理想を現実に不可能を可能へ

稼げるビジネスモデルを探すのではなく、何をしても稼げる自分に

ビジネスで成功するためのアナタを解決に導く”4つのゴールデンフロー”の具体的な問題解決アクションプラン!

ビジネスで成功するためのアナタを解決に導く”4つのゴールデンフロー”の具体的な問題解決アクションプラン!

←後藤 剛は今、何位?

理想現実不可能可能
未知なる挑戦進め”

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼げる自分=考え方☓スキル☓知識=能力値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『ビジネスで成功するためのアナタを解決に導く”4つのゴールデンフロー”の具体的な問題解決アクションプラン!』

て、ビジネスの現状に向き合うと、
様々な課題や試練、困難が訪れるもの…。

ビジネスパーソンとしてサラリーを貰いながら仕事に従事している場合でも、または起業を決意して、様々な準備に追われ始めたとしても、また、いざ起業して会社の経営を始めたとしても、課題、試練、困難は耐えず訪れてきます。

僕も3年間、会社経営をしてきてビジネスに取り組んできて、様々な課題、試練、困難は耐えず訪れてきました。

そして今後も必ず訪れ続けるでしょう。

とはいえ、ビジネスというのはそれらの課題、試練、困難に耐え、解決策を見出し、未来を切り拓いてゆく上で結実するもの

今日、僕がお話するのはビジネスだけではなく、恋愛でも友達関係でもどんな事でも活用することのできる問題を解決するためのSTEPになります。

ある意味、それらに耐え、それらを解決する力を身に付けることで、結実するものです。

しかしながら、それ以前の段階で、負のスパイラルに陥り、閉塞と停滞が続き、気力の充実にかけ、何もする気になれない!なんてことになっている人も多く見かけます。

そんなとき、特効薬となる、

“4つのゴールデンフロー”について、今日はお話したいと思います。

この記事をみることで問題解決をスムーズに行うことができます。

実際のところ、「成功する人」「成功できない人」の違いはこういった問題の解決能力も違うので、成長のスピードにも差がついてくるのです。

その1!現状を把握する。

 

まずスパイラルに陥っている人に多くみられるのは、停滞し、閉塞が続くその要因をきちんとつかめていないという人が多く見られます。

ただメンタル的に沈んでしまい、やる気になれず、他の何かで埋め合わせをしてただ時間だけが過ぎてゆくという人は、“実は何に問題があるのか?”

というその要因、現状に目を塞ぎ、そこから逃げているだけ…。

大切なコトは、まず現状を把握し、課題や困難、試練の要因とは何かを細かく分析し、ノートやメモに書きだすことが大切でしょう。

例えば、あるプロジェクトを進めようとしても、ビジネスパートナーがかたくなに自分の意見を聞き入れず、まったく前に進まないという課題に直面したとしましょう。

その際、まずはどうして、パートナーが自分の意見を聞き入れてくれないかを理解する必要があります。

自分の意見を聞き入れてくれない…。

それは自分の意見に何か問題があるのか?

もしくは相手になにかしらの事情があり、妥協できない点があるのか?

など、あらゆる面から、
“なぜ=Why?”をあぶりだしてゆきます。

“なぜ=Why?”があぶりだされたたら後は簡単。

“どのように=How”それを解決してゆけばいいのか?

それを並べてゆくだけですから…。

その2!選択肢を広げる

 

ビジネスにおいて、躓き、問題が生じ、壁を打破できない多くの原因は、失敗しても、また同じ課題に直面しても、結局それを解決する手段に幅が無く、失敗するとわかっていても同じことを繰り返すことにあります。

朝寝坊する。
それは時計のアラームが聞こえないから。

聞こえないならアラーム音の大きい時計に切り替える。

そんな簡単なことを面倒だと遠ざけてしまってはいませんか?

