現在多くの人がサラリーマンとして仕事をしており、少しでも会社の戦力として貢献できるように頑張っています。

サラリーマンとは違った働き方で起業家として働いている人もいて、満足した成果を出している人もたくさんいます。

そんなサラリーマンと起業家なのですが、どのようなメリットとデメリットが発生しているのか紹介していきます。

その他にもどちらの方が将来性が優れているのかまとめていきます。

サラリーマンのメリット

サラリーマンとして仕事をする時、3つのメリットを実感しながら仕事をしている人がほとんどです。

起業家にはないメリットが発生しているので、今もサラリーマンとして仕事をしていきたい人が多くいて、高い人気を獲得しています。

収入が安定している部分

現時点でもたくさんの人がサラリーマンとして仕事をしているのですが、その理由として収入が安定しているのが関係しています。

安心して生活するためには、一定のお金を獲得しなくてはいけません。

そこで収入が安定しやすいサラリーマンは高い人気を獲得しており、仕事をすることで毎月一定のお金を獲得することができます。

勤続年数や能力などによっては相応のお金を毎月獲得することができるので、余程の事態が発生しない限り、安定した生活を行いやすいです。

また毎月貰える給料以外に賞与を定めていることも多いです。

もし賞与を貰うことができれば、毎月の収入に加えて臨時でお金を貰えるので色んなことにお金を使うことが可能です。

安定の定義を何にするかにもよりますが、を求めている人にとって魅力的な働き方になっており、サラリーマンを希望している人が現状でもたくさんいます。

福利厚生に守ってもらえる

福利厚生に守ってもらうことができるのもサラリーマンの魅力です。

病気や怪我が発生した場合でも有給休暇によって、一定のお金を獲得することができます。

その他にも社員が働きやすいように、会社では様々な福利厚生が設定されているので万が一の事態が発生した時も安心です。

会社によってはちょっと変わった福利厚生が設定されていて、他の会社よりも福利厚生が充実している場合があります。

どのような福利厚生が定められているのか会社で異なっている為、サラリーマンとして働きたい人はどのような福利厚生に定められているのか確認しなくてはいけません。

上司や先輩からの丁寧な指導

会社では上司や先輩などたくさんの人が働いており、会社に貢献できるように頑張っています。

その中には優秀な上司や先輩がいくつも在籍しており、憧れるケースも少なくありません。

そんな上司や先輩から直接指導やアドバイスを貰うことができ、優秀な人材として成長できるのがサラリーマンの魅力でもあります。

自分一人で試行錯誤するよりも上司や先輩に指導やアドバイスを受けた方がコツを理解しやすいので、素早い成長を期待できます。

丁寧に指導やアドバイスをしてくれる上司や先輩の場合、一気に成長する可能性も十分にあります。

また在籍している会社によっては、研修や講習などに力を入れている場合があります。

積極的に参加していけば、仕事に関連している能力やスキルを向上させることができるのでサラリーマンとして、成果を残しやすくなります。

サラリーマンのデメリット

多くの人がサラリーマンとしてメリットを実感しながら働いているのですがデメリットも発生しています。

時には深刻なデメリットに繋がる恐れがあるので、サラリーマンとして働きたい人は注意しなくてはいけません。

複雑な人間関係に大きな疲労

良好な人間関係が保たれている会社もあれば、残念ながら劣悪な人間関係になっている会社も存在しています。

もし劣悪な人間関係になっている会社でサラリーマンとして仕事をしなくてはいけない場合、大きな疲労が発生しやすくなるので注意しなくてはいけません。

特に精神的な負担が大きくなるので、サラリーマンとして仕事をするデメリットになります。

自分が希望している仕事を行えない

会社の都合によって、自分が希望している仕事に携われない場合があります。

多くの人が希望していない仕事をしなくてはいけない時、モチベーション低下を発生やすいので注意です。

状況によっては、サラリーマンを辞めたいという気持ちに繋がる恐れもあるので、気を付けないといけない部分の一つです。

会社理由による辛い仕事が発生

サラリーマンは会社に雇ってもらっているので、会社に定められているルールや規則を守りながら仕事をしなくてはいけません。

そこで会社理由による辛い残業や徹夜などが発生する場合もあり、我慢しなくてはいけない部分が多々あります。

自分の仕事は問題なくても会社や他の社員が理由で、このように残業や徹夜をしなくてはいけない時も出てきます。

自分だけではなく、他にも影響を受けてしまうのでサラリーマンのデメリット部分です。

起業家のメリット

起業家として働いている人も年々増えており、満足できる成果を出している人も多いです。

近年はある程度の年齢に達している人だけではなく、若い人も積極的に起業して一生懸命仕事をしています。

