好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

政府が働き方改革を推進している日本の副業・フリーランス人口は1200万人を突破!?

政府が働き方改革を推進している日本の副業・フリーランス人口は1200万人を突破!?

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

政府が働き方改革を推進している日本の副業・フリーランス人口は1200万人を突破!?

今日のポイント

・もはや国や企業が“雇用”を保証し、丸抱えする時代は終わった!
・変化する時代に“稼げる自分創り”に待ったなし!

1.「働き方改革」の裏側にある時代の変化!

今、国を挙げての「働き方改革」。

“働く者” “働かせる者”の意識の改革と働き方そのものの改革」が行われようとしてます。

その背景にこの低成長、超成熟社会において、昔のように働いたら働いただけ報酬を得ることが出来る時代ではなくなったというマクロ経済的な視点と、

激変する労働環境に労使共が対応できず、労働集約型の産業で自殺や過労死という深刻な問題が頻繁に発生するという労働環境の視点というこの二つがあります。

様々な先端技術や情報コミュニケーションが発達しているにも関わらず、日本の働き方はまさに30年近く何も変化することがなかった…。

どんどん景気が頭落ちになるなかで、社会全体の成長など見込めるわけもなくどんどん格差が肥大化。

これまでのように、“国”や“企業”が雇用を維持し、保証を手厚くする昔ながらの政策を継続するには、

実際のところ国の財源にも限りがあり、企業収益も上がっていない“裏の事情”が“改革を後押し”しているというのが実情。

それを見越して、無理に企業に属することなく、自分にあった働き方を求めてフリーランスとなった人は既に1200万人を超え、その率は1%を超える勢いです。

1%と言えばごく少数に映るかも知れませんが、たった100人の中にフリーランスが一人はいるということで、この割合は更に加速度的に伸びてゆくことが予想される。

「働き方改革」といえば、何かしら実に聞こえはいいですが、もはや“個人”を社会全体や個々の企業が手厚い保障でその生活を守るという時代は終焉を迎えています。

“自分の生活は自分でまかないましょう!”、“自立して、会社や組織に依存するのはもうやめにしましょう!”というスローガンでもあるのです。

副業奨励は、ロート製薬やオイシックス、サイボウズなどに加えて、あの企業収益が高く社員を好待遇しているソフトバンクでさえ、そういった方向へ動きだしています…。

一方で、“人の手”が、“人の知恵”が絶対的に必要な外食産業や建設・土木業、物流、広告代理店、マスコミといった労働集約型産業は、深刻な人手不足や労働環境の改善への遅れなどが目立ち、“改革の弊害”に苦しんでいるようにも見受けられる。

結論からいえば、

自分の好きなこと、やりたいこと、得意なこと、もしくは稼げるノウハウを持って企業の雇用から自由にならない限り、日本での雇用は二分化されると僕は見ています。

高度な個人としての提供価値を企業に提供して高い報酬を得る。

もしくは、もう働くことは仕方ないことだと割り切り低賃金や低い保障でも我慢して生活のためだけに働く…。

そのどちらも選択したくないという人は、とにかく「稼ぐ力」、「稼げる力」を身に着けて、企業や組織から自由になるしかないのではない。

2.変化する時代で“稼げる自分創り”に待ったなし!

いずれにしてもこれから先は、

”自分自身の提供価値”を高め“社会に認められる能力”を蓄え、それを収入に変えるという=稼ぐ力、稼げる力が問われている時代が到来したことは間違いない。

国全体が一つの目標に向かって横並びで成長を続けるという時代は、もう終了しました。

であるならば、「働き方改革」を「働く者としての意識の改革」も必要とされている今、自分自身を変革することが必要であることは言うまでもない。

誰もが制約や束縛を受けることなくもっと自由に生きたい!もっと楽しく生きたい、もっとワクワクした毎日を送りたいと、そう考える筈です!

であるならば、まさに「稼ぐ力」、「稼げる力」が必要です。

あなたには、学歴や資格以外の人に誇れる、自信をもってこれからの未来を切り開いてゆく、「提供価値」がありますか?

“ロボット”や“AI”にとってかわられない、何か特別な能力が備わっていますか?

そんなことを意識して、自分の能力を高める努力を行い、毎日を過ごしていますか?

起業するか、経営者になるかは別にして、とにかく自分自身の提供価値が生きてゆく力のバロメーターになります。

今からでも遅くはありません…。

それに気づきを得て、毎日を楽しく、生き生きと、ワクワク過ごすためにも、その一歩を踏み出しましょう!

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top