これまでにたくさんの人が起業しており、その中には安定した仕事に加えて、たくさんの収益を出すことに成功している人もいます。

ただし必ずしも成功するわけではなく、残念な結果になっている方もいるのが実態です。

同じ業種、同じ業界でも成功する人もいれば、失敗で終わる人もいます。

全く同じ商品、サービスを扱っていたとしても同じことが言えます。

そこで起業をする際、「向いている人」と「向いていない人」がどのような人なのか紹介していきます。

起業向いている人向いてない人ってこんな人!

起業を向いている人と向いていない人が存在しており、すでに成功している人は向いている性格の人が非常に多いです。

逆に残念な結果になっている人は、残念ながら起業に向いていない人が多いです。

これから起業を考えている人は、向いているのかどうか見極めることが重要になってきます。

起業するのに向いている人ってどんな人?

起業に向いている人は主に6つの特徴が発生しています。

多ければ多いほど起業に向いているので成功する確率を高めることができます。

比較的見極めやすい特徴を持っているので、この6つのポイントが発生しているのかチェックする事が重要なポイントです。

行動力があって積極的な行動を実施できる人

起業で成功するには、行動力は必要不可欠です。

行動力が高ければ高いほど様々な行動を実施する事ができ、ちょっとでも起業した仕事に良い影響を与えることができます。

現在起業して成功している人のほとんどが高い行動力を身につけており、積極的な行動が目立っています。

積極的に行動することで、自らチャンスを呼び込めるケースが非常に多いです。

積極性が高いということは、それだけ起業した仕事に情熱を持っており、前向きに仕事をしている証拠にもなります。

このような状況を続けていけば、最初は中々上手くいかなくても将来は仕事を安定でき、多くの収益を出せる可能性が高まります。

起業の教訓
行動を伴わない期待ほど愚かなものはない。行動をした人のみが成果を手にします。

柔軟な考え方を持っている人

柔軟な考え方を持っている人は、物事をあらゆる方向から見ていくことができます。

現状起業した仕事に問題が発生している場合、色んな角度で分析することができるので、問題点を抽出させやすいです。

そして改善する事で、ちょっとでも起業した仕事に良い影響を与えられます。

その他にも常に同じ仕事の仕方では、残念ながら安定した収益を出せない可能性があります。

そこで一つの仕事方法に執着しすぎるのではなく、柔軟な考え方も持っていれば、色んな仕事方法を見出せるので、安定した収益を出しやすくなります。

そして起業に成功する確率を高められるので、柔軟性はとても大切です。

起業の教訓
自分自身を常にイノベーション、アップデートできることが大切。

精神的に逞しい人

順風満帆に行く時もあれば、悪戦苦闘する時期もあるのが起業です。

特に起業した当初は、中々仕事を安定させることができなくて、苦戦するケースが非常に多いです。

そこで精神的に逞しい人は、このような状況が発生した時もめげずに仕事をすることが可能です。

地道に仕事をしていくことができ、徐々に仕事を安定させられる可能性が生まれてきます。

起業してからどのような状況が発生するのか全く予想することができないです。

あらゆる状況が発生した時も諦めないで仕事をすることができる人は、起業に向いているだけではなく、成功できる可能性も高まります。

起業の教訓
決して負けたくないのであれば、決して諦めない人間に。

新しいスキルや技術を積極的に取り入れる人

既存のスキルが高くても常に新しいスキルや技術が誕生しているのが現代になります。

既存のスキルしか習得していない場合、起業して数年間はなんとかなる可能性があります。

しかし長い間起業を実施できる保証はなく、残念ながら新しいスキルや技術に対応する事ができなくて収益減少する恐れもあります。

そこで新しいスキルや技術に対し、積極的に取り入れる姿勢の人は起業に向いています。

そして新しいスキルや技術を身につけて、一生懸命努力できる人は将来多くの収益やたくさんの仕事を行える確率が高まります。

起業の教訓
好奇心 - いつでも新しいことに興味をもって学ぶ。

目先の収益ではなくて将来的な収益を計算できる人

目先の収益ではなく、将来的な収益を計算できる人は起業に向いている人です。

起業をする以上、少しでも長い間仕事をしていき、安定した収益を出さなくてはいけません。

そこで将来のこともしっかりと考えた上で、収益を出せる人は起業した仕事を安定させやすいです。

