好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ビジネスで稼げない失敗する人は「振り回されることが習慣になってしまう。」

ビジネスで稼げない失敗する人は「振り回されることが習慣になってしまう。」

←後藤 剛は今、何位?

「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
夢を叶える「稼げる自分」になろう。

こんにちは、後藤です。

ビジネスで稼げない失敗する人は「振り回されることが習慣になってしまう。」

 

ビジネスに成功するために、様々な知識やノウハウを吸収し、それを実践する。そして、インプットしたらアウトプットする。

これは実に大切なことです。

しかし、整合性のなく、
一貫性のない主張や行動は不信を買う。

結局、時間とお金をロスし、何も成果が得られない…。

こんな経験ありませんか?

これを、ダイエットを例にして考えてみると…。

Aさんは、最近、肥満で悩んでいる。

けれどAさんは、
肥満の要因、原因が理解できていない。

だから、ダイエット本やサプリを買いあさり、かたっぱしからダイエットに効果があるとされる健康法を実践する。

Aさんの肥満の要因とは、基礎代謝の低減により身体が太る体質になってしまった。

基礎代謝をあげるためには、有酸素運動ではなく、無酸素運動、例えば、筋トレや代謝を促進する食生活の改善が求められる。

にも関わらず、Aさんは、ウォーキングやランニングに汗を流す有酸素運動に終始し、脂肪を燃焼させることばかりを考えている。

更にサプリメントも、基礎代謝をあげるためのものを摂取しなければならないのに、脂肪燃焼系のサプリや老廃物排除系のサプリばかりを獲り、

食生活も代謝をあげるために、カプサイシンなどを摂取しなければならないのに、ケトジェニックダイエットが今はやっているからといって肉ばっかり食べてしまう…。

結果、体重はまったく減らず、下痢や睡眠不足などの体調不良に陥り、ストレスばかりが溜まってゆく。

結局、時間とお金をロスし、何も成果が得られない…。

ビジネスにおいても、同じことがいえます。

儲からない、収益が上がらないからと、成功事例や自己啓発本、How To本などを読み漁り、更にビジネスセミナーに出向いて高名なコンサルタントの講義を得てメモを走らせる…。

それまで実践してきたことと、セミナーの内容に食い違いが生じると、言動や行動を変える。

そして、また別のビジネスセミナーに参加して、それとはまったく異なる成功法を聞くと、今度はそれをまねてまた違うことを始める…。

それはダイエットに失敗したAさんと、まったく同じで結局、大切なお金と時間を浪費して、何の成果も得られないことがただただ連綿と続く…。

儲からない、収益が上がらないことには、何か問題があるわけでその要因や課題を追及し、改善しなければ、いつまでたっても儲からないし、収益は上がりません。

例えば、自分もしくは自社が提供する商品やサービスに問題があるにも関わらず、客足が伸びないのはマーケティングや集客に問題があるからといって、SNSで商品をPRすればよいという浅智恵を実践する。

すると、商品やサービスの問題に関するクレームが寄せられ、サイトやブログやSNSが炎上し、逆にもっと傷口が拡大する。

ビジネスに失敗する人の典型は、風評やトレンドにばかり目を奪われ、本質を見極めることも出来ず、誤った判断と行動を重ねる人です。

儲からない、収益が上がらない、
要因、理由、原因は一体何なのか?

それを見極めて、適切な改善措置を講じる。

これがことの本質であり、原理原則です。

にも関わらず、ノウハウや知識ばかりを吸収し、実践しようとしてどんどん本質から離れてゆく。

そういう人はいつまでたっても、そうした負のスパイラルから脱出することができないまま、出口の見えない迷宮から脱出することはできません。

僕もいろいろな起業家、経営者の方に会う機会が多く、いろいろな失敗を目にしてきたのですが。

ここで、痛い失敗の事例に触れておきたいと思います。

いつまでたっても収益が上がらないと悩んでいる、ビジネス商品の販売業を営んでいるBさん。

Bさんは一見、勉強熱心でよく読書もしていて、朝なく夕無く高名なコンサルタントのビジネスセミナーに参加している。

その様子がSNSでアップされているのですが、時々「おや?」と思う瞬間があります。

その「おや?」と思う瞬間とは、ある日、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』を読んで、ドラッガーの経営論に心酔した様子をSNSで吐露している。

しかし、翌日になると、ドラッガーの経営理論とは全く異なる考えを持つ、とある有名なビジネスコンサルタントのセミナーに参加した様子を写真でアップして「〇〇先生は凄い!」とコメントしている。

また、「経営者は朝型が成功する!」として、早朝セミナーに参加しながら、

夜になると「やはり経営者はストレスが溜まる!その発散には、呑んで食うのが一番!」と真夜中の暴飲暴食の様子をアップする。

つまり、この方、主張や行動の一貫性、整合性がなく、主張や行動の辻褄があっていないのです。

そのことをやんわりと指摘すると、「いや、経営者はフレキシビリティが重要です。」とまったく意に介していない様子…。

結局、Bさんのビジネスは半年以上、収益がまともに上がっておりません。

ビジネスとはPDCAサイクル

PLAN(計画)

DO(実行)

CHECK(評価)

ACTION(改善)の連続なわけですが、

CHECK(評価)→ACTION(改善)なく、
ただ、ただ、PとDを繰り返すだけでは成果は生まれません。

更に、PLAN(計画)→DO(実行)をある一定の時間、粘り強く重ねることができなければ、CHECK(評価)のしようもありません。

まず、ビジネスに関して方針や戦略を決定したら、まず少し腰を落ち着け、それに真摯に取り組む

そこで成果がでなかったら、すべてを捨ててゼロにするのではなく、なぜ成果が上がらないのか?

どうすれば成果が出るのか?を
改善工夫して粘り強くそれに取り組む。

今、世の中には様々な情報が溢れています。

大切なのは評判がいいから(風評)、流行だから(トレンド)に惑わされるのではなく、問題の本質を見極めて、それに適切な対処を行う。

経営者の大切な資質とは、困難や試練が押し寄せた時、その問題の本質を見極める力です。

では、今日はこの辺で。

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ゼロから起業して収入の壁を超える最速ステップ!93分の動画特典付き!

好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか?やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 他では入手できない自由な毎日を満喫するためのビジネスの本質 具体的なステップを無料メールで配信中!93分の動画特典付き!
Return Top