好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ビジネス活動において欠かせないブランドの力−ネームバリューの強み−

ビジネス活動において欠かせないブランドの力−ネームバリューの強み−

←後藤 剛は今、何位?

理想現実不可能可能
未知なる挑戦進め”

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼げる自分=考え方☓スキル☓知識=能力値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『ビジネス活動において欠かせないブランドの力−ネームバリューの強み−』

し、あなたが商品が売れなくて悩んでいる…
起業したいけど商品が売れるか心配だ…
良い商品なのにお客様には伝わらない…

それはブランディングが出来ていないのが原因でしょう。

ブランディングはマーケティング活動において欠かせないスキルの一つ。

何が「強み」であり、どこが「売り」のポイントか。

製品の特徴や強み、こだわりの要素など「差別化」があってこそ市場に残ることができ、価値を感じる人に選ばれることになります。

商売というビジネスの消費関係において「買う側」「売る側」に分かれるわけですが、ものを売るというのは一体どういうことか?

これについて考えてみたいと思います。

物・サービスが売れる仕組み

 

人間は生活をする上で、様々な出来事を経験します。

そして日常茶飯事に起こりうる作業やそうでないものなど、その風景は様々です。

しかし、共通して言えることは「時間を費やしている」ことです。

こうした時間の経過は、地球という環境に命ある限り同じ空間を共有していると言えますが、人は更なる利便性を図り、より効率的に時間を過ごすことに魅力を感じてきます。

こうした「人の欲」を満たす要件は、今ある生活より良いものに改善し、魅力ある時間へと変える要素だからこそ、人々はそれを求めて「消費者」としての購入意欲を誘われるのです。

売れるための秘密

 

この世に開発品は数多くあり、今でも世に出回っていない「実現しなかった」技術など眠っているものもあるほどの発明技術が存在します。

「買う」というアクションにおいて、人は「理由」を求めるものです。

それは、無駄かどうかなど「買ったこと」に対する付加価値を求めているからこそ発生する感情です。

こうした人間お心理に問いかける、あるいは不安を取り除く要素を持つものは、結果として「選ばれる商品」などと言っては、そのネームバリューが親しまれます。

「ブランド」というネームバリュー

 

同じ製品を一つ取っても「メーカーや「ブランド」など、その製造に関する製造元を示す会社名が設けられており、こうしたブランドはマーケティング界において非常に有効な価値を秘めております。

例えば、日常に関する買い物として「空調はOOだ!」「テレビはやっぱりOOだ!」あわよくば、贅沢のこだわりとして「時計はOOがいい!」など、そのブランドが得意とする分野を持っており、そこに親しみを持つ方は少なくないのです。

こうした名前の強みというのが、マーケティングの業界において非常に強力な「ネームバリュー」になるのです。

ビジネス活動において欠かせないブランディング

 

現在進化し続けるテクノロジーの発展は止まることなく、現代においても次々とその発明品を世に誕生させております。

こうした「発明」は、ただその技術が発明されただけでは形にならず、たとえ形になったところで「それのどこが良いか」を説明できて初めて製品になります。

また、製品になったらば「他の同列製品」と肩を並べて市場に出ることとなり、そこから先は競争あるのみとなります。

ここからが本格的なマーケティングの勝負になるということです。

製品の特徴や強み、こだわりの要素など「差別化」があってこそ市場に残ることができ、価値を感じる人に選ばれることになります。

何が「強み」であり、どこが「売り」のポイントか、こうした得意分野のブランディングがマーケティングにおいて、最も強い働きをするのです。

では、今日はこの辺で。

「成功は挑戦し続けた人にしか掴めない」
「諦めずにやり続ければ必ず夢は叶う」
「チャンスは自らで創り出す」

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

独自の価値を発信する

独自の価値を発信する

←後藤 剛は今、何位? ”24歳の社長が語る常識破り” こんにちは、後藤です^^ 前回のお話が物凄く好評だった...

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top