今も多くの人が会社で仕事をしているのですがその中には社畜と呼ばれる社員がいます。

社畜は会社のいいなりで働いており、理不尽な仕事も文句一つ言わないで仕事をしている社員のことを言います。

そんな社畜として働いている人は、悩んでいることが多くてなんとか脱出したいと考えていることがほとんどです。

そこで社畜として働くことでどのようなデメリットが発生するのか紹介していき、脱出する方法などもまとめていきます。

社畜から脱出する方法

社畜という立場で悩んでいる人は、少しずつ対策をすることで脱出できる可能性が出てきます。

辛くて悩んでいる人は今すぐにでも実施していき、少しでも良い影響を与えられるようにすることが大切です。

上司や会社の言いなりにならないこと

いきなり社畜から脱出できる訳ではありませんが、少しずつ脱出する方法として上司や会社の言いなりにならないことが大切です。

社畜の特徴として、どんな辛い仕事も引き受けてしまい、上司や会社の言いなりになることがほとんどです。

基本的に社員は上司や先輩からの指示を受けて、仕事をするケースがほとんどです。

正しい仕事の割り振りをしてくれて、安心して働ける上司や先輩もいるのですが必ずしもそういう訳ではありません。

理不尽で辛い仕事をいきなり社畜の社員に依頼してくる時もあるので、注意しなくてはいけないです。

上司や会社の指示はとても大切なのですが指示を受けた時、一度冷静に考えて理不尽な仕事を指示されていないか見極めることが重要です。

社内評価を気にしすぎない

社畜の大きな特徴なのが社内評価を常に気にしています。

高い評価を獲得していないと会社に貢献していないと考えてしまい、全身全霊を込めて会社に貢献したいという気持ちがとても強いです。

一生懸命仕事をするのは大切なのですが、あまりにも社内評価を気にしすぎるのも良くないです。

社内評価を気にしすぎるせいで、辛い仕事をずっと行わなくてはいけないケースが発生します。

自ら社畜として自覚があり、少しでも脱出したいと考えている社員はまず社内評価を気にしすぎないことが求められます。

会社の為にプライベートを削らない

仕事をしている時は一生懸命仕事をすることで、一人の社員として貢献することができます。

しかし社畜の場合は会社のことを常に考えているのでプライベートを犠牲にしやすいです。

特に分かりやすい特徴として、他の人よりも休日出勤や残業発生頻度がとても多いです。

本来休日出勤や残業が発生すると嫌な気持ちが発生するのですが、社畜は嫌な気持ちになるどころか自慢しやすくなっています。

休日出勤や残業が多いからといって、頑張っているとは限らないのでできる限りプライベートを削らないことが社畜脱出の大切なポイントです。

積極性を身につけること

これも社畜の大きな特徴になっているのですが仕事を自ら見つけるのではなく、指示が来るまで待っていることがほとんどです。

すでに会社に飼いならされている証拠になっており、このままでは更に辛い状況に追い込まれる可能性があります。

特に上司や先輩からはどんな仕事でも引き受ける社員として認識されるので、自ら仕事を見つける積極性が重要になります。

休日はできる限り会社や仕事のことを考えない

仕事をしている時は、会社や仕事のことを考えても全然問題ないのですが社畜は休日も会社や仕事のことを考えていることが目立ちます。

本来休日は心身のリフレッシュをしなくてはいけないのですが、会社や仕事のことを考えてしまうと心身のリフレッシュが難しいです。

仕事とプライベートが混同しやすくなっているので、社畜脱出を考えている人は仕事とプライベートをしっかりと分けることが必要です。

社畜であることのデメリット

社畜であることで発生するデメリットは3つになっており、どれも深刻なデメリットになります。

会社だけではなく、周りの社員から社畜として扱われてしまうので、できる限り避けなくてはいけないです。

辛い仕事がどんどん指示される

どんな仕事も引き受ける社畜は、会社や上司にとって使いやすい社員になります。

辛い仕事も指示すれば、問題なく実施してくれるのでどんどんエスカレートしやすいです。

最終的には尋常ではない量の仕事を任されてしまい、心身ともに大きく疲弊してしまうのでマイナス点の一つです。

残業や徹夜が頻繁に発生

社畜であることのデメリットで、残業や徹夜が頻繁に発生しやすいです。

短期間の場合は何とか我慢することができるかもしれないですが、長期間残業や徹夜が発生してしまうと身体や心がボロボロになりやすいです。

深刻な病気を発症しやすくなるので、仕事だけではなくて日常生活にも支障を起こしやすくなります。

昇進が難しくなるデメリット

社畜が昇進してしまうと仕事の指示が難しくなる恐れがあります。

