ネットを使って自分で起業する人は増加しており、副業として稼ぐ人だけでなく独立する人もいます。

働く場所に縛られない稼ぎ方を実践することで一般的な仕事では得られない自由を手に入れることができます。

ただし、起業してすぐに独立するほどの収入を得ることは難しい為、事前の準備なども大切になってきます。

ネット起業とは

ネット起業とは、ネットを利用してさまざまなビジネスを立ち上げることです。

ネットを通じたビジネスになる為店舗などを持たずにすみ、自宅やカフェを仕事場にできるのが特徴になります。

僕自身もサラリーマンだった20歳の頃に「時間や場所に縛られたくない!」と強く思い、インターネット起業を選択しました。

店舗経営もカッコイイとは思いましたが、僕は自分が描くライフスタイルに合わないなと思ったのでネット起業に。

そして初期費用を抑えることができるのもメリットで、起業のハードルを下げてくれます。

実際に商品を販売するビジネスでなければ在庫などを抱えるリスクもなく、不調であれば簡単に止めることもできます。

実際にビジネスを起こしてみて、向いていないのであれば別の方向のビジネスに手を伸ばすこともできます。

副業として人気があるだけでなく、収入増が見込めるようであれば独立も視野に入ります。

実際にネットビジネスに成功して法人化するなど、より大きなビジネスに乗り出す人も存在します。

ネット起業する為に必要なもの

パソコン

スマホやタブレットで作業をする人もいますが、長時間操作を行うことを前提にするとパソコンの方が使い勝手が良いことが多くなります。

定番アイテムにはなりますが、僕はMacBook Airのノートパソコンがいいかと思います。これだけあれば十分です!

ネット起業をするのであれば自分の健康管理も重要になる為、ストレスがかかりにくく、疲れにくい作業環境を整えることも大切になります。

例えば、パソコンをするときの椅子とか。意外とずっとパソコンやっているとお尻が痛くなってくるんです。

特に最初の頃は、夢中というかパソコン三昧になると思いますので、腰を痛めないためにも良い椅子を用意した方がいいでしょう。

安定したネット環境

安定したネット環境も重要で、通信制限がすぐにかかるような状況ではビジネスに支障をきたします。

情報収集や販売などで常時安定してインターネットにつなげる状態でなければ安定収入を得ることは難しくなるのです。

自宅で作業をする場合は光回線サービスなどを導入するのがいいでしょう。モバイルルーターだと遅かったりするケースもありますので。

旅行などの出掛ける際はiPhoneのテザリング機能でぜんぜん大丈夫です。

まあ今はだいたいのホテルやカフェにフリーWi-Fiがあるのでそこも心配無用です。

レンタルオフィスなどを利用する人もいますが、それだけ負担が大きくなることには注意が必要です。

ビジネスが安定するまでの収入

ネット起業をする場合は、ビジネスが安定するまでの別な収入源が必要になります。

すぐに収入が得れるわけでもありませんので、貯金があるとかであればいいのですが。

起業してすぐに収益を得られる人はまれで、その間の収入をどうするかが課題となることが多い為です。

仕事をしながら副業として起業を行い、収入が安定してから独立する人も多いです。

ネット起業をする為の方法

まずは自分に合ったビジネスモデル選ぼう!

ネット起業をする場合は自分にあったビジネスモデルを選ぶ必要があります。

ネットビジネスにはさまざまな種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

商品を販売するのであれば商品を購入する元手が必要になるだけでなく、在庫管理などが必要になる場合があります。

情報商材のようにデータを扱うものでなければ初期費用などの負担や、売れなかった際のリスクが生じる為、どのようなビジネスモデルが向いているのか、維持が可能かを考える必要があるのです。

