サラリーマンの中には、自由な時間が欲しかったり、煩わらしい人間関係から解放されたいと考えているも多いです。

また、単調な繰り返しの毎日から刺激的な毎日に憧れも持ち、自分の力を試してみたいと思う人も多いようです。

サラリーマンでいることのリスクの高さや起業したほうがいい理由も解説したいと思います。

実はサラリーマンはリスクが高い?

サラリーマンを続けていると実はリスクが高いです。

それは、業務の内容を選べず、精神的な疾患になる危険も高く、仕事や人を選べないことが理由です。

さらには、仕事そのものが資産とならないためにスキルが身に付かないということも言えます。

また、高収入のサラリーマンほどリスクがあります。

人や仕事が選べない

一緒に働く人が選べないということは、当たり前のようですが、隣の席に苦手な人が移動してきたら一緒に仕事をしていかなければならないです。

そうなると、その苦手な人が移動してくれるのをひたすら待つしかなくなります。

毎日のこととなってくるので、一人のために無駄で嫌な時間を過ごすことになってしまいストレスになりやすいです。

業務内容を選べない

入社したときの志望動機としては、企画や営業などがやりたいと思い入社しても経理など自分の希望していない部署にまわされることもあります。

どの仕事が良いのかという話とは少し違いますが、やりたくない仕事を延々とやっていて、人生に何の意味があるのかと悩む人もいるようです。

精神的な疾患になる危険がある

サラリーマンは基本的に、誰とどんな仕事をするのか選べない分、自分には合わない仕事や業務、自分とは合わない人と仕事を続けている場合に、度が過ぎてしまうと精神的に参ってしまうこともあります。

その結果、精神的な疾患にかかり仕事を辞めざるを得ない状況になることも十分あります。

もちろん回復し職場に復帰できる人もいますが、一度病気になってしまうと、復帰することさえ難しくなるケースもあります。

スキルが身に付かない

日々続けている仕事がスキルにとして残るかという問題もあります。

それは、事務作業であったり単純労働を繰り返さなければならなかったり、部署を転々と移動させられてしまい特定の仕事について深く知ることができないからです。

そんなときに、リストラにあってしまったら突出したスキルがあるわけではないので、転職の面接のときにも専門分野があると言えなくなってしまうからです。

高年収のリスク

一見すると高年収のサラリーマンは良いように思えますが、自営業のように所得のコントロールができないので、そのままの年収を基準として所得税や社会保険料などが計算されてしまうからです。

そして仮にリストラにあったりして失業した場合に、同等の金額をもらえる就職先が少ないのも理由の一つです。

リスクが高いサラリーマンは起業した方が将来的に良い?その理由は?

サラリーマンは安定している分、リストラされたときのリスクは相当高いので将来的には起業した方が良いのです。

起業したほうがいい理由が3つあります。

起業した方が良い理由:サラリーマン時代より成長できる

実際に起業して自分でビジネスを行うようになると、経営者となるので立場が自由になります。

すると、その分責任も増えてはきますが自由で仕事が楽しくなります。

そして自分で行動して、新しい仕事を作っていかなければならないという、サラリーマン時代にはなかった達成感を感じられ成長できます。

また、全てを自分で考えて決断をしていくというところもポイントで成長を促してくれ、成長していく度合いも段違いです。

起業した方が良い理由:仕事が面白くなった

自分で起業していったことで人から色々言われてやっていた仕事が、自分で決心して行動することで仕事が面白くなり楽しくなります。

また、自己決定能力があれば仕事のモチベーションも高い状態が続くので、働くことにやりがいを感じられます。

嫌々仕事をするとか働くのが嫌とかストレスが溜まるとかがなくなります。

「起業した方が良い理由:人のことをしっかりと考えられるようになる」

サラリーマンの頃に考えていた人に対する考え方が変わったと言えます。

上司にゴマをすったり、後輩を褒めて考えていたつもりが結局は保身のために動いてきたとも思えるようで、結果として自分のことしか考えていなかったようです。

しかし、起業してみると他人に支えられて生きていることを実感できて、本当の意味で他人を考えられるようになるのです。

サラリーマンから起業することのメリット

サラリーマンから起業することには不安もありますが、メリットも多くあります。

収入が分散できたり、時間がつくれたり、そして収入が増えるということです。

収入を分散できる

収入が分散できるようになると、気持ちにも余裕が出てきます。

それは一つだけ起業するのではなく、コンビニから居酒屋、Webのビジネスなど多方面で収入が得られることです。

それはサラリーマン時代にはなかったメリットで、一つの会社に縛られることなく、リストラされる可能性や再就職先の不安などが無くなるのです。

収入が分散できることで、色んな業種のビジネスが展開できて毎日が充実できて、結果として気持ちに余裕が出てきます。

自由時間が作れる

サラリーマン時代では、決まった時間に行き渋滞巻き込まれたりや満員電車に乗って通っていたことが無くなり、休みたいときに休め、仕事を人に任せられてメリットになります。

