好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

「創造は生むものではなく、物事を結びつける」ことから始まる

「創造は生むものではなく、物事を結びつける」ことから始まる

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『「創造は生むものではなく、物事を結びつける」ことから始まる』

いきなりですが、

「創造」と聞くと、何か難しい発明や画期的なものを作り上げる!という、大規模なものを連想しませんか?

アイデアが浮かぶかどうかは、
「強い問題意識を持って物事を見ているかどうか」が分岐点になる

という、テーマで話していきます。

読んで字のごとくと言ってしまえば、
「創る」と「造る」どちらもつくることから始まる意味を含んでいます。

しかし、必ずしもアイデアが浮かぶ人ばかりではないです。

というよりも思い浮かぶというのは、
むしろ頻繁にありうるものでもなかったりします。

では、本当の創造とはどういうことなのか。

それは「今あるものの組み合わせ」であり、
それに努力情熱を加えることです。

新しい何かを創造するのは、
才能を持った天才の仕事ではない。

つまり、天才が驚異的なアイデアを生み出したとしても、それが形にならなければそれがアイデアとして世に出回りません。

当然見えない形だと評価もありません。

常に研究に研究を重ねるアイデア工場があったとすれば、そこで発案されたアイデアをどのように応用して形にするかというアイデアを出さなければいけないのです。

画期的なアイデアを見つけた後に、そこに未来の社会の姿を見つけることができるかどうか。

アイデアを考えた人が商品を開発するのではなく、アイデアを取り入れた商品を完成さてることで初めてアイデアが認められるわけです。

ゼロから有りを生む必要はありません、何かを見て気づくことができればそれでいいのです。

見たものと見たものを結びつけることができれば、アイデアは誕生します。

しかし、そう単純にはいきません。

興味がある人ばかりでなく、関心のない人もいるわけです。
それは問題意識に差があります。

問題意識を持っていると、
情報が自動的に次々と目に浮かんできます。

しかし、問題意識がないと目の前にあることに気づかないのです。

これが一番の問題点です><

創造で最も重要なのは、天才のようなアイデアが浮かぶ才能ではなく、「強い問題意識を持って物事を見ているかどうか」が分岐点。

好奇心を持つこと、ビジョンを持つこと、こうした要素は「やりたいこと」であれば自然と見えてきます。

上記を意識してあなたも創造力を養おう!

理想を現実に、不可能を可能へ
皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

マインド論・考え方

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top