人の生き方は人それぞれですが、自由な生活を送りたいと考える人は非常に多いです。

しかし、実際に自由な生活を送れている人は少なく、多くの人は自由な生活をしていきたくても様々な理由からできないという人がほとんどです。

このように自由な生活を送ることは非常に難しく、自由な生活を過ごしていくためにはどうすればいいでしょうか。

あなたは自由な生き方を手に入れたいと思っていますか?

本記事では「自由な生き方」について詳しく解説していきます。

自由な生き方』とはそもそもどんな生き方?

自由な生き方と言いますが、自由な生き方とはどういった生き方のことを言うのでしょうか。

まずは、自由な生き方とはどういった生き方なのかを詳しく見ていきます。

自由というのも人によってぜんぜん言葉の定義が異なります。

縛られるものがない生き方

まず自由な生き方として考えられるのが、他人や様々な条件などに縛られず生きていく生き方です。

多くの人は何かしらに縛られており、人によってはそれを不自由に感じる人もいます。

行動を抑制するものが何もなければどんなことも自由に行え、自由に生きられます。

したい仕事をする

したい仕事をすることも自由な生き方の一つです。

小さい頃やってみたかった仕事と大人になってやってる仕事が同じことはほとんどなく、やりたくない仕事をしている人も中にはいます。

そういったことも非常に大切ですが、やはりやりたいことを仕事にすることは自由な生き方をすることだとも言えます。

多くの人が自分のしたい仕事をしているのではなく、やりたくもない仕事をやっていてストレスを感じています。

自由な場所に住む

特定の場所に住むのではなく、自由な場所を選んで住むこと生活することも自由な生き方です。

遊牧民のように季節などによって住む場所を変えるといった生活は、まさしく自由な生き方の典型的な例です。

住みたい地域に住んでそこで仕事をするスタイルです。

好きなことを好きな時にする

好きなことを好きな時にすることは究極な自由な生き方です。

好きなことはやってやりたくないことやらない人は社会から敬遠されてしまいますが、やりたくないことを渋々やってもそれは自由な生き方とは言えません。

自由にやりたいときにやりたいことをするのが究極な自由の楽しみ方です。

お金を気にせず買い物をする

とてつもないお金持ちの人ではない限り、多くの人が値段などを気にしながらお買い物をしていますが、お金を気にしながら買い物をすることは自由とはややかけ離れています。

そのため、お金を気にぜずお買い物をすることは自由な生き方であると言えます。

しかしながら、お金を気にせずお買い物をできるのはごくわずかの人しかできないのが実情です。

理想と現実の違い!サラリーマンだと『自由な生き方』は手に入れれない?その理由は?

サラリーマンとして働きながら自由な生き方をしていきたいと考える人もいますが、理想と現実は大きくかけ離れていることがほとんどです。

ではなぜ、サラリーマンとして働きながら自由な生き方を手に入れることができないのでしょうか。

自分の時間を作りにくい

サラリーマン全員ではありませんが、サラリーマンの多くは残業があったり同僚との付き合いで飲み会に行ったりと自分の時間を作ることが難しい人が多いです。

そのことからサラリーマンは自由な生き方をするための準備をしにくかったりします。

サラリーマンから抜け出すためには、自由になるための勉強やスキルアップをしなければいけません。

さまざまなものに縛られてしまう

サラリーマンとして働いていると様々なことに縛られてしまうため、自由な生き方をできないことがあります。

会社を辞めたくても家庭の事象や経済的な理由、さらには会社の事情などによって自由な生き方を求めて会社を辞めたくてもやめれない人も多くいます。

会社で働きながら自由な生き方をする方法もありますが、サラリーマンとして働きながら新たなことに挑戦するときにぶち当たる壁が意外と多いです。

そのことからサラリーマンをしながら自由な生き方をしたいと理想を抱いていても、実際のところはサラリーマンをしながら自由な生き方をするのは難しいことが多いです。

自由な生き方を手に入れているフリーランスとは?

