起業を考えているけれども、人脈が足りないとお悩みではないでしょうか。

人脈を作ろうと思うと、勉強会に参加したりするなど、「場」が必要になってきますよね。

ですが、そういった場を自分で作るのは難しいですし、自分にとって都合の良いタイミングで場が開かれるとは限りません。

そのような場合におすすめしたいのが、ビジネスマッチングです。

そんなビジネスマッチングのメリットやおすすめのアプリ、注意点を紹介していきます。

起業したい人を繋げるマッチングアプリとは?

マッチングアプリと聞くと、出会い系などのイメージを持つ人もいるでしょう。

ですがこのビジネスマッチングアプリは、同じ出会いに関するものでも、「ビジネスマン」同士が出会うことをサポートしてくれるものになります。

ビジネスマン同士が出会うことで、そこに人脈が生まれます。

ビジネスマッチングアプリでは、ビジネスマン同士を繋ぐことで人脈を作り、広げていくことをサポートしてくれるのです。

通常、人脈を広げようと思うと、誰かからの紹介を通して知り合うか、勉強会や交流会に参加するなどの場を設ける必要があります。

特に人脈が狭い場合には、この場を自分で儲けるのが難しく、タイミングを待たなければいけません。

また、紹介や勉強会などの人脈はどうしても同業などの場合が多く、自分と異なる分野との人脈はなかなか結ぶことができません。

ですがビジネスマッチングアプリが他のビジネスマンとの出会いのきっかけをつくる場になってくれるので、手軽に人脈を広げることができます。

起業したい人を繋げるマッチングアプリを活用するメリット

ビジネスマッチングアプリを使うと、手軽に人脈を広げることができると紹介しましたが、実際には利用するとどのようなメリットがあるのか。

具体的なメリットを紹介していきます。

隙間時間を活用できる

人脈を作る際には、勉強会に参加するなどの行動を取る必要があります。

その場合には、参加時間が必要になったり、相手と実際に会う時間が必要になってきます。

ビジネスマッチングアプリは登録さえしてしまえば、スマホさえあれば利用することができます。

アプリに掲載されている情報などを見て、それを踏まえて相手を探し、メッセージなどでアプローチを試みることが可能です。

そのため、これまで時間を持て余していた移動時などの隙間時間にもマッチング相手を探したり、アプローチを試みるなどの行動を起こせるようになります。

他業種とも繋がることができる

勉強会に参加したり、人からの紹介を受ける場合には、同業であったり関連した職業という場合がどうしても多くなってしまいます。

ですがマッチングアプリの場合には、幅広い業種の人が利用しているため、さまざまな業種の人とつながることが可能です。

他業種との繋がりは、起業する際にすぐに必要とはならないかもしれません。

業種によっては、仕事上で関わるということもないかもしれません。

ですが、その人脈から情報を得たり、仕事上のヒントが得られる可能性もあります。

さまざまな業種との繋がりができ、それらの人がもつ最新の生きた情報が得られるのもマッチングアプリの強みです。

起業の経験者と出会える

起業しようと考えている人にとって、相談相手は重要な選択肢です。

その相手を見つける際に起業経験者との繋がりがない場合には、経験者の話をなかなか聞くことができません。

ですがビジネスマッチングアプリを使うことで、起業の経験者と出会うことができます。

マッチングアプリの利用者の中には当然、起業の経験者という方もいます。

アプリによっては経営者専用という物もあるため、より出会いやすい環境を求めていくことも可能です。

ここでの出会いから起業の際のアドバイスなどを受けたりするきっかけを作ることができます。

安心性がある

ビジネスマッチングアプリの中には、利用者を審査しているものもあります。

そういったものでは、利用者も洗練されているので安心してアプリを通して繋がることができます。

勉強会などの場で出会った場合には、自分で相手を選び、繋がりを作っていかなければなりません。

知り合ってみないと相手の業績などはわかりません。

ですがアプリでは、審査があることで一定以上の実績などが保障されており、出会いや繋がりのクオリティが高くなっています。

そのため、安心して利用することができます。

仕事の拡大に繋がる

ビジネスマッチングアプリを通して、その人の人脈が広がることになります。

その人脈は当然、取引先となったり、提携先になることもあります。

また、アプリを使っている人の中にはビジネスパートナーを探しているという場合もあります。

そのため、ここでの出会いが仕事のさらなる拡大に繋がったり、新しい分野へ進出していくきっかけになることも多いです。

