の旧来的なメディアに広告投下することであり、イベントや展示会にそれらを出品し、取り引き先や顧客にそれを理解してもらうこと。

また、オリコミやチラシなどを制作し、新聞や雑誌に同梱したり、店頭や展示会場やイベント会場で配布する。

それもマーケティングツールの活用といえるでしょうし、店頭にPOPを設置することも、マーケティングツールの活用といえるでしょう。

更に、企業イメージを高めるために大規模なイベント(野外ロックフェスや映画祭等)等の多くの集客を見込める催事に協賛することも、それと言えるでしょう。

しかし、考えてみれば、このような、プロモーションを行うにはに予算がかかり、一人でビジネスをはじめた起業家や少人数の組織でビジネスを進める規模の小さな企業の経営者では、そのようなツールを活用することは、これまでの常識、通念からすれば、なかなか難しかったです。

けれど、インターネットの登場、普及によって、さほど予算を投下せず、顧客との接点を構築出来たり、顧客や市場を分析することが実に容易になり、マーケティングは今や新時代に到来したといえます。

それを一体どのように使いこなせばいいのか?

 

ではここで、それらインターネット新時代におけるマーケティングツールの活用とは一体どういうものなのか?

について触れてみたいと思います。

・まずは自社Webサイトの活用!

ここで自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を顧客や取引先に紹介することが可能です。

SEOやSEMなどに関する知見を深めれば、顧客もしくは取引先となる企業の担当者が、自らの意思で検索し、サイトを訪問してくれます。

つまりここでマーケティングの課題である
“顧客の創造”が可能になるのです。

更に大切なことは、ここに販売の機能を設けること(自社サイトでECでの取引を可能にする。

セミナーへの申し込み受付やWebイベントの開催)で、実際の“売上”に結びつけること。

これで課題である“売りの創出”が可能になるのです。

・また起業家、経営者がブログやS.N.Sで自己の情報発信を図ることも可能!

これも、実は重要なマーケティング活動のひとつで、自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)の背景にある、精神や思想や哲学、そしてそれらを開発するに至った理由を情熱をこめて表現し、自らのビジネスに対する信念を語ることで、自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)のブランディング、そして、起業家、経営者の皆さんの
”セルフ・ブランディング”に繋がります。

更に今、顧客接点における最大のメディアともいえるインターネットで広告を打ち、自社の商品やサービス(情報、もしくはノウハウ)を宣伝すれば、これまでの常識を超えた、比較的安価な予算の投下で、費用を抑えることができます。

そこで、広告の運用を自らの手で実施できれば、広告代理店に余分な費用を支払うこともなく、無駄な経費を節減できます。

また、PCやスマートデバイスのアプリケーションを駆使すれば、顧客のインターネット上の行動や市場の可能性も分析ができ、次なるマーケティング戦略の一手を事前に打つことも可能になります。

インターネットをマーケティングツールとして使いこなせることで訪れる新しい未来とは?

 

インターネットの世界はこれからまだまだ成長し、進化します。

特にテクノロジーの進化は顕著で、このブログのテーマである、“不可能を可能にする!”といったことがインターネットの世界では様々起こり得ることが容易に想像できます。

従って、

”これから起業を考える人、小さな企業の規模の拡大を目指し、更なるビジネスの成長と進化を標榜する人には、インターネットのマーケティングツールの活用は必須。”

今とり沙汰されている、AIの活用やビッグデータの活用などは、インターネットマーケティングの未来を大きく変えることになるかも知れませんね。

さて、あなたは、今日登場した耳になじみのない言葉がどれだけ身体にしみついているでしょう?

インターネットをわけなく、さほど苦労することもなく、マーケティングツールとして活用できれば、ビジネスの進化のスピードも格段に加速化されることになります。

進化や変化を恐れず、
それに俊敏に、適切に対応してゆく。

それはビジネスを成功させる上における、
普遍の真理です!

さて、今日はインターネットマーケティング活用について触れてみました。

皆さんには、インターネットのマーケティング活用のの重要性を理解していただけたでしょうか?

PS.
昨日の堀江貴文氏の生の話は、
後程公式LINEのタイムラインにて記事にします。

理想を現実に、不可能を可能へ
皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top