好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ソーシャルメディアを使ってどうして集客した方が良いのか

ソーシャルメディアを使ってどうして集客した方が良いのか

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功出来ないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『ソーシャルメディアを使ってどうして集客した方が良いのか』

ソーシャル・メディアはビジネスツール。
———————————————————-

ソーシャルメディアを使って集客する場合について、どのようにして集客をすればよいのでしょうか。

ソーシャル・メディアは多くの人が使用しており、今ではテレビを見る時間よりもソーシャル・メディアを見る時間の方が多いとも言われているくらいです。

それだけ多くの人がソーシャル・メディアに釘付けになっているのにも関わらず、ソーシャル・メディアをビジネスで活用しないのは”宝の持ち腐れ”です。
(まあ、ジャパネットたかたさんみたいな企業は不要でしょうが)

ソーシャルメディアとは誰でも使用することができる広範的な情報発信技術を用いて、社会的相互性を通じてコネクトしていくように設計されたメディアのこと。

共通性のあるもので言えば、新聞や雑誌、費用は掛かりますが、テレビ放送も立派なメディアです。

このように、広告媒体一つとっても様々なメディアがあります。

ソーシャルというくらいなので、
ある程度の共通性が確保されています。

そのため、情報発信に対して、受信元に偏りが出ることなく、比較的均等に配信されることになります。

ただし、タイミングなどの時差的なすれ違いも発生することは少なくないです。

そのため、ソーシャルメディアに問われるのは認知度をいかに高めるかと、いうのが目的になってきます。

個人が個人に情報を発信出来ることが可能で、今ではテレビに出なくともネットで話題になり知名度が上がっている人も少なくはないです。

ソーシャルに情報発信をする=ソーシャルに見てもらえる場を考慮し、少ない情報量でいかに自分と言う存在を知ってもらえるか。

大々的にアピールできるからと言って、事細かな文字を並べても見る側からすれば、その文字を追いかける気分にはなりません。

名前を全面的に押し出し、
自分の存在を認識してもらうことが大前提です。

営業アプローチと似ているところがあり、ファーストコンタクト(DMやドアノックツールなど)が重要だったりします。

ソーシャルメディアを使用することで、ビジネス上もお互いを知ることになり、そこでも一つビジネスが発生していることになります。

掲載をするというクライアントでもありながら、情報発信の当事者でもあるという、お互いにビジネスとしての相乗効果を発生させることができるからです。

ソーシャルメディアは単なる情報発信のツールだけでなく、情報共有と同時にコネクションを作るツールそのものでもあり、ビジネスを成立させるアクションでもあるということ。

「インターネット上の名刺」みたいなもので、自分の事を全国・全世界に知って頂く為の最強の名刺って感じですね^^

どうやってソーシャル・メディアを活用して、自分のビジネスに繋げていくか。と、いうようなWEBマーケティングスキルも現代では欠かせないスキルになってきます。

そこも「知っている」か「知らない」かだけの差で、大きくビジネスでの成果も変わってきます。

『賢く稼ぐ、「個」で生き抜く為の頭を作る養成講座』
*)残り6日間!

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top