好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

「売れる広告」には、とある法則の秘訣が隠されている

「売れる広告」には、とある法則の秘訣が隠されている

←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

ビジネスプロデューサー”こと、
後藤です。

成功する為に必要不可欠な知識&スキル。

本日のテーマは、
「売れる広告」には、とある法則の秘訣が隠されている

世の中には商品が天文学的数字でありますが、
世に出回っていない商品を含めると更にあります。

基本的には、商品・サービスの開発をして、
そこからマーケティング・広告をして、
世に出回っていくのですが。

その中でも、「上手い広告」と
「そうでない広告」があるわけです。

当然、「上手い広告」だからこそ、
認知されて、知名度も上がり売れていきます。

そこで今日は ある法則 について、
記事にしようと思います。

これを知るだけで売上は向上しますし、
成約率なども大きく変動していきます。

ビジネスをしているとお分かりでしょうが、
闇雲に商品説明・商品の売り出しをしても、
売れるわけがないんです。

それに広告のやり方も時代とともに
変化しつつあります。

TVCMでも何でもそうですが、
供給が多くなればなるほど価値は薄れるので、
広告会社もどんどん面白い動画などを制作します。

それは動画制作だけでなく、
広告文もキャッチコピーだって同じです。

例えば、最近話題になっていた
“ワンダーコア” のTVCMも印象に残りやすい。

初めて見た時は普通に笑っちゃいましたし(笑

本題から少しズレそうなので戻します。

「売れる広告」には、とある法則の秘訣が隠されている

それは、「AIDAの法則」
という、法則。

これは非常に重要な考え方です。

A = attention (注意)
I = interest (興味)
D = desire (欲求)
A = action (行動)

A = attention (注意)
顧客の注意を引きつけると言う意味。

I = interest (興味)
顧客の興味を引くと言うこと。

D = desire (欲求)
欲求が顧客にありそれを満足させる事を納得させるようにすること。

A = action (行動)
顧客に行動させること。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
知って→興味を持って→欲しくなって→
購入に値すると確信になって→買って→満足する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こういった流れになるわけです。

段階で分けると、

認知段階」→「感情段階」→「行動段階
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セールスにおける顧客心理の段階があり、
マーケティング、セールスや広告営業においては、
よく使われる段階ではあります。

これは必ず覚えておいた方が良いでしょう。

認知段階」→「感情段階」→「行動段階
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、またダイエット系であれなんですが、
ライザップのCMは見たことありますか?

ライザップも馬鹿売れした商品ですし、
めちゃくちゃ儲かってるみたいですね。

ダイエット系の広告は非常にうまくて、
ライザップもまさに法則が使われていました。

あのライザップのCMは、素晴らしいです。
(ダイエット的に、ではなく売上アップ的に)

まず、ライザップのCMは、
独特の音楽と、太って冴えない人物の映像。

あれが何とも言えない感じでしたね!

非常に目を惹きましたし、
話題性としても抜群に良かったと思います。

そして、すぐさま明るい音楽と、
ダイエット後の見違えた姿。

凄いインパクトだったと思います。w

「注意を惹く演出」と、「圧倒的な成果」

そして、最後には、

成果が出なければ返金
という保証。

売れる広告の要素が詰まっています。

ライザップのCMは、AIDAを満たしています。

独特の演出で目を惹き、
圧倒的な成果を提示して欲求を覚えさせる。

そして、行動しやすくする為の返金保証。

素晴らしい広告だったと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

広告を作る際には、是非参考にしてください。

まあ、ライザップのCMは批判も多いですが、
それだけ注目を浴びているということ。

ライバルからの攻撃や、
ただのアンチもいるでしょうしね。

「誰からも何も言われない」のは、
注目されていない証拠です。

他にも有名な型は、たくさんありますが、
まず「AIDAの法則」を参考にしてみて下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
知って→興味を持って→欲しくなって→
購入に値すると確信になって→買って→満足する
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは顧客管理なので、
絶対に知っておくようにしましょう。

 

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PICK UP!

マーケティング

インターネット集客

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top