こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

仕事が続かない...なんてことを思う人は、たぶん何度も転職を繰り返している人かなと思います。

仕事が続かない人は、もしかすると、そもそも会社員として働くこと自体があまり向いていないかもしれません。

本記事では、仕事が続かない原因や続かないことに対する対処方法を紹介していきますが、「自分自身会社員に向いていないのかな」と思う人は、下記の記事をご覧になられた方が良いかもしれませんので、併せてご覧ください。

仕事が続かない人の特徴

良好な人間関係を築くのが苦手

せっかく会社に入社したにも関わらず、仕事が続かない人の特徴として良好な人間関係を築くのが苦手な人は、仕事が続きにくいです。

会社は多くの社員が在籍しているので、積極的にコミュニケーションを取らなくてはいけません。

しかしコミュニケーションを取るのが苦手だった場合、自分がどのような人物なのか他の社員に知ってもらうのが難しくなります。

更に他の社員がどのような人物なのか理解できないので、良好な人間関係を構築するのが難しいです。

仕事に悪影響を及ぼすだけではなく、徐々に会社内で居心地が悪くなり、最終的には仕事を辞めてしまう恐れも出てきます。

ただ、コミュニケーション能力はどの会社に行ったとしても必要になりますので、コミュニケーションが苦手だと思う人は下記の記事もご覧ください。

強固な精神力を身に付けていない

順調に仕事を実施できる場合もあれば、様々な困難が発生してしまい、スムーズに仕事を行えない時もあります。

もし困難な状況が発生した時、強固な精神力を身に付けていないとすぐに諦めてしまい、ネガティブ思考になりやすくなります。

それによって仕事を続ける意欲が著しく失われてしまい、仕事を辞めてしまう可能性が発生します。

仕事をする以上、様々なトラブルや困難な状況が発生してもある程度耐えられる精神力が絶対に必要です。

ただ、『失敗は成功の元』と言われる様に、失敗から学べることは実に様々ありますので、併せて下記の記事もご覧ください。

仕事に対して飽きやすくて集中力が低い

最初は楽しいと感じてしていた仕事も、飽きてしまう人も長続きしない原因でもあります。

もし仕事に飽きてしまった場合、考え方を変えたり、仕事を実施する方法を変化させないと中々モチベーションを上げるのが難しいです。

また仕事に対して集中力が低い人は、仕事が続きにくい人です。

基本的にミスやトラブルを避けるため、高い集中力を発揮しながら仕事を行わなくてはいけません。

しかし集中力が低い人は、集中力が低いことによってミスやトラブルが起こりやすく、それによって仕事を辞める場合もあります。

どのような目的で仕事を行っているのか不透明

会社員として働いている人は、様々な目的を達成するために仕事をしていることがほとんどです。

会社に貢献したいという目標や、自分自身を成長させたいなど会社員として働く人によって、目的は違ってきます。

しかし仕事が続かない人は、何となく仕事をしていることが多く、目的を持っていないケースが目立ちます。

目的が不透明なまま仕事を行った場合、高い仕事意欲を保ちながら仕事を実施するのが難しいです。

このように仕事に対して目的がはっきりしない人は、他の人と比べても仕事が続きにくいです。

ただ、逆に会社の社畜になり、ずっと会社に依存して働いている人もいますね。

仕事が続かない人が続けるにはどうする?

他の社員と積極的にコミュニケーションととってみる

仕事を少しでも長く続けるコツとして、他の社員と積極的にコミュニケーションをとってみることです。

他の社員が忙しくない時、自ら積極的に会話をすることで自分がどのような人物なのか知ってもらえます。

また話をしている他の社員を把握でき、どんな人物なのか知ることができるので会話はとても大切です。

そして自分との相性が良い社員を見つけたら強固な信頼関係を構築することで、気軽に相談することが可能です。(もちろん時間はかかりますが)

