好きを仕事に起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

「新しいコト」を常に考える力

「新しいコト」を常に考える力

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

平成の熱血社長”こと、
後藤です。

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日のテーマは、
「新しいコト」を常に考える力

新しいコト」というのは、

会社として店舗としての新規の企画もそうですし、
メニューやマーケティング的な事もそうです。

常に、「これしたらいいんじゃないの」とか、
「これやったら面白そう」とか。

常に日常から考えて欲しいというお話です。

そうでないと、
創造力」は養われないです。

以前にもこんな記事を書きました。

『イノベーションは過去との決別』
その記事はこちら

これも、似たような事を書いたのですが、
常に「新しいコト」を考えてほしいわけです。

僕も常に街中を歩いている時、
お風呂を入っている時、ご飯を食べている時、
色んなシーンで常に探して考えています。

僕は今、会社でアプリの開発やポータルサイトの
面白い取り組みなどに力を入れていますが、

そうすると、段々考えることに慣れていき、
ふとした時にアイデアが出たりするんですよ^^

ですので、今のうちに皆さんも、
普段から皆さんも考えるように癖づけましょう。

これは、会社の売上もそうです。

今までと同じやり方で、
売上を維持することが難しいコトは、
多くの人が認識していることでしょう。

昔は、モノが少なかったから、
店を出して看板を掲げるだけで、
売り上げがたったりしていました。

商店街の魚屋さんや八百屋さんは、
店頭に商品を並べているだけで売れていた。

歯医者さんも、歯科医っていう
看板を掲げているだけで、人が来ていました。

飲食店もアパレルもどんな業界もそうです。

でも、そんな時代なんかとっくに終わってます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

たくさん店ができて、
モノも豊かになってしまうと、
それだけではお客さまが買ってくれなくなった。

需要よりも供給が上回っている時代。

おまけに必要なモノだったら、
インターネットで買うから店に行かない。

2リットルのペットボトル、お米とかそうですが、

近所の店で買うと、重いから1本しか買えないけど、
Amazonだったら一気に12本届けてくれる。

おまけに近所の店よりも安いし、楽ちん。

インターネットが普及されたことによって、
安くていい商品がたくさん溢れ、
便利なサービスが次々と生まれる中で、

自社の商品やサービスが売れない理由を、
他のせいにしていると、

当然生き残ることはできないわけです。

というように、

普通のやり方、普通の売り方では売れない。

周りがやっているサービス、
周りがやっている企画、
周りがやっている考え。

だと、この時代を勝ち抜けないわけです。

だから、常に新しい事を考えて、
どんどん面白いことに取り組んでいき、
それを独自化にする事が大事。

それに、「新しいコト」は、
誰でも今すぐに生み出せると思います。

新しいコト」を生み出すことができないと、
その流れに流されていってしまいます。

だから「新しいコト」をしなければ、
徐々に売上や集客が減って、
いつのまにか廃業や倒産になる。

究極のコトを言うと、
ビジネスっていうのは「創造力」だと思う。

もっともっと、
創造力」を働かせることが大事です。

鍛えて、鍛えて、鍛えまくってください。

確かに、景気の低迷やモノ余りになったら、
以前よりは機会は減っていくのは当然のことです。

さらに、人口が減少しつつあるわけですし。

Amazonなどのネットショップは、
ますます安く便利に物を買えるようになるでしょう。

ITテクノロジーや人工知能の進化で、
人間の仕事がなくなってくるのも事実なわけで。

これが現実です。

でも、そんなこと言って、
他人のせいにしては何も変わりません。

そういう環境でも、

繁盛している会社や新しいビジネスを
生み出している会社はたくさんあります。

問題は、経済環境とか市場の成熟などではなく、
マーケティングの一番の問題は「創造力」の欠如。

いかにお客さまのコトを考えられるか。
いかに世の中の流れを読み解くことができるか。
いかに未来の風を感じ取ることができるか。

そして、それをふまえて、
「新しいコト」を生み出す力。

それが「創造力」ということ。

この激動の時代で圧倒的な成功をおさめるには、
創造力が必要不可欠なものだと断言します。

そして、これは特にお伝えしたいことなのですが、
創造力を働かせることは、

とっても「楽しい」こと。

成功したかったら、創り出すことを楽しむこと

そして、普段から、
創りだす癖を身につけましょう^^

 

起業する為に必要不可欠な知識&スキル。

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280


無料相談はこちら 320×60

 

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ゼロから起業して収入の壁を超える最速ステップ!93分の動画特典付き!

好きを仕事にするのにお金や経験は関係なく誰でも実現可能です。あなたは毎日の仕事の忙しさで、自分の人生を犠牲にしていませんか?やりたいことを我慢して理想を見て見ぬ振りをしているはず。 「お金」や「時間」の縛りから解放され、好きな場所で好きなことを仕事に生きていく! 他では入手できない自由な毎日を満喫するためのビジネスの本質 具体的なステップを無料メールで配信中!93分の動画特典付き!
Return Top