好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

商売の本質を見失っていないか?

商売の本質を見失っていないか?

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

平成の熱血社長”こと、
後藤です。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日のテーマは、
商売の本質を見失っていないか?

激変する現代社会、情報化社会。

ビジネスでもプライベートでも、
ますます「真理」が大切になってきています。

物事の基本、【原理原則】

常に物事の「本質」は何かを見詰めること。

どうしても商売をしていると、
その「本質」を見失ってしまう人も多い。

これはプライベートでも「本質」を捉えることは、
非常に重要になってきています。

どんなにテクノロジーが進化して、
世の中が激変しても、政治や経済の姿が変わっても、
いくら時が移っても変わらないことが「真理」です。

そして、自分の良い所や得意なこと、
それを生かして、世の為&人の為に生きる。

それがとっても大切。

そういうことを意識すると、
ビジネスもプライベートも安泰です。

特に今回はビジネスに関しての「本質」

多くの企業、個人がこれを見失っていて、
現代ではこの本質が非常に重要だということ。

それが、

商売の本質」を忘れないこと

真理に沿った「商売」をやっている
会社や店が繁盛する時代になってきている。

昔は、「こうしたら利益がたくさん出る」とか、
「こういう事業をしたら儲かる」とか、
経済原理や合理性でやっていても、
ある程度は上手くいきました。

現代はそんな甘くないわけです。

ソーシャルメディア、ITテクノロジーが発達したことで、
企業が考えていることが世の中に伝わりやすくなっている。

隠そうと思っている情報ですらも、
伝わってしまう。
(悪いことも良いことも含めて笑)

今まで情報は、マスメディアや大企業に
コントロールされていたわけです。

でも、現代は全く違います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ソーシャルメディアの普及により、
普通の人の情報が大きな「影響」を与えるという社会。

企業でなくても個人の人でも多くの人に、
影響力」を及ぼせる時代なわけです。

もっとカンタンに言うと、

企業が発信する情報よりも、
友人や知人の情報を信用するということ。

企業よりも身近の人の発信の方が強いわけです。

もはやマスコミや企業にとって、
都合の良い情報だけが流通するわけではない。

マスコミや企業による一方的な、
情報のコントロールは難しくなってきたということ。

だから会社も襟を正して、
自分の利益のことばかり考えるのではなく、
お客様の方をもっと見ることが大事なわけです。

商売の本質」に戻ること。

商売の本質というのは、
お客様の方を見るということです。

・自分中心の商売になってませんか?
・競合他社を比べた商売になってませんか?
・ライバル視してる人に対抗した商売になってませんか?

競合他社や、業界、マーケットシェア
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらばかり見ていては、
「商売」やっていけないということです。

これは当たり前のことなのですが、

生活者の声に耳を傾け、
いい商品やサービスを作り、
購入したお客様との素晴らしい関係を創る。

これが「経営の真理」です。

これこそが、
商売の本質

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

今回の話はアタリマエの話ですが、
この情報化社会になって混乱してる人もいるし、
商売の本質を忘れてしまってる企業、個人様もいたので。

再度、認識してみてください。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top