これが一番稼げそうというのも大事ですが、自分が興味あることや好きなことを基準にして選ぶといいです。

ネット起業で成功するためには「継続力」が欠かせません。

稼げそうだからという理由で選んでしまうと稼げなかったら辞めてしまうケースが多いので、好きだから継続してやっているという感覚の方が大事です。

気付けば結果が出てた、という感じ。

アフィリエイト

成果報酬型のインターネット広告のことをアフィリエイトと呼びます。

Webサイトに広告を設置し、広告がクリックされるたびに収入が入るものや、広告から商品販売に繋がった場合に報酬が発生する仕組みになっています。

アフィリエイトの種類は多く、健康食品や金融商品、不動産、情報商材など、ありとあらゆるものが対象になります。

広告のクリックや広告商品を売る為にWebサイトを作り、収益を上げるビジネスモデルがアフィリエイトなのです。

自分で商品を購入する必要がなく、初期費用が安く済むのが特徴になります。

ただし、作ったばかりのWebサイトですぐに商品が売れたり、広告がクリックされることは珍しい点は覚えておきましょう。

ちなみに僕が一番最初に始めたのもアフィリエイトでジャンルは「競馬サイト」でした。笑

ネットショップ運営

ネットショップ運営はネットを使った通販を行うビジネスモデルです。

ハンドメイドの商品やさまざまなサービスをネットショップを通じて販売し、収益化する人は珍しくありません。

実際に手を動かして収益を得たい人に人気で、ブランド化に成功するケースもあります。

ただし、法律の制限を受ける為、実際に販売できるものなのか、許可などが必要なものでないかはチェックが必要です。

酒類や医薬品など、免許などが必要になるものも存在するからです。

Webライター

情報を調べてまとめ、記事にするのがWebライターです。

Webサイトの文章部分を書く仕事で、飲食体験や旅行体験、有名人へのインタビュー記事など依頼に応じてさまざまな依頼をこなす必要があります。

健康関連や金融関係など特定の専門分野に強みを持つライターも存在します。

文章力が必要になる一方で元手が不要なのも特徴で、クラウドソーシング経由で仕事を請けるなど働き方も多様化しています。

今ではたくさんWEBサイトがインターネット上にあるので仕事も山程あります。

コンテンツビジネス

音楽や小説、漫画など、コンテンツを利用してお金を稼ぐビジネスモデルです。

電子書籍や自作の音楽の出版や販売で収益を得る作家や音楽家は珍しくなりつつあり、出版社などを通さずに自分でコンテンツを販売することも可能になっているのです。

YouTubeの配信で収入を得るYouTuberや、ライブ配信などを行うことで収益を得られるビジネスモデルも存在します。

Webセミナービジネス

Webを利用してセミナーやオンラインサロンを開設することで収益を得るビジネスモデルです。

収益を得る為のビジネスモデルの情報発信や、さまざまな専門業種の仕事効率向上、自己啓発のセミナーを行い、会員や参加者から参加費用を集めます。

オンラインサロンを開いて月額会費を募るビジネスも存在し、セミナーとあわせた収益源になっています。

仕事や起業で得たノウハウや人生経験を生かせるのが特徴になります。

コミュニティビジネス

地域の課題を解決する為の経済活動がコミュニティビジネスです。

地域の特産品をアピールする為の活動や、ブランド化、人口減少などの課題をビジネスとして解決することを目指します。

行政との関わりが深く、内容によってはさまざまな助成金が利用できるのが特徴。

NPO化を視野に活動をするケースも存在し、さまざまなテストケースになるケースもあります。

ボランティアなどは含まれない為、いかに収益を上げるかをしっかりと考える必要があります。

ネット起業するなら自身のHP(ブログ)を作成しよう!

