好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

アイデアには価値がないって本当?起業初心者が必ずするべきアイデアを形にする5つの実践法

アイデアには価値がないって本当?起業初心者が必ずするべきアイデアを形にする5つの実践法

好きなことで起業する!

こんにちは、後藤です。

アイデアには価値がないって本当?起業初心者が必ずするべきアイデアを形にする5つの実践法

起業を考えていてビジネスアイデアに関しては様々持っているけれど、どうカタチにしていいのか?

そして、どうスタートアップしていいのか?

今日はそんなことで悩んでいる人向けに、アイデアをカタチにする方法について考えてみたいと思います。

1.アイデアよりも行動が大事

実は起業へのスタートアップがズムーズに行く人というのは、アイデアを重視する人ではなく、アクションを重視する人です。

自分の好きなこと、やりたいこと、得意なことで起業しようとする。

勿論、競争相手もいることなので、
当然、差別化もしなければならないです。

そのディテールに関して深く悩む前に、

まずは先輩起業家に相談するとか、同じサロンに通う起業を志す人同士でブレストを行うとか、知己のある人に、縁のある人に相談してみるという人が、スタートアップは早い!

起業家として成功する人は、アイデアを深堀りするというタイプより、アイデアを外から吸収し、それをカタチにするのが上手な人です。

さらに言えば、ビジネスアイデアというのは、デスクに向かってPCを操作し、インターネット上の様々な情報を分析、理解することで生み出されるわけではなく、

  • 実際に街に出る
  • 人に逢う
  • 会話を行う
  • 何かに触れる

ということの中から自然と浮かんでくるものですし、机に向かってういるだけではアイデアそのものが机上の空論で終わることが多い

つまり、起業家として成功する人というのは、“案ずるより産むが易し”で、とにかくアクションを起こす人というのが、僕の経験上で感じることです。

立派なアイデアがあるよりもまずはアクション!

2.事業計画書を作成してみる

アイデアをカタチにできる人というのは、パワーポイントにビジネスアイデアにおける構想を、見栄えのする企画書にまとめることが出来る人というわけでもありません…。

アイデアはメモ書き程度で構わなくて、それを俯瞰して捉え、いつの段階でどれだけの費用がかかり、どのタイミングで赤字を解消して、採算ベースに乗せるか?

つまりそのために何をどうしなければならないか?という事業計画書を書きこなせる人というのが、起業して成功する人。

アイデアを生むことに時間を割くのではなく、儲ける手段として何をやるか?という観点でビジネスを捉えることが出来る人というのが、起業家には向いているように思います。

アイデアに拘り、アイデアばかりを考えることに注力したいという人は、起業~経営者の道を歩むよりも、フリーランスのビジネスプランナーの方が向いています。

ビジネスというのは2タイプあります。

  • 顧客動向やニーズウォンツに対応する提供価値を供給するマーケティング重視型

もう一つは、

  • ずば抜けた創造力を駆使し、クリエイティブな思考からビジネスに挑むコンテンツメイク型

どちらがいいとか悪いとかではなく、自分がどちらの傾向にあるかを見極めることが大切!

大きな事業に転換し、顧客創造を楽しむことが出来るマーケティング重視型の人は事業計画をちゃんと示すことが出来ます。

いずれにせよ、事業計画書はとても、大切なビジネスの骨格を示すプレゼン資料ですから、これをまとめることが出来るというのは大切です。

3.資金調達(銀行、ベンチャーキャピタル、クラファン)

事業計画書をきちんと作成することが出来れば、それをもとに資金調達を行うことに動いてみます。

調達先の候補となるのが、

  1. 銀行(都銀、市銀、信金、信組)
  2. ベンチャーキャピタルなどの投資会社
  3. インターネットを活用したクラウドファンディング


など、今ではいくつもの方法があります。

ただ、銀行は担保等の与信審査がなかなか厳しく、都銀>市銀>信金>信組という風になかなか大手の銀行が、事業計画書一つで、資金を融通してくれるというわけでもありません。

一方、ベンチャーキャピタルは、事業計画の中味にまで関与し、場合によっては資金貸与の利息のみではなく、

ベンキャピが投資した事業の収益の一部をコミッションとして供出することが迫られるケースもあり、起業家としての“自由”が低下することもあります。

クラウドファンディングに関しては、代行事業を行ってくれるプラットフォームもかなり充実してきましたので、少額規模の資金を調達する際にはかなり有効な調達の方法です。

ただし、資金の供出を受けるという事は、利益の一部を還元しなければならないということを常に念頭に置いておきましょう。

借金をすること、潤沢な資金を集めることはとても大切な事ですが、

返済する、利益をきちんと資金供出者に還元するという当たり前のことが出来なければ、起業家、経営者としての成功は難しいのです。

起業独立するために必ず必要なものBEST16選

4.仲間を探す

1.アイデアよりも行動が大事でも、記しましたが、
大切なことは、“志”を理解してくれる“仲間”に逢うという事です。

ビジネスは決して一人でできるものではなく、必ずそれをサポートしてくれる仲間が必要で、それはマーケティング重視であろうがコンテンツメイク重視であろうが変わりはありません。

最も良い組み合わせというのはそれぞれが互いの長所を活かし、短所を補うことが出来る違うタイプの人同士がコラボして、提供価値の創造を図ること。

そしてやはり、成功している先輩起業家にその知恵を求めることも、とても大切な事です。

とにかく、大切なことはビジネスに対する“志”と“情熱”であり、そのベクトルが同じ方向を向いている人との出逢いです。

人との出逢い。

それはインターネット時代の今であれば、何も、“そこにあるご縁”に留まることなく、広く世界に目を向ければ必ずあるもの。

そういったことに意識を向けることも必要です。

合わせてcheck!起業初心者がジョイント・パートナーシップ仲間をどうやって見つけるのか?

5.とにかくカタチにしてみる

まずは頭の中を整理して、何でもいいので“カタチ”にすることに意識を向けましょう。

事業計画を創る際にも重要なことですが、
“ゴール”から逆算したロードマップを描くこと。

それが出来れば取るべきアクションも見えてきます。

ただ、そこに、単にお金を儲ける、利益を上げるだけではなく情緒的なモチベーションも重要かも知れません。

一般的に企業の定義の中には“社会への還元、貢献”が含まれます。

何をもって世の中に、社会に貢献したいのか?

そういう思いをカタチにしようと思うと
モチベーションは一気に高まります。

ある意味、起業家として世に打って出ることは、社会変革にチャレンジするという浪漫のある、夢のある行動です。

会社員として制約から逃れ、自由を手にしたいと考えるならば、社会に果たすべき使命や責任は何なのか?

なんてことを考え作られたビジネスに挑むとワクワク感も倍増するでしょう! 

とにかく、まずは行動から!

さぁ、早速、動き出してみましょう!

では、今日はこの辺で。

合わせてcheck!独立起業初心者にとって失敗しないための5つの成功ファクターとは?

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top