好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

インターネット集客は生き残る術

インターネット集客は生き残る術

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

平成の熱血社長”こと、
後藤です。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日は、
インターネット集客は生き残る術

僕の得意とする「インターネット集客」。

今日は、初心に戻った記事を書きます。

後藤 剛 公式LINEも1000人を超え、
多くの起業家・個人事業主者が見ております。
これから会社を設立する人もいるでしょう。

そして、僕が情報発信をしてる理由は、
多くの起業家、個人事業主者の人達、
特に、スタートアップの人達の役に立つ為。

ビジネスをしていく上で
「 役立つスキル&必要な知識」

ビジネスで確実に生き残っていく為には、

「ビジネススキル」&「ビジネス知識」は、
【絶対的に必要不可欠】なものです。

人間が生きていく上で、
「食べ物」&「」飲料水」が必要な様に、

「スキル」&「知識」は、
「食べ物」&「飲料水」みたいなもの。

そして、その中でも、
「インターネット集客」というのは、
現代において知らなければ死んだも同然。

「お米」くらい必要。

確かに、お米が無くても、
究極パンでも生きてけるよ?って
言う人もいるかもしれません。

それはビジネスでも同じことで、
インターネット集客を別にしなくても、
リアル集客するから大丈夫だと言う人も。

ただ、お米とパンがどちらが重要で、
どちらが人間が生きてく上で大切なのか。

インターネット集客、リアル集客。

これは現代で考えれば答えるまでもなく、
圧倒的に「インターネット集客」が大事。

そういった時代の中で、
インターネット集客が出来ないのは、
僕からしたら非常にナンセンスなのです。

【個人の力でどう媒体力をつけていくか。】

特にコレが僕は重要だと思う。

個人でどれだけ知名度がなくても、
現代ではいくらーでも向上させる事が可能。

認知度、知名度、発信力、媒体力

それが可能なのは、言うまでもなく、
「インターネット」のおかげ様。

で、本題ですが、

「インターネット集客のメリット」
について改めて話します。

僕がインターネットに興味を持った
理由でもあります。

コストが全くという位かからない
お客さんが向こうからやってくる
自動化する事が可能
小さな資本で大きな利益を出せる

僕はこのメリットを知った時に、
インターネット世界は素晴らしいと思いました。

インターネット集客をする良いところは、
時間に束縛される事が無くなること。

自分が寝ていようが、遊んでいようが、
トイレにいようが、勉強していようが、
ネット上では勝手に集客されているということ。

例えば、それがリアルだと、
人間が行動・活動しなければ、
集客は止まってしまいます。

ネット上だと24時間で稼働しているので、
自分が活動していなくてもお客様は見てくれます。

お金がかからない自動販売機

インターネット集客は、
お金のかからない自動販売機。

ジュースの補充=記事を書く
(記事が無くなる事はないですが笑)

コンテンツもずーっと蓄積されるので、
書けば書くほど将来の貯金になっていきます。

24時間で稼働はしてくれますし、
人件費などもかかりません。

広告費をかけて広告を打てば、
そりゃ勿論、お金はかかりますけど。

ソーシャルメディアというのがあるので、
基本的にお金なんて全然かかりません。

それに店舗、チラシなどに比べても、
コスト・費用はめちゃくちゃ安いです。

お客さんが向こうからやってくる。

インターネット上で知って貰う事で、
地方・遠方の人が駆けつけてくれる。

そして、多くの人に届ける事が可能。

自分も会社も商品も多くの人に知名度があればあるほど良いわけですから。

『インターネット集客』は、
コストがかからない
毎日24時間で稼働する
多くの人に届ける事が出来る

僕がペチャクチャ語る程でもなく、
これだけ十二分に理解出来ると思います。

インターネット集客は、
ビジネスしていく上で必要不可欠。

そして、そこまで難しくないのが良い所。

どんなビジネスモデルをするにしても、
ネット集客を取り入れる事でレバレッジがかかります。

僕はインターネットに魅了され、
経営においてビジネスで生き抜く為に、
必要不可欠だと知らされました。

全く知名度もなく一般人だったとこから、

Facebook、Twitter、LINE、ブログ
などを活用することで爆発的に知名度は向上しました。

今迄の売上も9割がインターネットから。

だからこそ、
多くの人に感じて欲しいです。

ノウハウを追い求めるのではなく、
まずは自分の頭にお金をかけていき、
必要なスキル&知識を身に付ける。

そこから応用していけばいい。

まず何が必要かはご理解出来たことでしょう。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top