好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

一度でも「自分にはデキナイ」と思い、最初から諦めてしまってるアナタ

一度でも「自分にはデキナイ」と思い、最初から諦めてしまってるアナタ

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

理想現実不可能可能
未知なる挑戦進め”

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼げる自分=考え方☓スキル☓知識=能力値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『一度でも「自分にはデキナイ」と思い、最初から諦めてしまってるアナタ』

今日は、「自分になんて起業は無理だ」「自分になんて稼げるわけがない」「自分がこんな風になれると思えない」と、一度でも思ってしまった人に向けた記事です。

「いやーそれはぜったい無理でしょう」という
セリフの絶対無理とはなんですか?

なぜ無理だと思うのですか?

その理由について、どうすればできるか10通りあげてくみてください。

結論から言います。

”誰がなんと言おうと自信が無くても
「できると信じて」やること”

「夢を実現する」というと果てしなく難しそうに聞こえてしまいますが、「やってみたいことがある、できるとこまで何としてでもやってみよう、できるはずだ」と積極的に考えてみてください。

夢を語っている間は、具体的な現実のプロセスが見えないため、根拠が不明確なことから自信にかけるところがあります。

人間のアイデアは「まずはやってみる」ところから生まれてきます。

改善点やアイデアなどはやってみた現場の声から生まれ、経験として培っていくのです。

大切なのは「たぶん無理」「できないだろう」という考え方を捨てること。これはポイ捨てしまって構いません(笑)

宝くじなんて当たるわけがないと言っていても、買わなければ当たるかどうかさえわかりません。(つい最近、数十万当たった人知ってます笑)

できるかできないかの結果ではなく、「やってみる」という概念を持たなければ何事も解決できないのです。

絶対無理だと言われても、
自分を信じなければいけません。

本当に無理かどうか、どこまでできるかどうかもやってないのに、何を根拠に無理と言えるのか?

やってみるという行動が評価された瞬間に、それは検量以上の「説得力のある力」になるのです。

努力を重ねる先に到着する高みはあり、それを実現するには「高い理想」を描く必要があります。

誰でもできることでは意味がありません。

誰も信じてくれなくても、
まずは自分が自分を信じるだけでもいいのです。

無理と決め付けている人がいたとすれば、それは自分が成功した時にその人の立場がなくなるだけで。(ほら、成功したじゃんとドヤ顔すれば一発KOです笑)

信じて努力を続けなければ、誰も信じてくれない。

もちろん最初から信用などあるわけないので、
だから信用を作ることができるのです。

僕だって最初は、周りなんて一ミリも僕がこんな人間になるとは思ってなかったと思います。今でも信じてない人もいるかもしれません。

でも、僕はずっと自分を自分で信じ込んで「必ず努力し続けて頑張り続ければ成功する!」と、強く思い続けてここまでやってきました。(本田圭佑さんの動画を何度も観て、自分に言い聞かせていたのを今でも懐かしく思います)

最初なんて【そんなもん】です。

スマートフォンで有名な「iPhone」が絶大な信用を得た理由はなんですか?

何で最初に絶大な信用を得たのでしょうか?

過去に「電波が悪い」という声が相次ぎ信用はガタ落ち、返品の声も多数出た中で代表のスティーブジョブズは、

「電波が悪い製品はすべて交換し、電波を増幅させる専用ケースも無償で提供するからアイフォンを使ってくれ」

と言ったのです。

自分の商品に自信がなければ、できませんし、
自分を信じているからこそできる行動によって、むしろ信用を得ることができたのです。

どんなに今は凄い経営者でも偉人でも一番最初は
皆同じなのです。

”何事もできると信じてやること”

では、今日はこの辺で。

「成功は挑戦し続けた人にしか掴めない」
「諦めずにやり続ければ必ず夢は叶う」
「チャンスは自らで創り出す」

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top