こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

社畜つらい...

と思うことは会社員であれば一度は思われたことがあるでしょう。(ホワイト企業以外)

しかし、社畜は抜け出したいと思っていても、

  • 給料が...
  • 上司が...
  • 自分が会社にいないと...

などと思われている人は、もしかして社畜予備軍かも。

とはいえ、正直会社に頼らずとも生きていくことは可能ですし、会社員時代よりも多くのお金を稼ぐことも可能だったりします。

本記事では、そもそもどこからが社畜なのか?を説明しつつ、社畜から抜け出す方法も紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

どこからが社畜?

自分は社畜ではないと考えている人も、実は周りの人から見ると社畜の可能性があります。

そこでどのような社員が周りの人から見て、社畜と思われやすいのか紹介します。

一つでも当てはまる人は、実は社畜として会社に働いている場合があるので要注意です。

たくさんの残業を自慢する人

残念ながら社畜になっている可能性がある人として、たくさんの残業を自慢する人です。

効率よく仕事を実施することができ、一日の無理な仕事量を実施していない人は余程のことがない限り、残業はしていません。

しかし社畜の人は、『残業している人ほど頑張っている!』という認識を持っているので、自分に酔いしれていることがほとんどになります。

すでに他の社員と比べて、多くの残業を実施している人は高確率で社畜になっている可能性があります。

残業を多くすることで、必ずしも会社から高評価される訳ではありません。

また残業を多く実施してしまうとプライベートに悪い影響を及ぼしやすく、会社のいいなりになりやすいので気を付けないといけません。

周りの評価が常に気になっている

社畜の特徴として、常に会社からの評価を気にしており、どのような立ち位置で仕事をしているのか気になりやすいです。

常に会社のことを考えていて、少しでも高評価を獲得したいと考えているのが社畜です。

一般的な人は一生懸命仕事をしながらそこまで周りの評価が気にならないからです。

また気にしなくても仕事で成果を出すことができれば、高評価を得られるので自然と昇給や昇進をしていきます。

しかし社畜の人は、周りからの評価を常に気にしており、少しでも良いポジションで仕事を行って会社に役立ちたいと考えています。

時にはプライベートに悪影響が出てでも、会社の為に働きたいと考えている人は、高確率で社畜になっている可能性があります。

会社の言われた通りに厳しい仕事を実施している

会社は社畜の人に対し、一般的な仕事量を提供するのではなく、無理な仕事量を提供することがほとんどです。

その理由として無理な仕事量を提供しても社畜の場合、文句一つ言わないで、仕事を実施する可能性が高いのが関係しています。

確かに会社から命じられた仕事を忠実に実施していくことは、大切なことです。

しかし無理な仕事量を任された時は、会社の社畜として仕事をするのではなく、時には断ることも必要です。

このように会社の言われた通りに尋常ではない仕事量を任されている人は、残念ながら社畜として働いている可能性があります。

社畜になりやすい人の特徴

会社の無理な仕事に対して断れない人

悪質な会社の場合、一人の社員に対して尋常ではない仕事量を命じてくる場合があります。

一般的な人は、無理な仕事量を命じられた時に断ることができるのですが、社畜になりやすい人は、どうしても断るのが難しいです。

そして仕事を請け負ってしまうことでプライベートの時間が極端に減ってしまい、社畜として働いてしまうので注意が必要です。

現状、他の社員と比べて明らかに仕事量が多かったり、一人ではどうしても行えない仕事を命じられている人は、社畜になりやすいので気を付けないといけません。

悪質な会社の場合、社畜に対して容赦ないので心身ともにボロボロになってしまう恐れがあります。

何の目標を持たないでただ仕事を実施している

仕事をする際、何の目標は持っていない人は会社の言いなりになりやすく、社畜として仕事を行いやすいです。

会社から命じられた仕事を実施するだけになってしまい、会社からすると取り扱いしやすい社員として認識されてしまうので気を付けないといけません。

一見良さそうに見えるかもしれないですがボロボロに扱われてしまい、今後の人生に悪影響を与えてしまい恐れがあります。

目標を持たないことで、とりあえず何でもいいので仕事を請け負うというスタイルが確立してしまい、会社の社畜として扱われやすくなるので注意です。

仕事とプライベートを上手く分けられない人

仕事とプライベートを分けることによって、心身のリフレッシュを行うことができ、効率よく仕事を行えるようになります。

しかし社畜になりやすい人は、仕事をプライベートに持ち込みやすく、プライベートでも会社や所属している社員のことを考えやすいです。

これでは何時まで経っても心身のリラックスが難しく、精神的にも辛い状況になりやすいです。

