こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

どんなに努力しても、どんなに継続して続けていても、どんなに素晴らしい商品だったとしても、なかなか「お金」や「時間」が手に入らない人。

 

そんなあなたはビジネスモデル、商売を見つめ直すべきです。

 

自分の能力・スキル・経験によっても、ビジネスで成果を出すならば欠かせないですが。

 

もう一つ欠かせないことが、
「「ビジネスモデル、商売、起業四か条」」

 

これは僕の尊敬している "ホリエモン” が推奨している 四か条 でもあります。

 

そして、ここ最近多くの人に「どんな事業、ビジネスモデルがいいですか?ぶっちゃけ何でもいいんですよね」とか、「うーん、何が良いのか分からない」などの相談を受けることが多いです。

 

いくら商品が画期的で素晴らしいものでも、自分の利益・会社の利益が出なければ何の意味もありません。

(※ボランティア、社会貢献活動は別としてね)

 

では、早速本題に入っていきます。

 

ホリエモン推奨の起業四か条①利益率の高い商売

 

ビジネスはボランティアではありません。

 

人間が生活をかけて営み、社会に貢献し金銭価値を受けなければ意味がありません。

 

その為には「利益」を作り上げる必要があります。

 

利益率の高い商売とは何か?

「コストパフォーマンス性に優れていること」

です。

 

商売には「コスト」が伴います。当然経費の安い方が利益に還元できるため効率が良いです。

 

避けられぬ仕入れ代などを除き利益を作るためにはどうすればよいか、たどり着くものこそが利益率の高い商売ということです。

 

具体的な商売については、誰もが追求しチャレンジしているもの。

 

ホリエモン推奨の起業四か条②在庫を持たない商売

 

ものを売るとなると、頭を抱えるのが「在庫」です。

 

スーパーへ行くといつでも飲食物があるのは、在庫があるから不特定多数の方へ提供ができます。

 

しかし、陳列する商品が全て売り切れる確証はないため、全て完売まで減価償却できないことになります。

 

また、在庫を抱えるためには、管理するために必要なランニングコストもつきものです。

 

そうなると「在庫を持たない商売」が効率が良いことは言うまでもありません。

 

在庫は物理的に存在する物体です。

 

物理的ではに在庫、それは「人間の知恵」「電子媒体」

 

知恵を使う仕事や資格を活かす、こういったビジネスもまた在庫を抱えない商売の一つです。

 

ホリエモン推奨の起業四か条③定期的に一定額の収入が入ってくる商売

 

運営をすることで収入を得ることのできる商売は、誰しも一度は憧れるものです。

 

代表例は「不動産」ではないですかね。

 

毎月家賃が入ってくるわけですから、定期で一定の収入が入ってくることは間違いありません。

 

不動産の戸数や住民が多ければ多いほど収入は増えます。

 

建物に対する維持費などはかかりますが、定期収入といえば間違いはありません。

 

他にも、専門家としてのコンサルティング等の「顧問契約」などもまた、定期の顧問料収入があります。

 

これは在庫を抱えないビジネスのため、効率が良いといえるわけです。

 

まあ、ここはいきなり誰しも(ビジネス初心者)が出来るわけではありませんが。

 

ホリエモン推奨の起業四か条④小資本で始められる商売

 

知識も使わずに簡単に始められる商売とは何でしょうか?

 

使用機材の代金という意味で出費ゼロは難しいですが、誰にでもできるビジネスは「広告収入」とか。

 

近年大手動画共有サイト「YouTube」が広告収入制度を導入し、成功する「タレント」が増えております。今では「インスタグラマー」などもそう。

 

インターネット環境があれば誰でも始められ、費用はインターネット接続通信料と使用媒体代のみです。

 

僕もインターネット環境が整っていて、接続通信料と媒体さえ持っていれば海外でも何処でも収益を上げることが出来ます。

 

世間から注目されることが収益確保のポイントになるため「センス」が鍵になるビジネスですが、手軽に利益を作り上げることができるため、副業としても注目されている”ビジネスモデル”です。

 

これらを踏まえた上で自分のビジネスモデル、商売を見つめ直してみては?

 

僕がどうしてここまで短期間で成果を上げることが出来たのか、その秘密は「この四か条」にあったりします。

 

「ビジネスモデル+自分の能力・スキル」

 

これを全く考えないで闇雲に「ただ商品が良いから」とか「画期的だから」だけでは、いつまで経っても自分の本来の目標である<お金><時間>を手にすることは出来ないでしょう。

 

起業四ヶ条に該当するビジネスモデルとは?

 

本記事をまとめると、ホリエモンの推奨するビジネスモデルは、以下の起業四ヶ条に該当するものです。

 

1.利益率の高い商売

2.在庫を持たない商売

3.定期的に一定額の収入が入ってくる商売

4.小資本で始められる商売

 

「じゃあ、それに当てはまるビジネスモデルってなんですか?」という疑問が出てくるでしょうが、僕がおすすめするのは『ネットビジネス』です。

 

ネットビジネスは、情報を販売するので原価がほぼ0で、在庫も持つ必要がありません。ビジネスモデルによっては、放っておいても継続的に利益をあげることができます。その上、大掛かりな設備投資はほとんど必要ありません。

 

これほど優れたビジネスモデルは他にありません。ほぼコストをかけなくても、努力次第で月収100万円以上を目指せるビジネスなんてこのネットビジネスくらいです。

 

とはいえ、一口に「ネットビジネス」と言っても、様々な稼ぎ方が存在します。

 

「簡単に稼げる」「片手間で」「自動で楽々」なんて言葉で宣伝しているビジネスもありますが、そのような甘い言葉に釣られれば、ほぼ間違いなく高額の教材を買わされた上、稼げないという末路が待っています。

 

そうした詐欺まがいの業者がたくさんいるのでネットビジネスという言葉自体が怪しい雰囲気を帯びてしまってはいますが…いまだに、普通のサラリーマンが副業で月間50万円稼いだり、主婦が子育てしながら旦那より稼いだりと間違いなく可能性に満ち溢れたビジネスモデルです。

 

では、どうすればネットビジネスを始めてそれだけで生活できるような『勝ち組』になれるのでしょうか?

 

それには、まず「ビジネスの基本」をしっかりと学ぶことです。

 

あなたが高額教材を買わされて「詐欺だ!」と騒いでいるような情報弱者になるのではなく、「あなたのファンです!」とお客様におっしゃっていただきながら月に何十万円も稼げるような起業家になりたいのであれば、まず「ビジネスの基本」を学んでください。

 

そうすれば、あなたは無駄な遠回りをすることもなく、グングンと収益を伸ばしていけるでしょう。

 

「転売が稼げるらしい」「アフィリエイトがいいようだ」と他人の情報を鵜呑みにするのではなく、自分で自分に適したビジネスを見極める能力がつきます。

 

そのビジネスの基本を学ぶための、ビジネス初心者向けの無料メルマガ講座をしています。詳細はこちらから確認できますから、ぜひ無料受講してみてください。起業四ヶ条にのっとった成功確率の高いビジネスで起業する能力が身につきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事