おすすめのビジネスマッチングアプリ5選

実際にビジネスマッチングアプリを使おうと思ったら、多くのアプリがあるためにどれを使えばよいか迷ってしまうかもしれません。

中には立場や業種が決まっているアプリもあり、自分に合ったものを使うことがよりよい繋がりを作るためには重要です。

そこでここでは、おすすめの5つのビジネスマッチングアプリについて紹介していきます。

yenta

出典:yanta

yentaは現在、利用者数が一番多いビジネスマッチングアプリになります。

全審査制のサービスで、約1年半で累計マッチングが50万件を突破するなど、確かな実績を誇っています。

それまでの履歴などからAIが自動的に毎日12時に10人をレコメンドしてくれます。

そのマッチングの結果は同日の20時に分かるようになっています。

人数が多すぎるとマッチングしても会いきれずに機会を失ってしまう危険性もあるため、10人になっています。

利用者数も多いため、ビジネスマッチングアプリを初めて使ってみるという場合には特におすすめです。

COLABO(コラボ)

出典:COLABO

COLABOは、ビジネスマッチングアプリの中でも経営者に焦点を置いている経営者のためのマッチングアプリになります。

完全審査制のため質の高い状態を保っています。基本無料で利用でき、オファーを送る際にはログインするか購入することで手に入るポイントを使います。

相手の情報だけでなく、登録の目的などもわかるようになっていて、マッチングの際の無駄を最大限省くことができるようになっています。

相手の情報が見えるようになっているので、確実に自分の目的にあった人にオファーしたり受けたりすることができるようになっていますが、1日にオファーは1回しかできません。

また、メールの返信をしない、遅刻するなどの社会人としての行動ができない利用者に関しては強制退会措置もあります。

そのため、登録時の審査と共に一定水準の経営者のみが利用できるようにしています。

Linker

Linker

出典:Linker

LinkerもCOLABOと同じく、完全審査制の経営者専用のマッチングアプリになっています。

一番の特徴は、登録したプロフィールに合わせて、人工知能が最適な経営者をレコメンドしてくれる点です。

そのため、自分から探さずともマッチング相手を見つけることができます。

時間があまりない場合でも、人工知能が提案してくれた経営者から選択することで、短い時間でも繋がりを得ることができます。

fatch

fatch

出典:fatch

Fatchはビジネスマッチングアプリの中でも、ファッション業界に特化したサービスを展開しているアプリです。

利用には審査が必要で、業種が限られているので、自分と同じや関連した業種の人との出会いが確実に得られます。

審査の際には、利用者の中でも業界全体で必要とされているマッチングが生まれやすい人から利用可能になります。

ファッション業界といっても、経営者やブランド長などの経営に携わるもの、ばいやー、企画、デザイナーなど開発に携わるもの、店舗関連やメディア、人事、ファッション業界に興味を持つ学生まで幅広く受け入れています。

Fatchによると利用対象者としては、「広義的な意味として、アートや音楽、フードなどライフスタイルまでファッションとして含みます」とされています。

利用時には、毎日10人がレコメンドされ、お互いに興味があった場合のみマッチングされます。

社長メシ

出典:社長メシ

これまで紹介したアプリは、ビジネスマン同士や経営者同士の繋がりをサポートするアプリでした。

ですが、社長メシは、少し方向性が異なります。

社長メシは、企業の社長と学生を繋げるためのビジネスマッチングアプリになります。

「社長、ゴチになります」というキャッチフレーズの元で、企業の社長が学生に食事を奢る場の中で社長と学生が直接会う場を作ることを目的としています。

社長側からすると、自分のほしい学生を自分の目で探すことができます。

また、就活の面接の場とは異なり食事の場なので、腹を割って話をすることもできるのでより学生の本質を見抜くことができます。

学生側からすると、自分の気になる企業の社長と会う機会が設けられ、社長の人柄や会社の理念なども聞くことができます。

学生にとっては社長は面接などでもほとんど会うことができず、連絡も取ったりできない相手ですので貴重な機会になります。

企業側からすると、低コストでより企業に合った人材を探すことができ、学生側からすると社長に直接自分をアピールすることができる場ができるため、参加企業は150社以上に及び、累計500回以上開催されていて、5人に1人の学生が内定を得ています。

