好きを仕事に起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

営業でメンタルを鍛える5つのトレーニングとは?これで心が折れなくなる!?

営業でメンタルを鍛える5つのトレーニングとは?これで心が折れなくなる!?

こんにちは、後藤です。

ビジネスを行ってゆく上で、
営業活動は必須です。

「営業活動」に対して、何か押し付け行為を行うような気がして気が引けるとか、何か厄介で面倒な事とか、マイナスのイメージ、ネガティブなイメージを持っている人も多いような気がします。

しかし、「営業活動」を行うことが無ければ、いくら高い提供価値を有していても、それが収益に結び付くことはできません。

収益=提供価値(商品やサービス)×顧客数

顧客の数を獲得しなければ、
収益を上げることはできないのです。

では、“顧客の数”を稼ぐために必要な営業活動を行う際に、マイナスのイメージ、ネガティブなイメージを払拭するために、どのようなメンタル、マインドを持てばいいのか?

という事に関して、
少し考えてみたいと思います。

1.「自信」を持つ

「営業活動」で成功している多くの人の共通点とは一体、何でしょうか?

それは、いつも堂々と振る舞い、自信をもって人と接する。

それが出来る人は「営業活動」に
嬉々として取り組んでいます。

ではその自信は何から生まれるのか?

それはやはり、自信をもって売ることのできる「提供価値」を有しているからです。

自身が自信をもって売ることのできる
「提供価値」のクオリティを高めること。

それがあれば、臆することなく、商品やサービス、情報やノウハウを、胸を張って顧客に勧めることが出来ます。

まずはこうして“後ろめたさ”を払拭し、自信をもってお客様に対峙できるようになると、「営業活動」が楽しくなります。

2.「プライド」を持つ

ビジネスの基本ですが、「提供価値」はお客様の課題や問題を解決したり、お客様のしあわせやよりよい生活に貢献するものである筈です。

そうであるからこそ、ビジネスが成り立ちます。

であるならば、何もそれを提供する「営業活動」を行うことに、“卑屈”になる必要はありませんし、仮に営業活動が実らなかったとしても、落ちこむ必要はありません。

やはり、時や場合によってその「提供価値」がすべて受け入れられるというわけではありませんので、時には結果に繋がらないこともあるでしょう。

とにかく、自分が価値あるものを提供しているという事に誇りを持ち、それが実らなかったことは、「今のタイミングではそれを必要とされてなかっただけ」くらいに受けて止めればいいのではないでしょうか?

3.「感謝の気持ち」を忘れない

「営業活動」の機会を得るということは、自身の「提供価値」に興味、関心をいだいてくださったということ。

今、こうしてインターネットが普及し、コミュニケーションの在り方が変わり、もはや人は必要としないもの、無駄なものには興味を示しませんし、コミュニケーションの幅を広げる事にも興味は持ちません。

ある意味、その機会を得るということはお客様が“自分”、もしくは「提供価値」に興味、関心をいだいているという事です。

そういう中で、新たな人との出逢いの機会を得る。

そのことを素直に感謝する。有難く思う。

今の時代、「営業活動」の機会を得るだけでもとても大変なこと…。

そういう“感謝の思い”が習慣化されると、当然「営業活動」が楽しくなるし、“いつくしむべき”ものという風に認識が大きく変わるように思われます。

4.「イメージ」を持つ

自分の提供価値がどれだけ、どのようにお客様の抱いている課題や問題を解決できるのか?

どれだけお客様のしあわせな生活、よりよい生活に貢献できるのか?

それを漠然と考えるのではなく、実際にメモに書きだし具体的な「イメージ」を持ちましょう。

そして、自分がそれに貢献する。

そのことに歓びを持ちましょう。

人って普通に、誰かの役に立つことができれば、それが自分の歓びになるものではないかと思いますし、ある意味「歓びの対価」が「収益」となります。

仕事をして、ビジネスをして、“楽しい”とか“ワクワクする”とか“嬉しい”と感じることが出来るのは、「歓びの対価」が「収益」になるから。

そうなると、もはや「営業活動」に対するネガティブなイメージなど、どんどん払拭されてゆきます。

5.「プレゼン」は自己表現である

プレゼンテーション。

それは何も見栄えの良い企画書や提案書に書いてあることを、そのまま読み上げる行為ではありません。

良いプレゼンテーションとは“対話”であり、“自己表現”です。

まずは、ちゃんとお客様の課題や問題に寄り添う。何を求めているのかを明確にする。

その段階で、自分が用意した「提供価値」=商品やサービス、情報やノウハウが“間違っている”と感じたら、すぐさま、路線変更を行えばいいのです。

(だから、提供価値にはバリエーションが必要なのですが…。)

お客様にとって必要とされる提供価値や必要とされる人間であることを認めてもらうための、実にいい“自己表出の機会”です。

つまり、臨機応変、
時の場合によってカードを変える。

とおりいっぺんのプレゼンテーションや、ただの企画書の読み上げが、果たしてお相手の“心”に届くでしょうか?

つまり、営業活動とは、
自分の心をお相手の心に重ねる。

そういう実に深いコミュニケーションであると思うのです。

今、技術の進歩、インターネットの普及で、広く浅く緩いコミュニケーションは大きく広がっています。

「営業活動」とはそうした多くの人とのコミュニケーションをより一歩、深く、前に進めることのできる絶好の機会。

結局、ビジネスが成功する、しないは、人間力にかかっている。

営業活動とは、まさに自分のビジネスにかける情熱や意識、意気込みを示す場です。

情熱、意識、意気込みを持つ人はこれを絶好の機会と捉え、おこがましいという気持ちや臆するという気持ちもなく、ごく自然に、普通に自分を表現出来る筈。

  • 「営業活動」に前向きになれない、、
  • 何か今ひとつキモチが乗らない、、

それは、サラリーマン、サラリーウーマン時代の営業活動に対するスタンスを払拭できないからでは?

起業し、この道で行く!と決め、その覚悟をもって生きてゆくのであれば、必然的にそれを楽しめ、ワクワクしたキモチを抱くことができ、

“前向き以上の前のめり”になれるものだと、
そう僕は思います。

合わせてcheck!営業が苦手な人が営業力の弱点克服のために2つの効果的なこととは?
合わせてcheck!営業を始めてメンタルが弱ってきた時に立ち直る4つのメンタルコントロール
合わせてcheck!営業マン必見!成約率をグンッと向上させる営業テクニック4つの究極STEP


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ゼロから起業して収入の壁を超える最速ステップ!93分の動画特典付き!

好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか?やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 他では入手できない自由な毎日を満喫するためのビジネスの本質 具体的なステップを無料メールで配信中!93分の動画特典付き!
Return Top