←後藤 剛は今、何位?
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

が語る

”「稼げるビジネスモデル」を探すのではなく、
何をしても稼げる自分」になろう”

こんにちは、後藤です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
成功デキないのはスキルと知識が無いからだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日のお題はコチラ
『起業、個人事業主になって失敗しない為には”知見を得る”ことが大切である。』

「知見を得る」とは、実際に体験をして知識や見聞を深めることを言います。

起業するときに、さまざまな起業に関する本を買い込んで勉強しようとする人もいますが、そういった本からの知識だけではビジネスを成功することはできません。

実際のとこ、起業・個人事業主として成功をしようと思うと、学校や本など以外で学ぶことの方が重要です。

起業家、個人事業主になって大切なことは沢山ありますが、本日は 3つ 紹介しようと思います。

それは、

「取引先と信頼関係を築くこと」
「お金の管理をすること」
「税金について知ること」
です。

取引先から信頼されなくてはお仕事もなく、
利益を上げることができません。

まず最初は小さい仕事でも良いので、
しっかりと確実にこなしていくことが大切です。

特に初めて仕事をくれる取引先は、連絡が来たらする返事をするなど、連絡がつかなくならないようにすることが大切。

個人事業主になるとサラリーマンと違って
「自由な時間」が大幅に増えます。

だからといって生活リズムを夜型にしてしまうと、大事な連絡を昼間受けることができなくなることもあります。

お金の管理も大切です。

取引先に見積もりを出すとき、
しっかりと考えて計算しましょう。

安すぎる見積もりは自分の首を絞めることになります。

アルバイトのような時給なら取引先は喜んで仕事をくれるかもしれませんが、常に安い給料では事業は成功しません。

また、事業を支援してくれる自治体の制度は有効活用しましょう。

サラリーマンとは違い、
個人事業主は確定申告をしなくてはなりません。

確定申告は1年の収入を申告して納税する制度です。

中には収入の中から控除されるものもたくさんあります。

一度確定申告をするとわかりますが、普段からしっかり領収書をまとめることが大切です。

税金はたくさん納めればいいというわけではなく、翌年も事業を続けられるように適正な税金を納めなくてはなりません。

申告漏れがあると追加で課税されることもあります。

初めからビジネスが成功することは稀ですが、一番大切なのは失敗したとしてもそれをバネにし、辞めてしまわないことです。

長く続けることで
得られるものはたくさんあります^^

理想を現実に、不可能を可能へ
皆さん、共に挑戦を重ね、
価値ある未来を手にしましょう!

では、今日はこの辺で。

ビジネススクールバナー 336✕280

VivVtWc0vEvoYlM1453716296_1453716506

応援クリック
してくれたら嬉しいです↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事