好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

テクノロジーの進化はあなたの仕事を変えていく、進化に取り残されないように。

テクノロジーの進化はあなたの仕事を変えていく、進化に取り残されないように。

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功する為に必要不可欠な知識&スキル。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
テクノロジーの進化はあなたの仕事を変えていく、進化に取り残されないように。

近年のテクノロジーの進化、とりわけ人工知能「AI」の進化は目を見張るものがあります。

僕はiPhoneをiPhone3が発売した当時から長年使っているのですが、アシスタントアプリの「Siri」の精度は相当なものだと。

たまーに、ジョークも織り交ぜながら人工知能と会話が成立するほどになってきたことに恐れすら覚えます(笑)

テクノロジーの進歩を手放しに喜ぶのも良いのですが、「仕事」に与える影響も考えておく必要はあるなということを本日は伝えます。

僕は、インターネットの世界・テクノロジーに魅力を感じて現在の会社経営にも至ったのですが。

今でも本当にテクノロジーの進歩によって、凄い世の中になっているなと日々感じています。

【文句も機嫌もない労働力】

つい先日、日本でもダウンロードが開始され話題になっている「ポケモンGO」などは、テクノロジーの進化を分かりやすく伝えてくれてると思う。
(僕はこんな事言って昨日デビューですが笑)

スマホで街並みの写真を撮れば、そこにポケモンが隠れているという、仮想ARのようなアプリ。

僕と同じ世代の人がSF映画やマンガで見た未来の時代が来ている、と言っても過言ではないのかと。

そうしたAIの進歩も目覚ましいですが、現代で最も恩恵を受けているテクノロジーの進化は「労働力」としての立ち位置じゃないかなと思います。

特に先日の熊本地震や東北地震でも活躍した「災害復旧ロボット」などは、ロボットでなくてはできない作業を可能としてくれました。

危険な現場や過酷な動作環境でも文句を言わず、一人一人に仕事を教育していく必要がなく、設定したプログラム通りに動く。

近年のAIの進化により、与えたプログラムだけではなく自己で学習して進化していく能力も高くなってきている。

そうした「ロボット労働力」に、自分の仕事を奪われる日も近いということです。

今後の日本の課題は、「働く環境」を自分で作り出すこと。とも、言われているくらいで。

【時間を切り売りしている人は要注意】

テクノロジーの進化に自分の仕事を奪われるケース、と言うのはすでに起こりつつあります。

高速の料金所も自動化が進み、道路工事の警備員もロボットに仕事を奪われています。

工事そのものも、労働力としてのロボットに仕事を奪われる日も、そう遠くはない未来の話でしょう。

対面販売の接客や、電話対応もマニュアル通りの対応であれば、AIで事足りるので。

自分の仕事がテクノロジーに奪われてしまうこと、それを視野に入れて「自分にしかできないビジネス」を構築しておくことが、

生き残る為には重要不可欠なファクターになってきます。

ここが僕が本日伝えたかったことでもあります。

近代の雇用体制では終身雇用などと言うのは、古き良き時代の遺産のようなものになってきていますし。自分の身は自分で守らなければなりません。

【自分自身でお金を稼げるようにしておくこと。】

そして、自らの手で、お金を生み出せるスキルを身に着けること。

それが、これからのテクノロジーの進化に自分の仕事を奪われないようにする為に必要なことなのです。

これから先、自分の力でお金を生み出す事の出来ない人はどんどん時代に取り残されていくことでしょう。

会社に頼らず、他人に頼らずとも自分自身がいればお金を生み出すことが出来る状態が、なによりも一番の保険といっても過言ではないですね。

その為には、確実に「ビジネススキルの習得」が必要不可欠になってきます。

「稼ぐ為の知識」「稼ぐ為のスキル」が無ければ、永遠に誰かに頼って生きてく道しか無いでしょう。リーマン・ショックの時みたいに、リストラされて会社に向かってただ文句を言って「どうにかしてくれよ!」と叫ぶことしか出来ない。

もう、そうなった時には遅いのです。

そして、未だになんとな〜くビジネスをしている人達も危険な状態だと言えるでしょう。

今後先、間違いなくテクノロジーの進化はあなたの仕事を変えていくことになります。

そうなった時の為の事前準備をするかしないかは、【自分次第】になるのです。

進化に取り残されないように、
今何をすべきでどんな行動すべきなのかは明確です。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

マーケティング

マインド論・考え方

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top