何か仕事の悩みが発生した時も気軽に話が行えるので、頼もしい味方として頼ることができます。

仕事とプライベートをしっかりと分ける

仕事とプライベートをしっかりと分けることで、仕事をする時はしっかりと集中し、プライベートの時はリフレッシュできるようになります。

仕事とプライベートが混同してしまうと精神的に休まる時間が無くなったり、ストレスが発生しやすくなるので注意です。

実際仕事が長続きしている人は、仕事とプライベートをしっかりと分けており、お互いに悪い影響を与えないように気を付けています。

自分に最適な仕事の目標を定めること

仕事をする目標を定めることによって、少しでも仕事を長続きできる可能性が生まれてきます。

たくさんのお金を稼ぐ為に仕事をするのもいいですし、仕事をすることでどのような経験やスキルアップをしていきたいのか考えることが必要です。

この時に重要なのが、できる限り達成できそうな目標を定めることで、途中で挫折してしまう可能性を減らすことができる可能性もあります。

そして目標が達成できたら新しい目標を定めることで、目標達成に向かって一生懸命仕事を行えるようになります。

自分の能力を最大限に発揮できる仕事に挑戦

自分の能力を最大限に発揮できる仕事は、これまで仕事が長続きしない人もやりがいを感じやすいです。

また戦力として貢献できるようになるので、少しでも仕事を長続きできるチャンスが出てきます。

とはいえ、自分自身にどのようなスキルがあるのか人によって異なりますし、「自分自身にスキルなんて...」と思う人もいるでしょう。

下記の記事では、スキルアップする方法を記載していますので、もし自分自身にスキルが無いと思う人はご覧くださいね。

仕事を続かない為に起きるデメリット

すぐに仕事を辞める癖がつく可能性

一度くらいならば特に問題はありませんが、短期間で何度も仕事を辞めてしまうと辞める癖がついてしまう可能性があります。

ちょっとした嫌なことがあるだけで、仕事が嫌になり、携わっている仕事を辞めてしまう可能性があるので要注意です。

一度辞める癖がついてしまうと中々改善するのが難しく、悩んでしまうケースも少なくありません。

安定した収入を確保できない

会社員として仕事をすることで安定した収入がもらえますが、仕事が続かないと安定した収入がままならず、生活に苦しむ可能性もあります。

もちろん、貯蓄があったり副業などの収入がある場合には別ですが、本業が会社員であれば、会社が続かないことで経済的な問題が起こりやすくなるのは容易ですね。

スキルアップが非常に難しい

仕事をすることで、貴重なスキルを身につけることができたり、様々な経験を養っていくことができます。

しかし仕事が続かない人は、仕事をすることで成長が難しくなるのでスキルアップが極めて厳しいです。

仕事を続けるメリット

少しずつ成長している自分に気付く

仕事をする前と仕事をしてからある程度期間が経過した後では、能力やスキルに変化が発生しています。

仕事をすることで、様々な能力やスキルを高めることができ、会社で昇給できる可能性もありますし、万が一会社を退職してしまった場合でも、次の職場でスキルを活かせる可能性もあります。

特に仕事の経験値は、仕事をしないと養えない部分なので自分自身の成長に気付きやすいです。

一定額のお金が会社から毎月もらえる

会社員として仕事をしていれば、毎月一定額の給料がもらえます。

また長期間同じ職場で仕事をしていれば、勤続年数や現状携わっている仕事などを配慮して、さらに多くのお金を得られるチャンスもあります。

まとめ

仕事が続かない人は、人間関係を構築するのが苦手だったり、仕事に対して目標が定まっていないことが多いです。

そこで仕事を少しでも続けられるポイントして、積極的にコミュニケーションを取ったり、仕事とプライベートをしっかりと分けるなどが重要です。

もし仕事が続かなかった時のデメリットとして経済的な負担が起こりやすく、辞め癖が付きやすくなるので注意です。

仕事を続けることで安定した収入を確保できたり、仕事に関する能力や経験値を養えるので仕事を続けることはとても大切だと言えるでしょう。

ただ、中には会社で働きたくない人もいるでしょうから、会社員以外の働き方を模索している人は下記の記事をご覧下さいね。

   

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事