好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

起業初心者の女性は必見!起業する際の失敗を事前に防ぐ注意すべき4つの点とは?

起業初心者の女性は必見!起業する際の失敗を事前に防ぐ注意すべき4つの点とは?

好きなことで起業する!

こんにちは、後藤です。

起業初心者の女性は必見!起業する際の失敗を事前に防ぐ注意すべき4つの点とは?

男女雇用機会均等法などが施行され、女性の社会進出、社会参画という事が声高に叫ばれていますが…。

まだまだ、正直、女性がまともに仕事をすること自体、大変ですよね、本当に。

それは制度、仕組みの問題もあるけれど、

女性のライフタイムサイクルというのは、“外で働くこと”が当然と考えられている男性とは大きく異なり、そもそも男性と女性の役割を同一化させようとすること自体に無理があるのかな?とも思います。

女性には、女性に適した働き方があり、それをきちんと制度化した仕組みが大切かと。

それはともかく、起業に関しても、それを前向きに考えている人は、どちらかというと、女性より男性の方が多いのが、現実。

では、女性は起業できないのか?
というとそんなことは絶対に有りません。

実際に女性の方でも起業して成功している人も多くいます!

ただ、なかなか起業しても、事業を継続できないという人も多いのも事実。

どうすれば、継続して事業を行うことが出来るのか?成功するのか?ということに関して、今日は失敗しない留意点というものにフォーカスして話題を薦めたいと思います。

起業初心者の女性が注意すべき点①家族の理解

やはり、大切なのはここ!

一般企業に勤める際にも、家族の手厚いサポートが必要ですが、起業となると、更にそれが必要となります。

かえって独身の人の方が“家族のしがらみ”もなく、起業におけるスタートアップは順調。

しかし、いざ、結婚、妊娠、育児などのようなライフタイムサイクルに変動が生じると、急に、これがうまくゆかなくなるということも多いもの…。

夫、そして、両親、兄弟、姉妹など、家族と理解を深めあって、サポートをお願いすることはとても大切なことです!

起業初心者の女性が注意すべき点②資金繰り

実は起業する際に、準備金として、十分な資金を蓄えた上で起業にあたるのは、男性より女性の方多く、流石、女性、手堅いな!と思うのですが…。

実際に事業がうまくまわらなくなる際の危機回避には、経験や知識の“差”なのかそれがうまくゆかないということも多々見られます。

その一つが、“資金繰り”…。

例えば、起業したての頃というのは、なかなか安定した企業や事業主をパートナーとした取引が出来ないケースが多く。

仕事はしたけれど、入金サイクルが遅いとか、それがまちまちというケースが無いわけではありません。

ということである程度の“借入”も必要であったりします。

基本、女性は“借金”に関する抵抗が強い(笑)

事業における借入はある意味当然で、井戸に水が無ければ、田に水を撒くことが出来ないのと一緒。

勿論、ふんだんなキャッシュフローがあることにこしたことはないのですが、非常事態に備えて、賢い、“資金繰り”を理解することが重要です。

起業初心者の女性が注意すべき点③パートナー、仲間づくり

女性起業家の方々が、女性であることに拘り、女性だけで起業、そして、事業を回してゆこうとする例が見られますが、これ、本当によく失敗する事例です。

女性同士というのは、特有の関係性があり、もし、そこに何らかの亀裂が生じると、修復できないケースが多々あります。

女性向けの商品、サービスを扱う場合にも、事業パートナーに男性を組み入れることはとっても重要。

例えば、そういう男性パートナーがいれば、仮に、結婚、出産、育児の際も、ビジネスを任せることが可能になります。

そして、これも女性特有の性質なのかも知れないのですが、なんでもかんでも自分でやろうとする意識が強く、人に何かを任すというのがあまり得意ではないという人が結構、多く見られます…。

なので、しっかり、仲間づくり、パートナーづくりに励んで、“人に任せる仕事の進め方”を身に着けることがとても大切!

成功する起業家の人というのは、ホリエモンこと堀江貴文さんの近著「多動力」ではないですけれど、パラレルにデュアルに多くのタスクを一度に動かすことのできる人が多いのです。

多動力は“他動”というキーワードにも繋がる、ビジネスおける重要な言葉。

人を信じ、信用され、信頼され、ビジネスは前に進むもの!

多くの人とのパートナーシップを築くことが大切です!

起業初心者の女性が注意すべき点④優柔不断

これも女性起業家、経営者の方々に有りがちなのですが…。

大切な時に、大切な決断が出来なくて、ミスミス、チャンス=機会を逃すということがたまに見られます。

確かに、女性はライフサイクルという点から考えても“判断”しなければならないことが多く、常に多くの選択肢を望もうとするものなのかも知れません。

一方、男性は、意外と“逆算”を得意としていて、決断を下す際に“結果”から遡り、なるべく選択肢を絞り込むことが上手だったりします。

女性の場合、あれもこれもと考えすぎて、大切な決断が“鈍る”ケースが多いです。

ビジネスはある意味、直感が勝負!

そういう“感覚”を身に着けることが大切かも知れません。

女性の起業における課題というのは、意外と、外的要因というよりも自分自身で創り出しているものなのかも。

あまり主観にとらわれ過ぎず、時に自分のビジネスを離れたところから見る、俯瞰力!

これが必要なのかも知れません。

では、今日はこの辺で。

check!キャリアなんて関係ない!女性が1人で起業第一歩しやすいビジネスとは?


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

独自の価値を発信する

独自の価値を発信する

←後藤 剛は今、何位? ”24歳の社長が語る常識破り” こんにちは、後藤です^^ 前回のお話が物凄く好評だった...

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top