幼いころ将棋に親しんだ人も多いと思われますが、将棋も、結局同じ相手に対していつも同じ戦法で体当たりしても跳ね返されて勝てない。

であるならば、違う戦法、作戦を選んで相手に挑むことが大切です。

つまり、ビジネスにおいて、課題や困難に直面した時に必要なのは、

“これでだめだったらAという作戦”、
“AでだめならB”、“BでだめならC”と次々と、
その解決策を見出す選択肢をもっていること。

結局、一つや二つの解決策をもってことに当たって解決できなくて心が折れるなんてなる前に、様々な手段、解決策を手駒にしておくことが重要です。

仕事が出来る人、成功する人の共通点は、
ある意味潔さ、諦めの良さ

これがダメなら次!とどんどん手を打ち、何手か打っているうちに急所に届き、知らぬ間に課題や試練、困難が解決されているというケースが多く見られます。

つまり、キモチの切り替えと発想の転換の速さが必要なわけですが、それはやはり、解決法なる選択肢を幅広くもつことが大切です。

選択肢を得るための手法とは、高くアンテナをはり情報収集を絶えず行う、(テレビ、新聞、専門誌、ネット情報、成功体験をもつ先輩の話を聞く、様々なエキスパートを自分のパートナーに揃えるetc…。)人とのコミュニケーションを絶やさないなど、外に向かって広く心を開くことで得られます。

結局、手詰まりを起こす最大の要因とは、内向きな心なのかもしれません。

その3!ベストを選ぶ

 

手数が増え、選択肢も広がり、様々な武器を手にしても、実は解決できない問題もあります。

そう、課題や困難に対して正しい選択肢をチョイスできるか?どうか?

勿論パンチの連打は必要なのですが、連打が度を超すと体力が消耗し持久戦にもつれ込み、解決が長引くケースが見られます。

大切なことは、最初の一打、二打程度で、課題を解決できること

正しい選択肢で解決策を見出すことです。

そうすれば、次の課題への対処が早くなり、仕事や決断のスピードもあがり、処理能力が高くなり、多くの仕事を短時間で効率よくこなすことができるようになります。

繰り返しますが、仕事に課題や困難はつきもであり、一難去ってまた一難。

ただし、それに対し、迅速に対応できる習慣が身につくと、困難や試練もさほどの困難や試練と感じなくなるもの。

効率を上げ、解決を図るスピードを上げるには、絶えず、“正しい選択肢は何か?”と意識することが重要です。

その4!行動する

 

さて、いろいろな課題の解決法が見えてきましたが….。

本当に一番大切なことをこれからお話します。

それはやはり“行動”すること。

それも、なるべく“迅速”に!です。

“絵に描いた餅”はアクションを起こさず、ただ頭の中で妄想を繰り替えしても、“絵に描いた餅”でしかなく、まったく実現などしよう筈がありません。

発想、即実行が成功の一歩と言いますが、
何か思いついたらすぐに誰かに相談してみる。

電話をかけてみる。メールを送る。

そして、実際に逢う。

決断が正しいかどうかの判断を受ける。

間違っていたら修正し、対案を出す。
仲間が必要なら紹介を受ける。

公的機関への申請等が必要ならすぐに関係省庁に出向く、武器が必要なら即買いつける(笑)…。

こうしたプラスの行動の連鎖がビジネスに成果を齎せるのです。

とにかく早く行動を起こすことで、繰り返しますが、仕事への対処が早くなり複数の成果が一気にもたらされることになる。

発想即実行を習慣化したビジネスパーソンはとにかくどこにいっても、どんな地位でも、どんな状況でも力を発揮し、多くの人の信頼を受けることに繋がるのです…。

いかがでしたか?

今、何かに行き詰っているという方、そして、問題に頭を抱えているというアナタ!

課題の解決は容易ならざりですが、その課題を整理し、手順をおってこの4つのフローを実践することで必ず道は拓けてきます。

自暴自棄にならず、ふてくされず、諦めず、ふて寝することなくことに挑めばきっとその問題の解決の糸口は見えてくることでしょう…。

アナタを解決に導く”4つのゴールデンフロー”の具体的な問題解決アクションプラン!

でした^^

その1!現状を把握する。
その2!選択肢を広げる。
その3!ベストを選ぶ。
その4!行動する。

大人の楽屋では、問題解決するためのアドバイスやSTEPも学ぶことが出来ます。

3月26日東京都内にてセミナー実施!!

「成功は挑戦し続けた人にしか掴めない」
「諦めずにやり続ければ必ず夢は叶う」
「チャンスは自らで創り出す」

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

独自の価値を発信する

独自の価値を発信する

←後藤 剛は今、何位? ”24歳の社長が語る常識破り” こんにちは、後藤です^^ 前回のお話が物凄く好評だった...

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top