自由な生き方をしている人の多くはフリーランスとして働いていることが多いですが、フリーランスとはどういった働き方でしょうか。

また、フリーランスとして自由な生き方をしていくためにはどうすればいいでしょうか。

会社に所属しない働き方

まず、フリーランスとは会社などの組織に属さずに自分で仕事を探してこなしていく人のことをさす言葉です。

フリーランスは個人事業主とも呼ばれており、仕事の獲得やクライアントとの交渉、そのほか税金の手続きなどをすべて自分でこなしていく必要があります。

しかし、その分融通が利きやすいため、自由な生き方をしたいという人に適した働き方だと言えます。

通勤も特にありませんので満員電車に乗ることもなくなりますし、朝早くに起きなくちゃいけないという決まりもなくなります。

すべては自分次第

フリーライターになったからといって必ずしも自由な生き方を手に入れることができるわけではありません。

フリーランスとして成功している人ごく一部で、成功している人でも大変な日々を過ごしていた人も多くいます。

最終的にフリーランスとして働きながら自由な生き方をしていけるかどうかは自分次第で、自由な生き方をしていきたいのであればそれ相応の行動と努力が必要になってきます。

フリーランスとして自由な生き方を手に入れるための勉強をしましょう。

自由な生き方を手に入れているノマドワーカーとは

フリーランスと並びノマドワーカーという働き方が注目されており、自由な生き方をしている人の中にもノマドワーカーとして働いている人もいます。

では、ノマドワーカーとはどういった働き方で、ノマドワーカーとして自由な生き方をするにはどのようなポイントに気を付けていけばいいのでしょうか。

場所を決めずに仕事をするスタイル

ノマドワーカーのノマドとは英語で遊牧民を意味する言葉で、遊牧民のように自宅やオフィス以外の様々な場所で仕事を行っていく働き方です。

ノマドワーカーとして働いている人のほとんどが場所を選ばない仕事をしており、パソコン一台あればできる仕事がノマドワーカーとして働くのに適しています。

基本はフリーランスと変わらない

遊牧民のようにさまざまな場所を移動しながら仕事をしていくノマドワーカーですが、ノマドワーカーは基本的にフリーランスと変わりはありません。

ノマドワーカーの中には会社に属している人もいますが、基本的には自分で仕事を見つけてくるためフリーライターとほぼ同じです。

一つ違う点がノマドワーカーは、自宅やオフィスなどの決まった場所ではなく、さまざまな場所で仕事をこなしていくということです。

旅行をしながら仕事をする人も

様々な場所を移動しながら仕事をこなしていく姿を遊牧民に見立ててノマドワーカーと呼ばれていますが、ノマドワーカーの中には旅行しながら仕事をする人も中にはいます。

ノマドワーカーとして働いている人の多くがパソコンが一台あればこなせる仕事をしており、電源やネット環境を確保できれば場所を問わないことが多いため旅行をしながら仕事をすることも不可能ではないです。

しかし、旅行をしながら仕事をしていくことは究極な自由な生き方だと言えます。

自由な生き方を手に入れる為には?

誰もが自由な生き方をしたいと考えていますが、現実的な問題から自由な生き方をあきらめなければならないことが多いです。

では、自由な生き方を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか。

続いては、自由な生き方を手に入れるために重要なことを紹介します。

副業を行う

自由な生き方を手に入れるために、まずは副業を始めてみるのがおすすめです。

副業を行ってお金を貯めてから会社を辞めて自由な生き方をするのもよし、副業から初めて後々にそこからそれを本業にして会社を辞め、自由な生活を送るのもよしと自由な生き方を手に入れるための一歩目を踏み出しやすくなります。

起業する

自由な生き方を手に入れるために起業するのもおすすめです。

起業することによって会社勤めの時代よりも自分の時間を作りやすく、自由な生活に近づきやすくなります。

また、起業した事業が成功して生活してるだけのお金が溜まったら、世界一周したりと自分の好きなことしながら生活できるようになり、まさしく自由な生活を手に入れやすいです。

新しい考え方を取り入れてみる

自由な生活を手に入れたくても将来の不安などからなかなか自由な生き方に踏み出せない人は、新しい考え方を取り入れてみるのもおすすめです。

なかなか踏み出せない人の多くが自由を求めて会社を辞めたりしたら、収入面が不安定になるのではないかと考えたりして一歩目を踏み出せないでいる人が多いです。

そこで新しい考え方を取り入れ、今では様々な方法で仕事ができるようになっていることを踏まえて今までとは違った仕事の形を探し、自由な生き方を目指して一歩目を生み出すためにはどうすればいいのかなどをプラスの思考で考えることも大切です。

一人の時間を確保する

自由な生活を目指すにあたって、自分一人の自由な時間を確保をすることから始めるのもおすすめです。

一人の時間を作れるようになればその時間を自由に使えるようになり、自由な生き方を考えるきっかけにもなります。

とても些細なことですが、自由な生き方をしたいのであれば一人の時間をまずは確保してみてはどうでしょうか。

自由な生き方のまとめ

自由な生き方かどうかは人それぞれですが、何にもとらわれず自分の思うように生きていきたいと考える人は非常に多くいます。

会社という枠にはまらずに、フリーランスとして働いたりノマドワーカーとして働くのも自由な生き方の一つです。

サラリーマンとして働きながら自由な生き方を目指していくのも可能ですが、理想と現実はかけ離れており今の社会ではサラリーマンとして働きながら自由な生活を目指していくことは非常に難しいことです。

自由な生き方をしたいのであれば、勇気を振り絞って最初の一歩を踏み出すことが大切です。

せっかくの人生ですから悔いの残らない日々を過ごしましょう!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事