好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

誰にでも好かれる魅力を持つ方法

誰にでも好かれる魅力を持つ方法

←後藤 剛は今、何位?

友だち追加←追加で教材プレゼント

23歳社長が語る常識破り

こんにちは、後藤です^^

本日は、かなり哲学的なお話を。

僕が好きな分野でもありますので、
ふか~いお話になるかもしれないですねw

テーマはこちらですね。

誰にでも好かれる魅力を持つ方法

でも、皆さん興味ないですか?
誰からも好かれる魅力ですよ~!笑

本気で今日話す内容は深くなる可能性が。

でも、間違いなく、
魅力的になるので。

さてさて、本題に入っていきますね^^

大人になればなるほど、
分かりやすい魅力ばかりではなく、
大人の魅力で人を惹きつける人がいます。

中には、
美人ではないのにモテる女性
カッコイイわけではないけど女性から
人気がある男性
がいます。

両者とも一度は見かけたことあるのでは?

実はそういう人たちは、
「ある魅力」を持っていることが多いのです。

それは気をつければ、
誰にでも持つことができるものです。

さて、何だと思いますか?

少し考えてみましょうか。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

答えは、バランス力です。

例えば、

柔軟性があること

ブレない強さを持つこと

相反するものではありますが、
どちらにも魅力があります。

僕が最も大事にすることです。

人から「柔軟性が大切だ」
アドバイスされると、
行動がブレてしまう人がいたり。

またはブレない軸を持った方がいいよ
と言われると、

頑固一徹のようになってしまう人もいます。

殆どの人がこんな感じになってしまいます。

でも実際は、柔軟性も大事ですが、
ブレない芯を持つことも重要です。

例えば、これだけは譲れないという
自分のブレない信念はあっても、
それをする為の手段を柔軟に選ぶ事は大切です。

さらに、歳を重ね経験を積むと
その信念すら変わることだってあります。

でも、それは成長で当然の変化であり、
ブレているわけではありません。

つまり、魅力的でいるためには、
相反する魅力を持ち、上手にバランス
をとっていくことが大事なんです。

逆を言えば、
このバランスが崩れると、
欠点になってしまうこともあります。

””美点と欠点は紙””

大らかな人は、度が過ぎると
大ざっぱな人になります。

逆に大ざっぱな人は、
ちょっと注意して物を見るようにしたら、
大らかな人になります。

つまり、美点と欠点は紙一重であり、
「程度の違い」に過ぎないとも言えます。

度が過ぎると欠点になり、
ちょうど良いあんばいだと美点になるのです。

バランスを良くすればするほど欠点が減り、
美点が増える(=魅力的になる)というわけです。

人は自分の欠点を直そうと思うと、
その特徴をなくさなくてはいけないと
勘違いをして、自分らしさを失いがちです。

(ビジネスしてる人に多い)

逆に、自分の欠点を直すのを諦めて、
「これが俺だ!」と頑なになってしまう人も。

でも、その特徴はそれでいいんですよ。

単に、微調整をすればいいだけのことなんです。

ん~もっと書きなぐりたいのですが
長くなりそうで頭がこんがらがりそうなんで。

最後に、バランス力をもつことよりも
更にワンランク上の魅力について紹介します。

””ちょっとした欠点は、魅力””

当たり前と言ったら当たり前ですが、

人間でいる限り、
100%の中立を保てる人は、
ほぼいません。

ロボットではないですしね。

逆に言えば、
完璧な人は面白くありません。笑

ちょっとした欠点が隙になり、
魅力にもなることもあるのですよ。

実は、人という生き物はですね、
自分が手に負える程度の欠点を持っている相手
に惹かれるものです。

「しょうがないなぁ!」とフォローしながらも、
母性(父性)がくすぐられることもあるし、

相手と一緒にいることで
役立つ自分にも喜びを感じるものだからです。

ちょっとした欠点は、魅力なのです。

但し、何度も言うように
相手が手に負える程度
であることが重要です

(※手に負えなければ、
「もう一緒にはいられない!」
とフラれるだけです……
)。

だから、
完璧になれない事に気を揉むのではなく、
その中立を目指してバランスをとること。

それを試みるくらいが丁度良いこともあるのです。

これが出来るようになれば、
ポジティブな人間にもなれますよ^^

上手に自分の欠点と付き合っていくと、
魅力に必ず変わりますので。

是非バランス力を鍛えてくださいねー。

ではでは、今日はこの辺で。

友だち追加←追加で教材プレゼント

================
”公式LINE”始めてみました(・∀・)

僕とブログだけでなく、
「もっと密に関わりたいと」
言ってくださる方が多かったので。

要望に応えました(笑

お気軽に申請してください☆

ID→「@blosstory」です!
(@←は忘れずに)

Blogでは言えない事はLINEにて^^
バシバシ更新していきますので!

何か今後はLINEの方で、
”特別企画”なども考えております^^
(何処かで集まって交流会など)

================

PS.
ブログでは言えない裏話や
最新の情報や手法を伝えています^^

少しでも、皆さんの
活力になれればと思っております。

イイネ!!クリックこちらにも
↓↓していただけたら嬉しいです↓↓


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top