好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ビジネスで結果を出すためには「差別化」も大事だけども、本質を忘れてしまうと逆効果!

ビジネスで結果を出すためには「差別化」も大事だけども、本質を忘れてしまうと逆効果!

←後藤 剛は今、何位?

理想現実不可能可能
未知なる挑戦進め”

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼げる自分=考え方☓スキル☓知識=能力値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『ビジネスで結果を出すためには「差別化」も大事だけども、本質を忘れてしまうと逆効果!』

本日はよくある間違った考え方、捉え方の本質的なお話です。

現在何かしらのサービスをご自身で提供されてる起業家、フリーランスの方は得にじっくり読んだ方がいいですね。

まず、「差別化」ですけどこれはどういった意味かご存知でしょうか?

そしてどうして「差別化」が必要なのかご存知でしょうか?

今日のテーマである「差別化」は大事だけども、
本質を忘れると差別化も逆効果というのはどういうことでしょうか?

差別化とは?

どうして差別化をするかというと、

シンプルにいえば「自分が提供しようとしている商品は他でも類に商品は多数存在しているから」です。

他の商品との違いを際だたせることで、
競争優位を生み出す必要があるから。

他の商品と全く違いのない商品に存在意義はありませんし、まず流行りません。(金額勝負になってしまう)

既に掃除機、冷蔵庫があるのに違いのない掃除機、冷蔵庫を発売してもどうですか?

それがどんな商品でも全く同じことです。

そして、本題なのが。

だからと言って、
本質を見失った差別化は逆効果だということ。

何故ならば、我々が価値を提供しているのは、
”「ユーザー」であり、消費者だから”です。

これでなんとなく僕が言いたいことは分かりましたか?

常に「差別化」を考える時も、我々が届けたい人達が見えてるかどうかを意識しなければならないのです。

よくありがちなのが、差別化を追求して追求して考えれば考える程、ユーザーが求めていることから離れてしまったり。

あくまでユーザーが求めているのは、
「違い」ではなく、「価値」

自分にとって「価値」がなければ、
どんなに際立った「違い」があったとしても振り向いてくれないです。

ライバルを意識しすぎると上記のような現象が起こります。

大切なのは、
「ユーザーにとって最も大切な価値にフォーカスする」

その価値をどんどん磨きを入れること。

真の差別化は実はそうやって作り出されるのかもしれませんね^^

3月26日東京都内にてセミナー実施!!

「成功は挑戦し続けた人にしか掴めない」
「諦めずにやり続ければ必ず夢は叶う」
「チャンスは自らで創り出す」

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top