自分で起業すると、自分の時間を自由に使えるというメリットがあります。

自分が遊びたい時に遊んで、集中して仕事をしたい時に仕事をしたり、平日でも土日でも関係なく毎日を過ごすことが出来ます。

家族の時間や友達の時間も好きな人との時間も大切に出来ます。

収入が増えた

起業当時は苦労することも多いのですが、多角化している人の中には、収入が増えるというメリットもあります。

サラリーマン時代では、決まった収入しか得られなかったのにも関わらず、起業すると直接収入に繋がるので収入が増えるというメリットがあるようです。

収入が増えれば老後のことも心配にならないですし、美味しいものが食べれたり、行きたい場所に行けたり、豊富な経験をすることもできます。

サラリーマンから起業するのはサラリーマン時代よりもリスクが高い?低い?その理由は?

サラリーマンから起業するのはサラリーマン時代に比べるとリスクが高いです。

なぜかというと、どれだけ信念を持って社会に価値のあるものを提供できたとしても、場合によっては受け入れられないことがあるからです。

その結果、金銭的に困窮してしまう可能性があるからです。

また、マーケティング能力を身に付けて、社会が求める価値に合わせたビジネスをしたとしても、リスクを補えるという保証はないのです。

サラリーマンを将来的辞めたい人はまずは副業から始めよう!その理由は?

サラリーマンを将来的に辞めたい人は、まず副業から始めるのも一つの手段です。

もしも、副業をしないでそのままサラリーマンを続けていると現状の不満や将来への不安があった場合には大きなストレスとなるからです。

常に将来ちゃんと生活ができているのかを考えているよりは、副業を行って副業で収入が得られるようになってくると、本業の収入に加えた収入が得ることができて安心感を得られます。

もう一つの収入源を持つことで、その副業に魅力と可能性を感じられるようになったら、サラリーマンを辞めて起業するときの良いきっかけにもなります。

また、副業から始めることで、気持ちが楽になる一方で副業には自分で自分の人生を大きく変える可能性が秘められているからです。

結局サラリーマンはリスクを取ってもでも行動した方が良い?その理由は?

サラリーマンはリスクを取ってでも行動した方が良いです。

なぜならば、ある程度人生を生きてくると何事に挑戦するのにも、リスクを背負うことが必要になると分かるからです。

また、チャレンジしてみなければ分からないことがたくさんあります。

二の足踏んでリスクを恐れ行動できずにいると、挑戦ができなくなってしまいます。

挑戦することは、リスクを恐れないで行動することが大切なのです。

また、少なくともリスクを伴いながらも行動することで、最低でも何かしら得られるものが存在するのも事実なのでサラリーマンは行動していく理由になります。

後悔してからでは遅いので少しでも本気になった時に行動しましょう。

リスクを背負わないことが最大のリスクです。

まとめ

このようにサラリーマンのリスクのことについて考えてきましたが、一つの会社に縛られているよりは自分で起業していった方がメリットがたくさんあります。

特に、いつどこで何がどうなるかも分からない時代では、スキルがなかなか身に付かないサラリーマンをしているよりは、自分の可能性を見出だせる仕事をしていった方が良いです。

僕もサラリーマン時代に自分の可能性を見出したいと思い退職をしました。

周りにはサラリーマンを辞めて起業なんてリスクだと思われましたが、僕は人生一回しかないのに挑戦しない方がリスクだと思っていました。

何をしても失敗はつきものなのでリスクを恐れることなく行動していくことが大切にも思えます。

さらには、今まで縛られていた時間からも解放されることもあるので、自分の人生なのですから好きなように自分の時間を使った方が良いと思います。

そして、それが起業することだとしたならば、先々のことを考えて早めに起業していくのも、自分のためになると思いました。

もちろんメリットだけがたくさんあるように思えても、実際は違うことも多々あるとは思えますが、将来的なことを考えれば、自分のやりたいことをやった方が結果は出ます。

また、初めから起業をするよりは副業から始めてみるのも良い方法です。

なぜならば、少しからでも自分の不安が解消されていきますし、起業するときの良いキッカケになるからです。

起業していく際のメリットとデメリットを考えたときには、メリットの方が多いと思いました。

特に人間関係で悩んできた人や、自分が本当にやりたかった仕事ではない仕事をしている人や、金銭面などに不満を抱いている人にとっては、起業して自分の力でチャレンジしていくことがメリットとなり、やりがいのある仕事ができ将来的にも良いように思えます。

サラリーマンでいた方がリスクは少ないようにも思えますが、起業することで前向きになれる人も大勢いると感じました。

さてあなたはどうでしょうか^^?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事