好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

収入の桁を上げたければディレクションを学ぼう

収入の桁を上げたければディレクションを学ぼう

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功する為に必要不可欠な知識&スキル。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ

収入の桁を上げたければディレクションを学ぼう

皆さんはビジネスをどのようなスタイルで進めていますか?

パソコン1台、いまやタブレットやスマホでも充分にビジネス用途に耐えられる時代。

タブレットに対応したBluetoothキーボードの精度も向上しており、

パソコンを持って無くても、携帯ショップで月額使用料のみで使用出来るタブレットを貰えば充分にビジネスをスタートすることが出来ます。

僕自身、ブログやメールマガジンの文章はパソコンを開かずにスマホで済ませてしまうことも多くなっています。

インターネットビジネスの参入もしやすく、様々なスタイルのビジネスの形があります。

インターネットビジネスを始めやすい要因のひとつとして「自分1人でビジネスを行うことが出来る」と言う点。

実際に文章の執筆からサイトのデザイン、果てはhtmlでのコーディングからSEO対策までを自分で賄っている、と言う人葉多いのでは無いでしょうか?

既存の企業のあり方、そして組織の考え方に違和感を感じ「自分1人で完結出来るビジネス」を求めてインターネットビジネスを始めた、と言う方も多いのかなと。

もちろん、その考え方は間違っていません。

ビジネスにおける全ての工程を自分ですることは、達成感もありますし、余計なコストもかかりません。

「自分一人でお金を生み出す事が出来る」
確かにこれに越したことはないです。

しかし、今のビジネスの収入の桁を一桁増やしたい、と考えているのであれば、
自分で全てを「作業」するのではなく、

ビジネスを「構築する」ディレクションを覚えて行くべきなのです。

ビジネススクールバナー 336✕280

【自力で全てをやってるうちは壁を抜け出せない】

僕も、従業員にさせている工程のほぼ全ての工程を自分自身ですることは出来ます。

しかし、従業員に給料を払い、
「自分でも出来る仕事」をさせています。

ビジネスの工程の中には少なからず、ただの「作業」と言う部分がつきまといます。

さらには、専門性の高いhtmlやcssと言った分野は、作業をする前にある程度の知識を習得して行く必要があります。

それらの工程を自分1人で行えば、たしかにコストやリスクがかかってくることはありません。

しかし、物理的に時間がかかってしまう作業がビジネスには存在し、その工程も自分で受けもってしまうと、一日に出来る作業量は限定されます。

インターネットビジネスの世界も、
一種の製造業と捉えることが出来ます。

コンスタントに良質なコンテンツをどれだけ制作できるかは、収益に完全にではないにしろ比例します。

ある程度、ビジネスの基盤が出来てきたら、アウトソーシングも活用して自分はディレクション業務に徹する。

そうすることで、収入のボリュームをより増やすことが出来るわけです。

アウトソーシングをお考えの方は、気軽にご相談して下さいね^^

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

後藤の公式Lineとは?

「ブログでは公開していない言えない丸秘な情報」や「公式Lineでしかアナウンスされないイベント情報」などが、誰よりも早くキャッチすることができます!→後藤の公式Lineを友達追加

ビジネススクールバナー 336✕280

寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

コピーライティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top