好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ビジネスで成功するには「ドリームキラー」との戦いで勝たなければ夢は叶わない?

ビジネスで成功するには「ドリームキラー」との戦いで勝たなければ夢は叶わない?

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

ビジネスで成功するには「ドリームキラー」との戦いで勝たなければ夢は叶わない?

今日のポイント

・ビジネスの「夢」、行く手を阻む“ドリームキラー”とは?
・夢は、見続けて、捨てることなく、諦めることなく

1.ビジネスの「夢」、行く手を阻む“ドリームキラー”に負けるな!

ドリームキラーという言葉を知っていますか?

認知科学者、苫米地英人氏が生み出したこの言葉。

これはその名の通り、

“将来の夢”を阻む“悪魔の囁き”
語りかける人々のことを指します。

ドリームキラーには、
二つのタイプがあります。

一つのタイプは、

自分のことを気にかけてくれる、強い思いがあるが故に、“夢”を捨て、“現実”を見て地道に歩めと囁く、親、兄弟、友人、教師、仲間など…。

もう一つのタイプは、

意図的に夢を壊そうとする、ライバルやコンペティターなど。

あたりまえのことですが、

「夢」というのは、見続けて、捨てることなく、実現するための努力を重ね、ようやく叶うもの。

諦めたり、捨てたり、
歩みを停めればそれで終わり…。

あなたのことを思うというその思いが強い人は優しさ愛情から、あなたに不安や不満のない安定した日々を過ごして欲しいと働きかけます。

でも、そもそもこの不安定な時代に「安定」を求めて、“長いものに巻かれる”とか“大きいものに縋る”とか、そういうこと自体の方がリスクであると、僕は思います。

“ドリームキラー”の特徴は、話す内容に“愚痴”が多い、“嫌味”を言う、“キレ”やすい、“落ち込み”やすい……など、ネガティブ思考が目立つタイプです。

口癖は、「無理」「今のままで十分」「それは才能がある人だけ」

正直、「成功体験」の少ない、「人生の歓び」を知らない、「人間的な魅力」に欠ける人が多いのも事実。

あなたのことを本気で思っていることには、間違いないのかも知れませんが、

ある意味、“あなたに対してこうあって欲しい”という自分の思いが強すぎる、自分のエゴを押し付けようとする、逆の視点からいえば、“我がまま”な人なのです。

実は、「夢」を叶えた人の多くは、常にその行く手を阻む“ドリームキラー”に負けることなく、自分を貫くことでそれを実現した!という人が少なくありません。

しかし、「夢」に可能性があり、それに向かって真摯に向き合い、日々、努力を重ね、諦めることなく歩み続けていると、必ずそれを認めてくれる“他者”に出会うことが出来ます。

つまり、「夢」は、家族、兄弟という近親者や幼少の頃の友人、仲間が応援、支援してくれるとは限らず、新しい出会いに育まれ始めて叶うもの。

2. 夢は見続けて、捨てることなく、諦めることなく。

繰り返しますが、

「夢」とは見続けて、捨てることなく、それが実現するための努力を重ね、ようやく叶うもの。

と同時に、そう簡単に叶うことがなく、叶うのはある意味一瞬であり、その一瞬のためにすべてを賭けるから実現できるもの。

これまで、夢をかなえた多くの人が、長い長い厳しい時期、辛い時期、苦しい時期を乗り越えて、漸く実現できるもの。

秀吉が天下布武を果たしたのは、52歳の時。

家康なんて関ケ原の戦いを勝ったのは還暦を過ぎてから。

それまで、夢を諦めることなく、ライバルとの戦いにずっとずっと明け暮れてきたわけです。

夢を実現させるために大切なことは、

“ゴール”を見据え、着実に、実のある歩みを進めることによって実現するわけで、ただ見ているだけ語るだけで努力もせず、楽なこと、安易なことに逃げている人は一生かけても叶うわけではない。

自分に厳しく、人に優しく、ストイックで情熱溢れる、ポジティブな思考を持つ人しか叶えることなどできません!

それが出来ないのであれば、親や兄弟、友人の言う通り、「夢」など捨てて、親兄弟のいう“現実”に戻るしかありません。

また「夢」を見て、それに向けて努力を重ねるということは、傍から見れば、厳しいこと、辛いこと、意味の無いことのように思えるかもしれませんが。

自分は楽しく、わくわくし、ドキドキし、充実や納得、満足を得ることが出来る筈。

ただただ辛い、しんどい、面倒だという人も、「夢」は諦めたほうがいいのかも知れません。

とにかく、身近な周囲の“ドリームキラー”に惑わされることなく、自分の信じた道を強い意志を持って歩くことであり、その過程の中で自分を応援してくれる、支援してくれる、その志を理解してくれる“人”に出会うことが大切。

もう一度、書きます。

「夢」というのは、見続けて、捨てることなく、それが実現するための努力を重ね、ようやく叶うもの。

諦めたり、捨てたり、歩みを停めればそれで終わり。

日々、実りある努力を重ね、充実の時を過ごしましょう!

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top