好きを仕事に起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

ソーシャルメデイア運営は関係性

ソーシャルメデイア運営は関係性

←後藤 剛は今、何位?

が語る

こんにちは、後藤です^^

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日のテーマは、
ソーシャルメデイア運営は関係性

今日の話は、
ソーシャルメデイア運営で
非常に大事な話になってきます。

まず先に言っておきますが、

ソーシャルメデイア運営目的は、
たくさんの人々と「関係性」をつくること

これを念頭に置いて下さい。

そもそも口うるさく言いますが、
SNSはコミュニケーションツールですから。

そして現代では、
この「関係性」がめちゃくちゃ大事。

関係性関係性関係性関係性関係性
関係性関係性関係性関係性関係性
(呪文のように唱えて下さいw)

なんで、こんな「関係性」が必要なのか。

例えば、二つの店で、
同じ商品を同じ値段で売っている。

一つは、知らない店で、
もう一つは、よく行くお店で、
店長とめちゃめちゃ仲の良い店。

「どっちで買うか?」
ということです。

これが同じ商品で同じ値段の商品があって、
色んなお店で販売していたとしよう。

1番自分が「関係性」のある店で買うやろうね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは僕含めて絶対に皆も経験があるやろう。

普通の人なら、仲の良い店で買います。
(距離が近いからとかは抜きにして)

同じ距離で、同じ値段で、同じ商品で売っているなら。

世の中はそういう風になっているんです。

今の時代は非常に「関係性」が求められていて、
それ次第で生き残れるかも変わってくる。

要するに、「関係性」が出来てれば、
リピーターの数も変わってくるということ。

今、話題の電力戦国時代も同じことが言える。
(この話すると長くなるから次回にでも)

だから、ソーシャルメデイアでも、
リアルでも関係性を深めていく行為を、
どんどんしていかなければいけないわけ。

今はネット社会(情報洪水)、
製品や会社のコモディティ化(無個性化)、
格差社会、そういうような要因で、

人々は意識的にも無意識的にも、
「関係性」を求めています。

これからの経済活動は、
もっともっと色んな意味で、
「関係性」がキーワードになっていく。

僕は今の時代は、

【繋がりの経済】
だと思う。

だから、ソーシャルメデイア運営の目的は、
どれだけ多くの人と関わり関係性を作れるか。

これをやれば必ずうまくいきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして、
「企業」ではなく「個人」が目立つ時代。

これは、今後必ず来る「究極の時代」。

絶対にニュースに取り上げられるワードになる。
(昔、後藤さんが言うてたな位で覚えておいて下さい)

企業」ではなく「個人」が目立つ時代。

そして、「販促」も「広告」も必要ない時代に。

ソーシャルメディアがこれだけ普及すると、
販促や広告は必要なくなってくるかもしれない。

つくずく、凄い時代だなって思う。

これは僕がソーシャルメデイアで多くの人と、
どんどん繋がって、更にまた繋がっていく。

そして「連鎖」が起きて、
勝手に噂も広がり有名になっていき、
自然と認知度や可能性も広がっていく。

この繋がりのの連鎖が、
新しい出逢い、人脈を増やしてくれてる。

まさに繋がる事というのは、
連鎖的に拡散していくということ。

「関係性」はそれだけ凄い威力。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関係性というキーワードで、
すべてのものを見直していくことが。

ネットであり、広告であり、商品であり、
店づくりであり、出逢いであり、

全ての事を関係性というキーワードで、
見直していくことが大切。

そして、ソーシャルメデイアは、
「個人」として楽しみながらやることが重要。

ソーシャルメデイアの世界は、
企業の発信が「うざい」と感じる人も多いと思う。

うざいと言うよりも、
意識して見てる人も少ないでしょう。

Facebookのニュースフィードに、
企業のCMが出てきたら、いいね!は押さない。

けど、知り合いや友人の会社のCMだったら、
いいね!をするかもしれません。
(それも本当にいいと思わなければしない。)

それくらい、ソーシャルメデイアは、
「個人」が強い ということ。

特に、Facebookは友達と繋がるメディア。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だから、Facebookは人々と繋がり、
コミュニケーションすることを目的にして下さい。

Facebookだけじゃなく、
ソーシャルメデイア全般同じような考え方。

「自分らしさ」を出したツイートをして、
繋がった人々のツイートにたくさん反応して、
自分を記憶してもらうコト。

そして、「関係性」を作っていく。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だからソーシャルメデイア発信は、
「個人」を出していくこと。

そして忘れていけないのは、
「自分らしさ」を出していくこと。

顔を出したり、
個性を出したりするのは、
関係性を作りやすくする為に必要。

僕のソーシャルメデイア運営を参考に、
自分のソーシャルメデイア運営を見直しましょう。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

ーまとめー
・ソーシャルメデイアは関係性
・現代は繋がりの経済で成り立つ
・「個人」を出し「自分らしさ」を

では、今日はこの辺で。

次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ゼロから起業して収入の壁を超える最速ステップ!93分の動画特典付き!

好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか?やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 他では入手できない自由な毎日を満喫するためのビジネスの本質 具体的なステップを無料メールで配信中!93分の動画特典付き!
Return Top