←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

理想現実不可能可能
未知なる挑戦進め”

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
稼げる自分=考え方☓スキル☓知識=能力値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ

『大切なコト、それは「稼ぐ方法」ではなく、「稼ぐ力」』

さて、このビジネスブログでは、

「稼ぐ方法ではなく、稼ぐ力が大切」
であることを重ね重ね述べてきました。

稼ぐ力=すなわち、強固な人間力を高めるための努力とは一体何か?

について、

とある一冊の書籍を執筆した人にスポットを当て、
その例を紹介したいと思います。

t02200165_0884066313831227737

幻冬舎代表取締役社長 見城 徹著
『たった一人の熱狂』 幻冬舎刊

この著書には、見城さんが幻冬舎という出版社を経営するにあたっての、思想、信条、精神、哲学が金言として盛り込まれている良書であり、ベストセラー。

起業、経営、個人事業に携わる、
あるいはこれからチャレンジする人にはぜひ、
読んでいただきたい一冊

見城さんといえば、かの角川書店から一人飛び出し、7人の部下後輩と、幻冬舎を立ち上げ、以来、ベストセラーを連発し、成長を続ける出版社の代表取締役社長。

活字離れが久しいと言われる昨今、文芸書に特化した出版社からスタートし、村上龍さん、宮本輝さん、五木寛之さん、石原慎太郎さん、山田詠美さん、よしもとばななさん、小川洋子さんといった名だたる作家の小説、エッセイ、コラム等を発表し、話題をさらいました。

次の時代を見据えてインターネットとの融合を目指し、電子書籍部門でも堅調な売り上げを維持しています。

ではここで、この書籍に書かれた見城さんの「人間力」を示す源泉となる金言を紹介したいと思います。

「何かに入れあげなければ天職にはあえない。」

 

あなたは職業を選ぶ際に、
何を基準にその職に就くことを決めましたか?

もしくは、起業や経営を行う際に、
稼ぐこと手段をどうやって決めましたか?

見城さんは、学生時代、とにかく、本と音楽に、青春の熱い思いを捧げ、思い入れあげ、必然と出版社で編集者になることに導かれたそうです。

つまり、思い、入れあげ、手にした職業であれば、どんな苦難も苦労も引き受け、それを乗り越える覚悟ができる。 

それこそがまさに「人間力」でもあると思います。

お金が儲かりそうだから…。楽ができそうだから…。見栄えがよく恰好よさそうだから….。

はっきりいって、健全だろうと不健全であろと、
正直、動機なんてどうでもいいんです。

大切なのは、それは自分が歩んできた軌跡の後に来る尊いものなのか?

自分が自信をもって歩んできた過去からの布石の上にそのビジネスがあるか?

儲けるためには、
どんな試練も乗り越える覚悟があるのか?

楽するための工夫は世界の誰よりもできる天才になれるのか?

カッコよさを追求するための普段の努力を毎日続けているか?

方法論を語る人は、結果に対するコミットは、努力の積み重ねであるという大切なコトを見失いがち。

つまりそれが、僕の主張する、
「稼ぐ方法」と「稼ぐ力」の違いなのです。

他人ができないことをやれ!

 

ビジネスで成功するために必要不可欠なのは、
独創性=オリジナリティ!です。

例えば、同じ市場に、スペックに特徴もない商品を送り出せば、価格の安い商品が選ばれます。

仮にそこに付加価値を加え、特徴を出し、独自性の高い商品を市場に送り出せば、顧客は多少値がはろうと、この商品を選んでくれます。

経営者の正しい生き方とは、
唯一無二である自分を生きること。

人の真似をしても、ただそれは二番煎じなだけ!

唯一、自分にできる生き方を模索し、それに徹すれば、その過程の中で、独自のアイデアが浮かび、独自の商品やサービス、情報またはノウハウを得れるもの。

そういう生き方のできない人に、成功は降りてきません。


学歴なんか関係ない

 

人は最終学歴で評価されるわけではありません。

幾らいい大学を出ても自分の思い通りの人生を歩める人なんて一握り!

何処の大学を出たかではなく、大学で、ひいては人生で何を学んだか?

またこの書籍で紹介されている成功者たる経営者=GMOの熊谷正寿さん、ネクシィーズの近藤太香巳さんにおいても、大学なんて卒業してらっしゃいません。

因みに、僕も大学は出てないですし高校も多部単位制(笑)僕の尊敬している1つ上の経営者で大成功されてる方も中卒です。

稼ぐ方法ではなく、稼ぐ力を身に付けている人
すなわち、人間力の高い人は、コミュニケーション能力に長け、常に価値ある新しい出会いを標榜し、更に独自性、独創性を磨きながら果敢に自分に負荷をかける…。

そういう生き方をできる人が、
稼ぐ方法ではなく、稼ぐ力を身に付けることができるのだと、僕は思います。

いかがでしたか?

僕の言わんとする、「稼ぐ方法ではなく、稼ぐ力が大切」だということの意味ご理解いただけましたか?

現状の変化に気付き自ら抜け出して稼ぐ力を身に付けたい人は、「何をしても稼ぐ人になる」面談&説明会に参加してみてはいかがでしょうか?※明日までの募集になります
ビジネススクールバナー 336✕280

では、今日はこの辺で。

「成功は挑戦し続けた人にしか掴めない」
「諦めずにやり続ければ必ず夢は叶う」
「チャンスは自らで創り出す」

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事