好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

起業して成功する為にまず第一歩であるマインド・セットから

起業して成功する為にまず第一歩であるマインド・セットから

こんにちは、後藤です。

独立する上で、大切なことはビジネスを継続させることはもちろんですが、もう一つ大切なのは「自分自身の心」のあり方です。

意外とマインド・セットってナメてかかる人いるんですが、ビジネスモデルを選ぶよりも根幹の部分なので一番大事です。

自分で事業を立ち上げるということは、自分が主体となり、判断をし、全責任を負うことになります。ビジネスはプライベートの時間ではないため、常に「利益」と「損益」を競っていかなければなりません。

そして自分という存在は「経営者」としての考え方を持っていなければなりません。

言われたことを行う・毎日与えられた仕事をこなす等というサラリーマンの生活ではなくなるわけえですから。

仕事の量はもちろん増えますが、決して「ストレス」という言葉を使ってはいけません。

人は失敗をすると落ち込み、やがて「ストレス」という言葉に結びつけます。

つまり、会社に対しての損益を発生させたことで上司に怒られ、つまらないという感情から「ストレス」を覚えるようになります。

しかし、経営者として同じことを言っていてはいけません。

なぜなら、社員に取っての損益と会社が負う損益では、損害の大きさが違うからです。

例えば、自分がサラリーマンだったとしましょう。会社員として働き、働いた分だけ会社から給与をもらいます。たとえ業務上失敗をしても給与はもらえますよね。

しかし、経営者は自分の生活のみならず、社員の給料を確保しなければなりません。

そして、会社を経営する為の経費も儲けなければなりません。

つまり「ああ失敗した」という悲観的感情ではなく「ではその失敗をどうするべきか」「今後どうするか」と対策を考える頭でいなければなりません。

マイナスという要素をチャンスに変える必要があり、もちろんのことながら空いた穴を補う必要は発生します。

そこに感情が伴っていてはなりません。常に前進するという心構えが必要だということです。

自分の生活の為に稼ぐためには、それ以上の運営費も稼いだ上で初めて利益となることを踏まえ、常に利益を追い続けるという気持ちを持っておきましょう。

マインドについて話すとキリがないのですが、
どんなスポーツをするのにもサボり癖があったりしたら駄目ですよね?

マインドセットというのは、
「稼ぎ続けられる考え方」ということなので。

これが整っていないと何も上達しませんし、
成功なんて言葉からかけ離れてしまいます。

逆に、このマインド・セットは、
成功者の考え方を真似て整えてしまえば、
勝手に「成功できる考え方」になれます。

なので、自分の今ある考え方を全て捨てて、成功者の考え方をインストールすれば良いだけだったりします。


コメントはこちら

*

PICK UP!

マーケティング

独自の価値を発信する

独自の価値を発信する

←後藤 剛は今、何位? ”24歳の社長が語る常識破り” こんにちは、後藤です^^ 前回のお話が物凄く好評だった...

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top