好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

見込み顧客が自動で集まる集客の仕組みを構築すれば面倒な営業とはオサラバ

見込み顧客が自動で集まる集客の仕組みを構築すれば面倒な営業とはオサラバ

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

見込み顧客が自動で集まる集客の仕組みを構築すれば面倒な営業とはオサラバ

 

<ポイント>

・攻めの営業活動は“大変”なだけではなく、“嫌われる”。

・何もしなくても営業が可能な仕組みの構築で省力化!24時間365日いつでもどこでも“顧客獲得”が可能な時代へ

1. 攻めの営業活動は“大変”なだけではなく、“嫌われる”。

あなたは営業活動という言葉から何を連想するでしょうか?

テレアポ、ダイレクトメールの送付、飛込み????

こういうプッシュ型の“攻め”の手法を連想する人が多いのかも知れませんが。

昨今のビジネスパーソンは、組織の指令でそれらに無理やり取り組みことを強いられることで多大なストレスを抱え、仕事そのものが嫌になってしまうという人も多く見られます。

また、組織を独立して、起業家として一歩を踏み出す際に、不可欠な営業活動に不安を抱えている人も多いかと。

勿論、営業活動は不可欠であり、営業活動なしに収益を上げることはままならず、それなしで幾ら起業、独立したとしても夢見る成功を手にすることは難しい。

しかし、営業活動の本質とは、一体何か?

それは、つまり“顧客の創造”であり、自身の提供価値をニーズ、ウォンツのマッチングを図ること。

であるとすれば、

果たして、電話をかけること、一日中、見ず知らずの場所を駆け回ることが“顧客の創造”や“ニーズ、ウォンツのマッチング”に最適な活動と言えるでしょうか?

こうした“提供価値の押し付け”、非効率なだけではなく、ある意味、お相手にとっては迷惑行為となってしまう。

アポイントを獲得すること、郵便を受け取る、訪問を行う結果、せっかくの“顧客候補”から“嫌われてしまう”ことに繋がる可能性は大です。

何せこれらの行為の対象となる相手は、様々な事情、状況を変更させて、あなたと会うわけであり、そこでまったくニーズ、ウォンツに叶わない“価値の押し付け”が行われれば、営業どころか機会損失、顧客損失に繋がるリスクさえ発生します…。

2. 何もしなくても営業が可能な仕組みの構築で省力化!24時間365日いつでもどこでも“顧客獲得”が可能な時代へ

では一体どのような営業活動が効率的かつ相手を不快にすることなく、自身の価値提供の機会の創出に繋がるのか?

やはり、その肝はインターネットの活用であり、仕組み、システムの構築です。

営業活動に不発に悩んでいた、とあるビジネスソリューション提供企業。

まず、会社概要を簡素化し、経営者のビジネスブログやコラムを日々更新、また、経営者と交流のある著名なコンサルタントやビジネスパーソンとの対談を行いその内容を掲載し、Web広告やSNSと連動させ、

経営者のビジネスに対する、理念や情熱、哲学を表出し、“ビジネスの困った!を解決する「お助けマン!」“というキャラクターを演じ、一切のプッシュ型の新規顧客開拓営業を辞めました。

その戦略は見事的中し、提供価値を押し付けることなく、自身の提供価値を必要とする企業の担当者、事業主、社長から直接問い合わせが殺到!

さらにそれは緊急性を要することが多く、それを解決することで、まさにキャラとして設定した“お助けマン”としての役割を果たすことが可能になり、100%外れ無しの新規開拓が可能になったのです。

つまり、Webサイトを活用して、新規顧客を獲得する=顧客創造を行うために、コンサルタントと事業主が取り組んだこととは?

1.マーケティング戦略の見直し

“ごり押し”、“無理知恵”ではなく、自社の提供価値を必要とする顧客は何処に存在し、何を求めているのか=ターゲットの再洗い出しを実行。

ニーズ、ウォンツは“ビジネスに困った!”と感じた担当者に情報がリーチすべく、検索対象となるようにSEO、SEMも徹底的に見直し。

また、ターゲットがよく閲覧するサイトに広告掲載すべく、チラシやDMを一切やめてその予算をWebターゲティング広告へシフト。

2.ブランドの再構築

自社、自身を“ビジネスの困った!を解決する「お助けマン!」という位置づけにし、それまでのブランドイメージを一新!

3.コピーライティングの強化

これまでの実績や経験、遭遇した体験などをノベル(小説)風コラムに変更することで、閲覧者の興味、関心を惹き付けると同時に、経営者として、人間としての魅力を“醸し出す”ことに成功!

また定期的な更新を頻繁に続けることで、“顧客対象となり得る人々”が定期的にサイトを訪問するという“顧客対象の行動の習慣化”を促すことに成功し、何もしなくても“顧客の顕在化”が図れた!

ただ単にサイトを再構築するのではなく、明確なマーケティング戦略のもとブランディングを連動させ、更にコピーライティング力を強化することでそれを補完する。

というその連動で仕組み、システムの構築が可能になるのです。

そして、その仕組み、システムの構築を行うことができれば、迷惑行為にもなりかねないプッシュ型、攻めの営業から、“自分の提供価値”を必要とする人が自ずと自らの意思で集まってくる場の創造が可能になります。

まず、一度、営業活動の本質を見直し、自身の提供価値と顧客のニーズウォンツをマッチングさせる。

それをマーケティング、ブランディング、コピーライティングなどの力を連動させることで仕組み化、システム化を図る。

これをコンサルタントに依頼することなく、経費をかけることなく自分で構築できれば、営業活動のストレスが軽減されるだけではなく、

24時間365日寝ていても旅をしていても、本を読んでいても趣味に興じていても、デートを楽しんでいても、“お客様との出逢い”、“お客様が集まってくる”ことが可能になります。

こうした、マーケティング、ブランディング、コピーライティングのノウハウを身に着けること!

「やりたいこと」「好きなこと」「得意なこと」は明確だけれど、その提供価値をどう多くの人に伝えるのか?どうマッチングを図るのか?

こうしたマーケティングやブランディング、コピーライティング力を体系的に学べば、自らの力で、仕組み、システム化を図ることが可能になります。

自由に働き、成功を手にしたい!そんな思い、志を持って起業に取り組みあなたを、僕は全力で応援します!

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top