好きを仕事に。起業する。

稼ぐ力を身に付け「稼げる自分」へ

人材派遣会社をやっていて人が集まらない3つの理由は何か?

人材派遣会社をやっていて人が集まらない3つの理由は何か?

好きなことで起業する!

こんにちは、後藤です。

人材派遣会社をやっていて人が集まらない3つの理由は何か?

今の社会状況を考えると、株価だけをみれば、経済は堅調。

様々な需要も多く発生しているにも関わらず、人手不足を嘆く、業種、業態が多く発生しています。

人を直接雇用することは、雇用側の企業にとっては、給与のみならず、社会保険、雇用保険、福利厚生、交通費など多額のコストを必要とするので、派遣会社を活用し、派遣社員を雇用したい!というニーズは高まっています。

しかし、今、派遣会社がそのニーズに応えることが出来ず、経営的に行き詰まりを見せている会社が多く見られます。

その理由は一体何でしょうか?

派遣会社の「提供価値」でる、
“スキルの高い派遣する人”を集めることが出来ない。

つまり需要はあるのに、
供給できないという状況にあるからです。

今日は、派遣会社の集客について考えてみたいと思います。

人が集まらない理由①インターネットを上手に活用できていない。

派遣会社のWebサイト…。

どこをみてもさしたる差がなく、正直、閲覧しても、派遣登録する側にはなんら魅力を感じることのできないコピーが並びます。

なぜでしょうか?

派遣会社にとって顧客は、
契約を結んでくれる企業です。

そして、原材料、仕入れは、
派遣登録してくれる人材です。

派遣会社は何処を見ているのか?

つまり、顧客である派遣先側ばかりを見ていて、大切な原材料、仕入先、派遣登録を考えている“人”にフォーカスしていない点もあります。

また、インターネット時代、こうした大切な仕入先である、個々の派遣社員候補の人たちを“ネットワーク化”できるはずなのに、それを怠り、場渡り的にニーズに応じて慌てて候補者を募集する…。

インターネットの活用が然程うまくいっていないことにその要因があると言えるでしょう。

まず、大切な派遣社員の確保に対して、
どれだけ魅力のある会社であるか?

ということに対して、

フォーカスされていないという事が多いコト、更に、派遣社員候補者、登録者を“集めて囲い込み”を行うための工夫がなされていない点にあります。

人が集まらない理由他の人材派遣会社との差別化、独自化要素がない

更に言えば、派遣会社それぞれに、独自色が現れることなく、紋切り型の同じような会社ばかりが並び、派遣会社を選ぶ側も、登録する側も、何処を選んでいいのかよくわからないというのが本音かと思われます。

例えば、特定の職種において高いスキルを持つ人材を揃えるであったり、派遣社員の報酬に関して、派遣先の評価が高まればポイントを付与し、ボーナスを支給するなど、

何らかの工夫が無ければ、顧客からも、仕入先、原材料から選ばれることもありません。

どのような特徴を打ち出してゆくのか?

それが大きな課題と言えます。

人が集まらない理由③マーケティングが出来ていない

例えば、

  • 需要がある市場に人を派遣出来ていない。
  • 差別化が為されておらず、特徴がつかめない…。
  • 登録社員が集まらない…。

それは、つまり、マーケティングが出来ていないことの証しです。

つまり、しっかり需要予測が出来れば、人手不足とされる業種、業態に対して、積極的に営業活動が可能な筈です。

実際に、営業事務とか経理事務とか頬ワイトカラーのサポート職という業種は既に飽和状態。

ニーズがあるのは、物流、建設、外食などの業種、業態。

そして必要なのは、それをサポートしてくれる人たち。

スキルの高い人を集めることより、すぐにでも仕事がしたい人を集めることが重要なのに、それが出来ない…。

まさに、人材派遣会社は日々、“市場”を見つめることなく、需要や供給の在り方を見つめることが出来ないから、混迷を辿っているのだと思われます。

これからの課題を解決するために何が必要なのか?

①のインターネットの活用に関しては、

まず登録者の登録のハードルを下げるために、いちいち個人情報を入力するのではなく、SNSと連動させボタン一つで登録を可能にし、詳細は面談時にタブレットに向かって簡単にそれを済ませることが出来るようするなど。

とにかく登録者が余分な手間をかけることなく、登録ができるようになることへの工夫が必要だと思われます。

メルカリが活況を呈しているのは、余計な個人情報の登録の必要がないから。

この辺りが参考になるかも知れません。

②に関して言えば、重複しますが、
特徴、特質を明確に打ち出す

専門特化や登録者への登録メリットの付与、付加価値の創出が必要です。

そして、大切なマーケティング…。

これに関しては受けではなく、攻め。

競合との差別化が必要です。

派遣会社は今、様々な課題が満載です。

一つ、一つ、クリアして、
それを解決してゆくことが必要!

では、今日はこの辺で。


寄稿者

後藤 剛
大阪府出身/東京在住.178㌢.65㌔
貧乏、学歴、人脈なし、サラリーマンを経験後、20歳の時に単身上京し、「IT」について猛勉強して、21歳の時に株式会社BLOSSTORYを創業。世の中に価値あるものをお届けするということをモットーにWEBマーケティングのサポートを行う。創業1年目で年収3,000万円を達成することに成功。最近は、”限られた給料”から、”雇われずに複数の収入源を持って生きる”をモットーに、「夢あるカッコイイ人達」のキッカケとなる活動にも力を注ぐ。趣味は、旅行、写真、お酒。

コメントはこちら

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

マーケティング

  • 最近の投稿
  • 人気の記事
  • ピックアップ
  • カテゴリー
  • タグクラウド
  • アーカイブ
Return Top