たくさんの収入を稼げる可能性

起業家の大きなメリットになっているのがたくさんの収入を稼げる部分になります。

一生懸命起業家として頑張ることができる人は、相当のお金を稼げます。

サラリーマンと比較してもびっくりするほどお金を稼げている人もいるので大きなメリットです。

仕事を実施して獲得できたお金は、全て自分のお金として得られるのが関係しています。

仕事をしたからといって、他の人に獲得したお金を取られる心配はないので、このように多額の収入に繋がりやすいです。

自分の好きなことを仕事にできる

自分の好きなことを仕事にできるのが大きな魅力の一つです。

起業家でどのような仕事に興味を持っているのか違っているのですが、積極性があれば何時でもチャレンジ可能です。

自分の好きなことを仕事にすることで、常に高いモチベーションを保ちながら仕事を行えるようになります。

仕事をする時に発生する精神的な負担を少しでも減らせるので、年々起業家が増えている一つのポイントになります。

他の人に指示されることがない

起業家は自ら行動していき、仕事をしていくので他の人に指示されることはありません。

他の人に指示されるのが嫌いな人にとって、自ら考えて行動する起業家は魅力的な働き方として確立されています。

起業家のデメリット

起業家として働きたい人は注意しないといけない部分として、デメリットが発生しています。

3つのデメリットが発生しており、このデメリットを乗り越えることができないと起業家として成功しにくいです。

仕事ができないと無収入

怪我や病気をしてしまい、仕事をすることができなくなった時は福利厚生がないので起業家は無収入になります。

たくさんのお金を持っている場合は問題ありませんが、経済的に余裕がない場合は、生活に悪影響を及ぼしてしまうので注意しなくてはいけません。

孤独感を感じやすい

基本的に一人で黙々と仕事をしなくてはいけません。

その為、起業家は孤独感を感じやすく寂しいと感じてしまう場合があります。

孤独感を感じても一生懸命仕事をしないと収入を獲得することができないので、人によっては辛い部分になります。

大きな責任感が発生

大きな責任感が発生するので起業家として仕事をしていき、もし仕事でミスをした場合は全て自分のせいになります。

サラリーマンの場合、会社がある程度守ってくれる時があるのですが起業家はそのようなことはありません。

精神的に追い詰められる場合もあるので、起業家のデメリットになります。

サラリーマンをしながら起業はできるの?週末起業って何?

サラリーマンをしながら起業をすることができ、少しずつこのような企業が目立ってきています。

その中でも週末起業が高い人気を獲得しており、本業の就業時間以外の時間帯を利用して、別の事業を実施しています。

安定した収入を確保しながら少しずつ週末起業の仕事を実施できるため、リスクが少ない起業方法になっています。

ただ本業と週末就業の仕事をしなくてはいけないので、仕事をする時間が増えます。

仕事が好きでお金を稼ぐことに集中したい人にはオススメの働き方ですね。

結局サラリーマンと起業家。将来的にどちらの方が良い?

サラリーマンは特徴として安定している働き方になっており、起業家は少しリスクがあると思われがちですが成功した時は相応のリターンを期待できる働き方です。

お金の自由、時間の自由、精神の自由などサラリーマンでは手に入らない自由を手に入れることができます。

安定を選択する人はサラリーマンを選択し、たくさんのお金を稼ぎたい人は起業家が向いています。

どちらもすでに確立された働き方なので、どちらの方が良いのかその人の性格や考え方が異なってきます。

ただ現在は色んな仕事が存在しているので、若い人を中心に起業家を目指す人が増える予測がされています。

僕はこうやって情報発信をしているのは、サラリーマンという雇われではなく、自由な働き方をする人を増やしたいし応援したいなと思って記事を書いています。

せっかくの人生なのでやりたいことをやって楽しい人生を過ごしましょう。

まとめ

主にサラリーマンは安定した収入を確保でき、福利厚生が設定されているので安心して働きやすいです。

起業家は自分の頑張り次第でたくさんのお金を稼ぐことができ、希望している仕事にチャレンジしやすいのが魅力です。

しかし、どちらの働き方も色んなメリットやデメリットが発生しているので、安易に選択するのではなくて慎重に選択しなくてはいけません。

またどちらが適しているのかその人の性格や考え方で異なっているので、冷静に検討することが求められてきます。

もしサラリーマンをしながら起業したいと考えている人は、本業の就業時間以外の時間帯で事業を始める週末起業があるので、検討するのも一つの選択肢です。

どんどんチャレンジしていきましょう^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事