会社や所属している社員のことを考えることは大切ですが、仕事とプライベートを分けないと大変な状況になる恐れがあるので、気を付けないといけません。

残業に対して全く苦ではない人

残業をすることで自分に酔いしれている人、もしくは多くの残業している自分がカッコいいと考えている人は、社畜になりやすいので要注意です。

残業したからといって、カッコいい訳ではありませんし、必ずしも会社に貢献できている訳ではありません。

たまに残業する分には特に問題ないのですが、常に残業しているとどうしても間隔がおかしくなりやすいです。

特に長期間残業が発生しており、残業に対する感覚がすでに麻痺している人は高確率で社畜になりやすいので、何としても回避しなくてはいけないです。

下記の記事では社畜かもしれない人の特徴をさらに深堀して紹介させて頂いておりますので、併せてご覧ください。

もしかして社畜かもしれない人の特徴12選!社畜のメリット/リスクは?
もしかして社畜かもしれない人の特徴12選!社畜のメリット/リスクは?
2020.2.24
社畜とは、Wikipediaにも記載されている通り、家畜のように会社に飼い慣らされていることから生まれた造語ですね。自分自身もしかして社畜かも? と思っている人は、正直まだセーフです。 というのも、社畜になっている人の特徴は、知らず知らずのうちに社畜になっている可能性が高いからです。 とはいえ、社畜...

つらい社畜から抜け出す方法

無理な仕事量はしっかりと断ることが大切

会社によっては、無理な仕事量を命じてくる場合もあるのですが社畜を抜け出すためには、勇気を出して断ることが必要です。

断ることによって、会社からの評価が下がってしまう可能性もありますが、それと同時に社畜から抜け出せる可能性も発生します。

社畜から抜け出すことによって、無理な仕事を実施しなくなり、プライベートを充実させられるチャンスが発生します。

明らかに無理な仕事だと分かった時は、勇気を出して断ることが非常に重要です。

仕事だけではなくてプライベートを大切にすること

社畜を抜け出したい人は、仕事を大切にしながらもプライベートを大切にすることが大切です。

趣味を増やしたり、休日どのように過ごしたいのか考えることによって、少しずつではあるのですが社畜を抜け出せる可能性が生まれてきます。

プライベートを充実させることで、仕事を定時で終わらせるように努力すれば、いつの間にか社畜では無くなっている場合もあります。

社畜の人は趣味が少なかったり、プライベートに対してどうでもよいと考えていることが多いので、その点を改善することが大切になります。

仕事に対して目標を見つけること

会社に命じられた仕事をただ行うだけではなく、目標を定めて仕事をするだけでも辛い社畜を抜け出せるチャンスが発生します。

目標を定めることによって、自分がどのような仕事を行いたいのか徐々に考えるようになります。

そして会社の仕事に対し、命じられるだけではなく自ら考えて行動できるようになり、社畜ではなく優秀な社員として仕事を行うことができます。

社畜の人は、自ら考える思考が著しく低下しており、会社のいいなりになりやすいので、自ら考えてどんな仕事があるのか考えることが必要です。

将来携わりたい仕事に関するスキルや資格取得

社畜を抜けだすためのポイントとして、将来携わりやすい仕事に関するスキルや資格を取得することが重要です。

高いスキルや資格を取得することによって、優秀な人材として成長することができます。

そして将来は自分が希望している仕事に携わりやすくなるので、見事社畜を脱出できる可能性が生まれてきます。

その人によってどのような仕事に携わりたいのか違ってくるので、よく考えないといけないです。

そして自分が携わりたい仕事を見つけたら時間がかかってもいいので一生懸命努力していき、スキル向上や資格取得に全力を注ぐことが重要になります。

まとめ

社畜の特徴として、多くの残業が発生しても全然苦ではなかったり、常に周りからの評価が気になる人はすでに社畜として働いている可能性があります。

また社畜になりやすい人は、会社から無理な仕事量を命じられても断ることができなかったり、何の目標を持たないで会社のいいなりに仕事をしている人は非常に危ないです。

すでに社畜として仕事をしている人は、会社からの仕事に対して時には断ったり、プライベートを充実させることが大切です。

その他にも目標を持ちながら仕事をしたり、自分のスキルアップのために資格取得を目指すことで、社畜を脱出できる場合もあります。

社畜になってしまうと心身ともにボロボロになりやすく、会社のいいなりになってしまうので気を付けないといけません。

また、プライベートが充実していないと思われている人は、交流会やセミナーなどに参加して、他業種の人と関わることで、今までと違った視点で物事を見つめれるきっかけにもなります。

僕自身『フリーランスの実践場』と題し、オンラインサロン『大人の楽屋』を運営させて頂いていますが、東京都を中心に定期的にセミナーや交流会を開催しています。

詳しくは以下の記事で確認できますが、自分自身社畜から卒業したい!と思われている人には、良いきっかけになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事