ネット起業をするのであれば、自身のHP(ブログ)は必須になってきます。

これはHPなどで情報を発信しなければビジネスの実体や、ビジネスをする人の人柄が伝わらないからです。

起業をしてもどんな人がビジネスをしているかがわからなければ、取引相手は不安に思う確立が高くなります。

また、個人が起業をしても社会的に目立った功績のない人は宣伝になる情報自体がなく、自分から情報を発信していかなければ顧客を確保することも難しくなるのです。

また、HP(ブログ)自体が収益源になるケースも多々あります。

ブログで収益を得るブロガーは、自分のHP(ブログ)にアフィリエイトの広告を貼り付けることで収入を得ています。

自分の発信する情報自体が商品価値を持つようになることもあるため、積極的な情報発信ができるHP(ブログ)を持った方が良いのです。

しっかりと使えば名刺代わりに利用することもできます。

とにかく作業しよう!

ネット起業をする場合は作業の量が重要になってきます。

重要になるのは、実際に作業しなければわからない課題が見つかることがある点です。

一足飛ばしに効率化を目指そうとして失敗するケースは珍しくなく、ビジネス上の弱点になることもあります。

経験を積まなければ堅実なビジネスモデルの構築自体が難しいのです。

ある程度作業をすれば、どんな作業が必要で、どんな作業が不要なのか、自分がどれだけの作業をこなせるかという勘が掴めてきます。

ネット起業を目指す場合は、数ヶ月、数年先までそれを維持できるかを考える必要があり、維持自体が難しい場合は更に効率化が必要になるのです。

省力化や、時間当たりの収入の効率など、作業をしなければわからないこともあります。

どんどん作業をしましょう!

本当に困ったらオンラインサロンやコミュニティで勉強しよう!

ネット起業を成功させる為には経験を積むことが必要ですが、課題が見つかっても自力で解決するのは困難な場合もあります。

最も手っ取り早く成果を出したい方や絶対に失敗したくない方には推奨です。

なぜならば、自分がやっていることが本当に正しい道なのかどうか答え合わせができないからです。

スポーツでも習い事でも初めて学習する分野というのは、何から手を付けて正しい方法で進んでいるのか分からないと思います。

それを我流でやるのも当然悪いことではないのですが、時間がかかるのは覚悟してください。

やはり学校でスクールでお金を払って学ぶというのは、用意されたステップバイステップがあるのでその分結果は早いです。

課題を見つけた場合は、オンラインサロンやコミュニティで課題の解決方法を学ぶのも大切で、仕事の効率アップに重要な役割を果たします。

オンラインサロンやコミュニティ経由で人脈ができるケースもあるため、積極的に利用したいポイントになっています。

これからネット起業をする人が失敗しない為には

これからネットで起業をする場合は、市場が変化することを前提に行動する必要があります。

市場は常に変化していて、地域経済の状況や日本を取り巻く国際情勢は常に変化しています。

ビジネスをするのであれば何が売れるのか、どんなものに需要があるのかを知っておくことは大切で、右肩上がりの前提で動くといざという時に身動きが取れなくなる恐れがあるのです。

ビジネスの成功モデルは広まると同時に競争が激化していくのもポイントです。

真似をする人が多ければ、同じビジネスモデル同士で顧客の奪い合いが生じる為です。

成功モデルを真似るにしても何かの要素を足す、合理化の為に要素を引くなどのアレンジが重要で、時代にあわせて最適化することが失敗を防ぐポイントになっています。

ネット起業の方法のまとめ

ネットの普及で起業するハードルは下がり、ちょっとしたアイディアと行動がお金を生むケースも増えています。

一方で、そのアイディアで安定した収益を生み出すことは難しく、経験や知識が必要になることもあります。

ネット起業で成功をしたトップランナーも独立までに苦労をしていることが多いため、成功までの労力や時間がかかることも含めて挑むことも大切なのです。

「ネットを使ったビジネスなら誰でも稼げる」って勘違いしてる人多いですが、そんなわけもありません。

これまで積み上げて来た経験も違えば、スキルも違いますので。

ただ、誰にでも可能性は開かれてるってのは確かです。

僕も学歴もお金もパソコンさえ触ったことがなかったですが、今こうやってパソコンだけで生計を立てることができています。

本気で人生を変える覚悟があって、正しい努力で自分を高める事が出来る人なら成果を残す可能性は高いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事