好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

「書く力」が必要なソーシャルメディア時代

「書く力」が必要なソーシャルメディア時代

←後藤 剛は今、何位?

24歳の社長が語る常識破り

こんにちは、後藤です^^

 

本日のテーマは、

【「書く力」が必要なソーシャルメディア時代】

 

ソーシャルメディア時代になって、
誰もが多くの人に何でも届けることの出来る時代。

 

それに伴い発信力の大切さをお伝えしてきました。

 

ソーシャルメディア時代だからこそ、
個々の発信力が凄く大事になってくると。

 

で、こんな質問が最近来ました。

 

「ブログを始めたいんですけど、
文章が苦手で・・・」

「Facebookの投稿。どう書いていいか・・・」

「発信といっても書く内容が・・・」

「何を発信すれば良いでしょうか。」

 

と、このような質問が多かったです。

 

今回は上記の質問に答えた記事にしたいと思います。

 

確かに、発信力が大切になってくると、
必然と必要になってくるのが書く力ですね。

 

けっこう書くことが苦手だという人、
多いとは思います。

 

ビジネスにおいて、
「書く」場面というのは非常に多いのも確か。

 

だから文章が書けないより、
文章が書ける方がいいに決まってます。

 

ですので、今回は上記の質問に対しての答えを。

 

では、早速本題に入りましょう。

<<「書く力」が必要なソーシャルメディア時代>>

 

 

めちゃくちゃアタリマエな話にはなりますが、

量が増えると質も上がる
ということです。

 

最初は誰だって下手くそなわけですし、
僕も最初からこんなスラスラ書けたかというと、
まっーーーーーたくでした(笑)

 

むしろ小学校の時、
作文が嫌いすぎて盗み見ばっかして、
人の文章がばっか盗んでいました。w

(カンニングの帝王だったかも)

 

で、何が言いたいかというと、
「誰でも練習すれば書けるようになる」

ということ。

 

みんな書けないって思い込んでいるだけで、
ただ単純に訓練していないだけです。

 

特にブログやFBなどの文章は、
基本的に短いので、誰にでも書けるようになります。

 

訓練次第で、
今苦手だと言っている”あなた”もです。

 

そして、書くことができるようになったら、
考えることや読むことにも「ちがい」がでてきます。

 

殆どの書けない理由というのは、
単純に書く体験が少ないということだけ。

 

最初からいい文章を書こうと思わないこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

質をあげてから書こうと思っていると、
書かないし、書けません。

 

まず書く体験を増やすことです。

(◯◯Xと一緒で、体験が必要じゃないですか。笑)

 

書くを増やしていけば、
必ずも勝手にあがっていきます。

 

一日のノルマを決めて、毎日書いてみる。

 

それを続けると、1か月くらいで、
あなたの文章の質もあがっていきます。

 

それと、書けない理由として、
誰かに読まれると思うからです。

 

緊張したり体面を気にしすぎて、
書けなくなる。

 

それはめちゃくちゃ分かるんですがね。

 

でも、そんな事言ってても始まらないですし、
情報発信すら出来なくなりますので。

 

だからとっても良い方法を教えます^^

 

まず、自分のブログを立ち上げ、
毎日何かを1ヶ月書くことを続けることです。
文章の訓練のためのブログです。

 

自分のブログを立ち上げ、
毎日思ったことや、行動したこと、
考えたことなんかを書いていきましょう。

 

誰にも知らせなかったら、
読まれることはありません。

 

そして匿名で作れますから、
知り合いが見てもア・ナ・タだと分かりません。

 

安心して、書いてみてください。

それを1か月くらいやってみる。

 

それでだいぶ慣れてきます。

 

そして公開してもいいかなと思ったら、
書いた記事を見直してみて、
編集しなおしたり、改善したり。

 

これであなたの文章は、
以前とくらべてかなり良い文章になっているはず。

 

「練習用ブログ」を作って、
毎日1回、とりあえず1か月書いてみる。

 

練習をすること

 

下手でも、
ロジックがおかしくなっていても、
ともかく質より量を意識して行動してみる。

 

とりあえず量をこなすことです。

 

さて、やってみましょう。

(こっそり僕だけに教えて貰えれば添削します)

 

 

で、次に、

量を書く為に、
自分が書けることは何だろうと考えること。

 

得意なことはなんだろう?
たくさん書くことのできるテーマはなんだろう?
自分の持っている知識はなんだろうか?
何が書けそうだろうか?

 

例えば、あなたがお魚屋さんだったら、
魚のことかもしれません。

 

寿司へのこだわり、修業時代の思い出、
接客のこと、店がある商店街のこと。

 

あなたが家を建てる工務店だったとしたら、
快適な家づくりのことかもしれません。

 

気持ちのいい吹き抜けのこと、
家で可能になる家族の絆、
欠陥住宅への注意点、
成績が良くなる子供部屋。

 

あなたが一番書きやすいテーマをみつけて、
とりあえず1か月書いてみることが大事です。

 

趣味でも何でもいいのです。

 

目標を掲げ、その目標に向かって書いてみましょう。

 

とりあえず量を書くことが目的なので、
毎日1回というノルマを決めて守ること。
これを繰り返し、繰り返し実施する。

 

数日たって、自分の書いたものを見直してみて、
つまらないものだったら、改善していくことが大切。

 

そして、自分の文章はどこが悪いのか?

そうしたら、改善すべきところが見えてきます。

 

その部分を工夫して、また書いてみる。

 

これを繰り返すこと。たったそれだけです。

 

で、他の方法は、

新聞のコラム、雑誌、小説。

いいなと思ったら、書き写してみる。

 

できたらパソコンではなく、
紙にペンや鉛筆で書き写してみましょう。

 

そうすると、色んな発見が出てくるでしょう。

 

どういう構成になっているか
どういう表現をしているか

などをチェックするのです。

 

この訓練方法は、
小説家だったら大抵の人が修業時代にやっています。

 

時間がかかるけど、
とっても力の付く方法でもあります。

 

ぜび練習と思ってやってみてください。

 

このような事に挑戦してみれば、
必ず書けるようになってきますし上達します。

 

まずは、考えないでやってみることが大切です。

 

書く力というのは、
今後、ご自身で何かビジネスをしていくのであれば、
絶対に避けては通れない道になってくるので頑張りましょう。

 

ソーシャルメディア時代はどういう時代です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ソーシャルメディアをビジネスに使うなら、
文章を書けた方が圧倒的に有利でお得ですから。

 

文章で伝えることは、
ビジネスにとても優位になります。

 

文章が書けないより、書けたほうがいい。

 

特に今後はソーシャルメディアの時代。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ソーシャルメディアは、
画像や音、動画も大事ですが、
文章も大いに主役です。

 

わかりやすい文章。
読んでもらえる文章。
個性のある文章。
長いものを書く力。
文章だけで伝える力。

 

これだけでも身につけば、
最強です。

 

と、こんな偉そうに言って、
僕の文章が分かりづらかったら失礼w

 

僕の文章を見て勉強してもいいですし、
こんな感じの事を意識して頑張ってみてください^^

 

 

では、今日はこの辺で。

 

 

もっとムフフ情報公式LINEにて↓↓
(10万円稼げる教材もプレゼント)

毎月限定10人無料コンサル実施中。

応募はLINEから↓↓

t02200179_0600048713390260798

ID→@blosstory
(@←は忘れずに)

追加してムフフ情報GETしてください!

お気軽にどうぞ(・∀・)

================

イイネ!!クリックこちらにも
↓↓していただけたら嬉しいです↓↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top