好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

1万円以上するゴールド・ドーナツの秘策

1万円以上するゴールド・ドーナツの秘策

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

平成の熱血社長”こと、
後藤です。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日のテーマは、
1万円以上するゴールド・ドーナツの秘策

うん、凄いドーナツです。笑

cap00014_m

正直コレヤバくないですか?笑

cap00007_m

ドーナツの上に金箔を贅沢にトッピングし、
生地も非常に珍しい色に仕上げられています。

生地の上には、
シャンパンで作ったというアイシング。

食べた感じは、
まるでエクレアのような食感で、
サクサクとした生地の中に、冷たいクリーミーなフィリングが入っている様子。

外観のゴールドと、
断面の紫のコントラストで、
食べてみた人に楽しい驚きがあるそうで。

24金の食用の金破片、
金粉と一緒にフィリピン産の紫色の山芋、
ウベも含まれています。

まあ、僕は「食べたい」というよりか、
「自宅に飾りたい派」ですけどね。w

っていう、

グルメリポート的な話はいいとして、
何で僕が今日コレに関して記事を書くのか。

これが非常に重要な出来事なわけです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかも、このゴールド・ドーナツ、
こんな高いのにバカ売れしてるそうです。

インスタグラムでは話題になってるし、
New York Timesが12月31日の記事で取り上げ、
年明けに「First We Feast」に掲載されました。

このゴールド・ドーナツきっかけに、
話題を呼び、広がりを見せています。

さあ、僕が何を言いたいか分かりますね^^

このゴールド・ドーナツは、
いったい何の為に作られたのか。

そりゃ、勿論「ギミック」があります。

ギミック(仕掛け)があって当然ですが、
皆さんもこういう風な事を活用して欲しいのです。

そもそも最初の話題性を呼ぶのであれば、
別に「売れる」「売れない」なんていいんです。

この人が実際どういう考え方で、
この商品を作ったのかは知りませんが、
恐らくこうでしょう。

”取り敢えず話題性のある商品を作って、自分のお店の注目度をあげて店に来てもらう。

そして、その商品を買わなかったとしても、店の認知度はあがるし、他の商品は一般価格のあるし、そっちでもいいから売れればいい。”

こんな考えに近いものでしょう。

実際それが当たって、
Instagramで写真がアップされていき、
TVなどネットニュースなどにも掲載され、
どんどん話題になっていったということ。

何故、僕が非常に大事だと言うのか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドーナツ含めて、商品は無数にあり、
どれも味や価格品質はそこまで大差はなく、
商品があり過ぎて商品が世間に埋もれていきます。

その中でも勝ち抜こうと思うと、
アット驚くような商品、サービス」が、
世間から一目置かれて話題になるのです。

「ニュース」という概念もそうですよね?

ニュースになる=普通ではない

からですよね??

*普通の事をニュースには流しません。

いわゆる、
爆発的に目を引かれたければ、
ニュースに掲載されるような事をするのです。

ネット、マスメディアもそうですが、
日々ニュースになるような事を探してるわけで、
メディアからしてもそれが商売なんですから。

まあ、週刊文春はやり過ぎな感じしますが笑

例えば、

僕なんかもそうですが、
雑誌に掲載されたり色んな事がありましたが、
24歳でこうやってビジネス活動して、
学歴も頭がイイわけでもないけど経営している。

これが少なくとも、
普通の一般男性とは違うからこそ、
こうやって雑誌に掲載されたりするわけです。

で、このゴールド・ドーナツは、
特別なギフト用、何か変わった企画したり、
誰かに特別なプレゼント用で購入も多いみたいです。

それで分かるように、
プレンゼント、ギフトでも
「変わったモノ」をあげたいわけです。

「サプライズ」、「ドッキリ」が、
人気で流行るのも人間の特質ですね^^

だからこそ、皆さんに、
「企画」「商品」「サービス」は、
ビックリするような事をしすべきなのです。

これが、このゴールド・ドーナツを通じて、
僕が今回お伝えしたかった内容です。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
①企画はぶっ飛んだことをしよう
②利益は気にせず話題性のあることを
③人を集めるには人間の特質を知れ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これをすれば、
このゴールドドーナツみたいに、
「40倍の値段」でもお店が流行るわけです。

 

では、今日はこの辺で。

 

ビジネススクールバナー 336✕280


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

PICK UP!

マーケティング

独自の価値を発信する

独自の価値を発信する

←後藤 剛は今、何位? ”24歳の社長が語る常識破り” こんにちは、後藤です^^ 前回のお話が物凄く好評だった...

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top