ビジネスマッチングアプリを活用する際の注意点

ここまではビジネスマッチングアプリを利用した場合の良い点を紹介してきました。

ですが当然、利用の際に気を付けなければならない部分もいくつかあります。

ビジネスマッチングアプリを利用する際には、これらの注意点を意識して使うようにしてください。

勧誘に注意する

ビジネスマッチングサイトでは、利用者の水準を一定以上に保つために登録時に審査奈必要が多いです。

ですが、その中でも実際にマッチングしてみると、何かへの営業や勧誘を受けるということが多いです。

これらの人は、相手の情報など関係なくマッチングしてきている場合もあるので、どんな人でも出会ってしまう危険性があります。

一部のアプリでは不適切な利用の場合には強制退会という場合もありますが、登録時点ではわからない場合が多いです。

これらを見分ける完全な方法はありません。

ですが、レビューや評価といったものが低くなっている場合には、営業や勧誘目的という場合が考えられるので注意が必要です。

社会人としてのルールを守る

ビジネスマッチングアプリは、社会人が利用するためのアプリです。

当然アプリ上とはいえ、利用するからには社会人としてのルールを守る必要があります。

マッチングの際には相手からメッセージなどが送られてくることになりますが、それらにきちんと返信をしなくてはいけませんし、実際に会う場合には遅刻などもいけません。

特に返信に関しては、アプリだからと気を抜いてしまう人もいます。

アプリでは手軽にコンタクトが取れるため、その分メッセージなども多くの人から送られてきたり、頻度も多くなります。

それらに対してきちんとした対応をしていくことが、よりよい繋がりを得ていくためのポイントでもあります。

自分の情報はできるだけわかりやすく

ビジネスマッチングアプリでは、相手の情報などを見てマッチングを希望するかどうかを決めなくてはいけません。

そのため、自分の情報は詳しく書いておく必要があります。自分の情報について手を抜いて書いてしまうと、見た側としてもどんな人間なのかがわからず、マッチングしようという気になりません。

情報が詳細なほど、どのような相手なのか、繋がることでどんなメリットがあるかなどを想像できます。

当然ですが、自分の情報の中に嘘を書くのは絶対にしてはいけません。

仕事上の繋がりに関しても言えることですが、関係を結ぶ際には信頼が重要です。

マッチングアプリでは最初は実際に会わずにアプリ上で関係が始まることから、その重要性はより高まっています。

そこに嘘が混じっていると、会った際にはわかってしまいますし、そこから信頼関係を結んでいくことはできません。

審査について

ビジネスマッチングアプリでは、登録時に審査が必要という場合が非常に多いです。

審査前に自分のプロフィールを書くことになりますが、ここで手を抜いてしまうと本来なら通るはずの人でも落ちてしまいます。

そのアプリを利用する水準に達しているのかどうかをプロフィールを元に判断することになるので、注意が必要です。

また、審査が完了するまでに1ヶ月かかるという場合もあります。

そのため、登録してすぐにアプリが利用できるというわけではありません。

そのため、急に人脈が必要という場合には利用できないこともあるので、事前に準備しておく必要があります。

まとめ

社会人にとって人脈というのは非常に大切な宝です。

起業しようとしている人にとっては、重要性はより強くなるでしょう。

この人脈という物は、簡単に手に入る物ではなく、相手との繋がりの中で信頼関係を結んでいくことによって得られます。

ビジネスマッチングアプリは、その繋がりを結ぶためのきっかけを与えてくれる場を提供してくれるものです。

そしてそこから人脈に発展させていくには、その人の人間性が大切になってきます。

みなさんもより良い人脈を得て、広げていくためにビジネスマッチングアプリを使ってみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事