好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

プレゼント企画~公式INE概要編~

プレゼント企画~公式INE概要編~

←後藤 剛は今、何位?

24歳の社長が語る常識破り

こんにちは、後藤です。

 

12月プレゼント企画
~公式INE概要編~

 

12月に入ったということで、
本日は僕から特別プレゼントです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今回プレゼントする教材ですが、
LINEではなくLINE @ の使い方・概要の教材です。

 

まだ公式LINE(LINE@)は使ってい無い方は必見。

 

ビジネス活動する上では絶対に使うべきです。

 

LINE@は、法人・個人問わず、
あらゆるユーザーがコミュニケーション、
ビジネス用途で利用できるパブリック向けアカウント。

 

これまでは飲食・アパレル・宿泊施設といった、
実店舗を持つ法人や行政を対象に提供だけだったのが、
今では実店舗を持たない法人や個人ユーザーでも活用できる。

 

芸能人、モデル、タレントでも活用されています。
(TVに出てない人でも使っています)

 

店舗や施設・ブランド・メディア・
EC事業などの情報発信、顧客・
取引先との連絡、サービスの利用予約。

 

こういったビジネスシーンでの利用のほか、
デザイナーやアーティストがファンとのコミュニケーションでも。

 

様々な使い方ができるのが特徴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

それに、決済サービス「LINE Pay」などの
LINEサービスとも連携することが可能なのです。

 

LINE@アカウントの個人ユーザー向け開放と合わせて、
LINE@アカウントの取得・発信・管理を行うアプリもあります。

 

アプリからフォロワーへの一括送信、
1対1でのトーク、ホーム/タイムラインへの情報発信、
友だちの追加数やブロック数の変化といった統計情報が閲覧。

 

取り敢えず絶対に使えるようになるべきです。

 

それに、通常のLINEでは、
自分のアカウントは1つしか作成出来ないですが、
LINE@の場合は3つも作れて用途で使い分けできるのです。

 

奥さんにばれたくない・・・
彼氏にばれたくない・・・
親にバレたくない・・・

 

そんな貴方にもピッタリですwww
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

というのは、冗談ですが笑

 

まあ、実際にそういう使い方してる人も
いるんでしょうが。

 

本題に戻りますが、
今後ビジネス展開をお考えの方、
今実際に店舗、無店舗で活動されてる方。

 

これらの方々は絶対に使いこなした方が良いです。

 

で、まずは僕がプレゼントする概要を
見てみてください。

 

そして、実際に使ってみると、
その便利さにビックリするはずです。

 

 

受け取りは、公式LINEにて(・∀・)

@blosstory

 

では、今日はこの辺で。

次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top