目先の収益に捕らわれすぎてしまうと、一時的に収益向上できても将来的に収益が減少する恐れがあります。

その結果、起業失敗という状況を発生する恐れがあるので、それだけは何としても避けなくてはいけないです。

どのような仕事をすることで、将来安定した収益を出せるのか冷静に分析できる人は、起業で成功する確率も高いです。

高いコミュニケーション能力と人脈をどんどん広げたい人

人との繋がりはとても大切で、高いコミュニケーション能力に加えて人脈を広げていきたいと考えている人は、起業に向いています。

コミュニケーション能力や人脈によって、新しい仕事を確保できる可能性が生まれます。

また一緒に仕事をすることで、大きな成果を出すことができ、高額なお金を得られるチャンスも発生します。

その他にもコミュニケーション能力が高ければ、会社を設立して多くの従業員を雇用する会社へと成長した時、自ら積極的にコミュニケーションを取れます。

一人一人の社員に対し、能力や性格を把握できるので適材適所に人材配置しやすくなります。

更に適切な評価をしやすくなるので、優秀な人材流出も防ぐことが可能です。

起業の教訓
ビジネスは1人では成り立ちません。取引先、パートナー、お客様とのコミュニケーションがビジネスの成長に繋がります。

起業するのに向いてない人ってどんな人?

残念ながら起業に向いていない人の特徴として4つのポイントが発生しています。

もしも複数のポイントが当てはまっている人は、残念ながら起業に向いていない可能性が高いです。

起業を検討している人は、起業するのに向いていないのか冷静に見極めることが求められてきます。

柔軟な考え方をすることができない人

一つのことしか考えることができない人は、残念ながら起業に向いていないです。

トラブルやアクシデントが発生した時、一つの考え方にこだわりすぎてしまい、更に状況が悪化する恐れがあるからです。

最悪の状況として、せっかく起業したにも関わらず、起業失敗ということで仕事を行えなくなる可能性もあるので、気をつけないといけません。

精神的に弱くて忍耐弱い人

精神的に弱いだけではなく、忍耐弱い人は起業に向いていないです。

上手くいっている時は精神的な負担が少ないですが残念ながら上手くいっていない時は、精神的なストレスが大きいです。

すぐに仕事を安定させないと仕事だけではなく、生活にも悪い影響を及ぼしてしまうので大きな問題です。

考えている以上に起業は大変で、心身ともに大きな負担が発生するので精神的に逞しくない人には向いていないのが現状です。

すぐに諦めてしまう人

新しい仕事に対し、チャレンジしてもすぐに諦めてしまう人は起業するのに向いていません。

何事にも積極的にチャレンジすることで、新しい事業を安定させることができ、多くの収益を得られる可能性が生まれます。

起業した当初は、仕事や収益が少ないケースも多いのが実態です。

そのような状況が発生してしまい、無理だと諦めてしまうといつまで経っても成功させることができないです。

コミュニケーション能力が乏しい人

コミュニケーション能力が低い人は、起業に向いていなくて新しい仕事を確保する事が難しかったり、人脈を広げることができないです。

また起業がある程度安定して、多くの従業員を抱えた会社として成長した場合、コミュニケーション能力が低いと従業員が不信感を覚えます。

貴重な人材を流出したり、仕事に悪影響を及ぼす恐れが高いので、コミュニケーション能力は重要です。

結局起業・独立に向いている人と向いてない人の一番の違い

起業や独立に向いている人は、目標に向かって頑張ることができ、あらゆる状況が発生しても忍耐強く我慢する事ができる人です。

また積極的な行動も重要で、高い行動力によって、安定した仕事に繋がる可能性も生まれます。

残念ながら起業に向いていない人は精神的に弱かったり、すぐに仕事を諦めてしまう人です。

考え方が一つに執着しすぎる人も問題で、コミュニケーション能力が乏しいと中々起業で成功させるのが難しいです。

まとめ

起業に向いている人もいれば、向いていない人もいるので起業を検討している人は、よく考えなくてはいけないです。

積極的な行動を行い、大変な状況が発生した時もめげずに頑張ることができる人は、起業に向いています。

また柔軟な考え方を持っていたり、高いコミュニケーション能力を身につけている人も起業で成功しやすいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事