好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

テクノロジーの進化で個人で起業、個人で稼げる時代に移り変わった

テクノロジーの進化で個人で起業、個人で稼げる時代に移り変わった

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『テクノロジーの進化で個人で起業、個人で稼げる時代に移り変わった』

”幼いころに比べて時代は変わったな〜”

って、最近つくずく思うのですが、
僕も気が付けば歳を重ねたなと痛感します。

会社経営をしていなかったらどんな人生を歩んでいたんだろうなって思ったりもします笑

まあ、そんな事はどうでもよくて本題です。

時代の流れとともに、進化を続けるテクノロジーの先端技術は止まることなく、ひたすら前進しています。

今やスマートフォンは持っていて当たり前の時代になりましたが、これだけインターネットやソーシャルメディアが身近なものになったゆえ、「副業」「インターネットビジネス」など、 ”個人で稼げてしまう時代” がすでに始まっています。

では、どうしてこのような「個人ビジネス」が話題を呼ぶのか?

それには様々理由があると思います。

例えば、
「会社の給料だけでは不満足」
「会社に勤めることに疲れてしまった」
「自由なお金と時間がほしい」

など、会社に対する不安や不満も然り、個人ビジネスにやりがいを感じる若者も急増しているようで、「自分を活かせる場」としても人気を呼んでいるのが現状。

我慢なんてしなくても良い社会になってきました。

こうした個人ビジネスで稼げる時代というのも、昔と違い簡単に収益を作ることができるようになったのはSNSが急速に発展したということもあり、スマートフォンで気軽にインターネットを閲覧することができてしまう。

スマートフォンの普及率を考えても圧倒的な閲覧者が存在するSNSを利用して、注目度の高いウェブページに企業の広告を載せることで宣伝効果を高めるという取り組みがきっかけです。

掲載先のウェブページの管理人に対して、広告の掲載に伴う掲載料としての広告収入が発生する仕組みですが、これはインターネット上で手続きができるため、事務所を構えたり、会社を立ち上げるといった感覚とは違い、資金などがなくても実現が可能ということになります。

つまりパソコンとインターネットのつながる環境さえあれば、0資金でもスタートでき、借金などの大きなリスクを背負うこともありません。

(僕も初めはそんな理由でインターネットに惚れました笑)

問われるは閲覧数であり「センス」が商品となるため、自分を活かす場所としての活動が目立ちます。

経済の動きだけでなく、時代とともにビジネスに関する概念が変わってきていることも事実。

机に並ぶ書類の山はデータ化することでペーパーレス社会へ、やり取りは電子メール、遠方の出張会議もパソコンのリアルタイムテレビ通話を活用するなど、ビジネスシーンはあらゆるところで「デジタル化へ」と移行してゆくかぎりです。

理屈よりも技術が前を走っているため、手続き・決済など、オンラインで解決し、誰でも簡単に始められるのですから、不機嫌に会社に行く必要もなく自分を活かせる活躍の場は、いくらでも眠っているということ。

このように「自分のチャレンジ」を見つけることが容易になったため、働くことよりも自分を試すことが気軽にでき、やがて自分自信を磨くことへも繋がります。

このご時世に安定なんて見込めないです。

だからこそ、自分でやってみたい!
という意欲だけが高まるのでは。

僕ももっともっとこのブログを通じて、多くの人が「自分の力でお金を稼いで自分の理想の人生を歩んでいきたい!」と思ってもらえるキッカケとなっていきたいものですね^^

まだまだ「自分でやってみたい!」という意欲がない人が多いので、時代の変化に気付きテクノロジーの進化に危機感を抱いた方が良いでしょう。

現代では、自分の会社が自分の勤め先がいつ倒産して、ブラック会社へと移り変わるかはわかりませんから。

理想を現実に、不可能を可能へ

皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top