そこで会社は社畜に対し、何時までも役職に就かせないなどの対応を実施する場合があります。

また名前だけの役職に就かせて、これまで以上に使いまわされるリスクが発生します。

社畜として働く場合のリスク

デメリットだけではなく、リスクも発生しているのが社畜の実態です。

3つのリスクが発生しているのですがどれも辛いリスクになっているので、極力社畜として働かないことが望ましいです。

使えなくなったら解雇もしくはリストラ

会社にとって社畜は飼いならしている社員になります。

もはや一人の人間として考えていない可能性があり、もし社畜が使えなくなったら理不尽な解雇やリストラが発生する可能性があります。

厳しい状況になりやすいので、社畜として働くのは好ましくありません。

会社を辞めたらやりがいや生きがいを失う可能性

これまで会社の為に尽くしてきても会社を辞めてしまったら、社畜だった人は一気にやりがいや生きがいを失う恐れがあります。

特に精神的な影響を及ぼす可能性が高いので、これも社畜として働いている時のリスクになります。

上司や先輩だけではなく後輩からも馬鹿にされるリスク

会社のいいように使われる社畜なのですが上司や先輩だけではなく、後輩からも馬鹿にされる可能性があります。

これだけならまだいいかもしれないですがあまりにも酷い場合は、パワハラに繋がる恐れも高いです。

パワハラに巻き込まれてしまうと精神的疾患を発症しやすくなり、今後快適に仕事をすることが難しくなります。

社畜でも自由を得る為に独立起業はできる?

社畜でも自由を得るため、独立起業をすることは全然可能です。

辛い状況を脱出することができ、今度は自らの考えや行動によって色んな仕事を実施できるようになります。

実際に会社員として働いていた時は、社畜になっていた人物もいます。

そこから独立起業をすることで自由を勝ち取ることができ、満足できる働き方を実現している人は多いです。

現状社畜で働いているからといって、独立起業することができないことは決してありません。

起業をするメリット

社畜の人が起業した時に色んなメリットが発生します。

心身に良い影響を与えられるだけではなく、お金の部分に関しても良い影響を与えやすくなるのでメリットがとても大きいです。

仕事のやりがいを感じやすくなる

社畜の時は基本的に上司や先輩からの指示待ちなので、仕事にやりがいを感じにくいです。

しかし起業した時は仕事確保から成果を出すまで全部自分で責任を持って、実施しなくてはいけません。

大変ではあるのですが見事成功することができれば、社畜で働いていた時よりも達成感ややりがいを感じやすくなります。

更なる仕事意欲に繋がるので、これまで以上に仕事に対して頑張る気持ちが発生しやすいです。

周りの評価を気にしないで済む

周りの評価は一切気にならなくなり、一生懸命仕事をすることで多くのクライアントから仕事を獲得しやすくなります。

面倒な人間関係なども一切気にする必要は無くなるので、本来持っている自分のスキルや能力を発揮しやすくなります。

優秀な人材として成長できる可能性

起業をすることになった時、優秀な人材としてアピールしないと色んな仕事に携わるのが難しいです。

そこで向上心が芽生えやすくなっており、事業内容に関する知識や情報を身に付けられるように勉強することになります。

起業前は全然優秀ではない人も起業することによって、見違えるほど成長している人も多いです。

起業で成功するのは決して簡単ではないので、このように努力することで優秀な人材として成長できるチャンスが発生します。

社畜から脱出のまとめ

社畜として働いている人は、会社や上司からいいように使われており、心身に大きな疲労が発生しやすいです。

また使えなくなった時は、遠慮なく解雇やリストラなどに巻き込まれる恐れがあるので厳しいリスクになります。

社畜から脱出するには、社内評価を気にしすぎないことやプライベートを犠牲にしないことが重要です。

また休日は会社や仕事のことを考えないで、ゆっくりと休みに専念するのも大切なポイントになります。

現在社畜で悩んでいる人は、思い切って独立起業するのも方法です。

社畜だからといって独立起業することができない法律やルールは設定されていないです。

起業することで辛い社畜を脱出できるだけではなく、自ら仕事を確保するのでやりがいを感じやすくなります。

起業で成功するには高い技量やスキルが必要になるので、一生懸命勉強していき、優秀な人材として変われる可能性も発生します。

このまま社畜として働き続けることで、色んな辛い状況が起こりやすくなるので気を付けないといけません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事