あなたは将来的に起業を考えていますか?取り敢えず就職して正社員として働こうと考えていますか?

将来のことを考えて少しでもお金を貯められるように考えている学生はたくさんいます。

そして一定のお金を貯蓄することで、起業できるように努力している学生が現状目立っています。

そんな学生なのですが、就職もしくはアルバイトどちらを選択した方がいいのか悩んでいることも少なくないでしょう。

将来起業を検討している学生は、就職もしくはアルバイトどちらがおすすめなのかメリットやデメリットを紹介していきます。

その他にも仕事をする上でどのような部分に注意しないといけないのか解説します。

起業したいなら就職とアルバイトどっちがおすすめ?

起業するためにはある程度のお金を貯蓄することが求められてきます。

そこで一度就職もしくはアルバイトを実施して、ある程度のお金を貯められるように努力している学生がたくさんいます。

就職とアルバイトなのですがどちらもメリットとデメリットが発生しているので、理解した上で最適な方を選択しなくてはいけません。

就職してから起業する場合

起業する上で必要な能力を習得することができたり、相応のお金を稼げるので就職してから起業を目指す学生も少なくありません。

学生から起業するというよりかは就職後に起業するケースのほうが多いでしょう。

メリット

基本的なビジネスマナーやルールを学ぶことができるのが大きな魅力になっています。

起業したからといって、ビジネスマナーを習得しなくてはいい訳ではありません。

完璧なビジネスマナーを習得できれば、起業した後もビジネスマナーを活かせるのでクライアントに良印象を与えやすいです。

そして仕事獲得にも繋がってくるので、ビジネスマナーはとても重要です。

更にアルバイトよりも就職は、たくさんのお金を稼ぎやすいです。

高い給料に定められている会社に就職することができれば、短期間でも相応のお金を獲得することができます。

これも就職した時のメリットです。

デメリット

就職してしまうと会社を辞めるまでにある程度の期間がどうしても必要です。

会社の事情によっては中々会社を辞めることができなくて、起業するまでの期間が延びてしまう恐れがあります。

その他にも就職した場合、週五日もしくは週六日で働くことがほとんどです。

忙しくなることが多いので、どうしても就職した時は、起業との両立が難しいです。

起業するのであればそちらの勉強も両立しなくてはいけないので、僕は就職をあまりオススメしません。

また魅力的な会社で仕事をしていた場合、その会社に満足してしまって起業する意志が薄くなる恐れもあります。

アルバイトしてから起業する場合

今も多くの人がアルバイトをしながら起業を行っています。

それだけ身近な起業方法の一つとして確立されており、一生懸命アルバイトを行って起業できるように努力しています。

メリット

起業した後も両立が可能になっており、無理なくアルバイトを実施していくことができます。

また起業した仕事内容に合わせて、アルバイトを行えるのも魅力です。

特にシフト制のアルバイトは、その時の状況に合わせて仕事量を選べるので起業した仕事に極力悪い影響を与えないで済みます。

またアルバイトによっては、起業した仕事のスキルを高められる場合があります。

アルバイトで起業した仕事に関するスキルを高めれば、これまで以上に効率よく仕事を行えるので大きなメリットです。

デメリット

就職と比較しても得られる収入が少なくなるケースが多いです。

特に会社設立を考えている人は、少しでも多くお金を準備しなくてはいけません。

アルバイトでは就職よりも給料が少ないケースが多いので、中々貯蓄できない状況が発生する恐れがあります。

デメリットとしてはそのくらいかなと思います。

個人事業主として起業したいならアルバイトでも良い

就職とアルバイトでは、各々のメリットとデメリットが発生しているので悩んでしまう人も多いです。

法人として会社設立をしていき、起業したいと考えている人はたくさんのお金が必要になるので就職が向いています。

もちろん起業するビジネスモデルにもよります。

個人事業主として起業したい人は、アルバイトを選択しても全然問題はないです。

個人事業主として起業する場合、そこまで高額なお金を請求されることはないので。

またアルバイトならば、仕事が安定するまでお金を確保できるので両立させやすいです。

そして起業した仕事が安定したら少しずつアルバイトを減らしていけばいいので、どちらかというとアルバイトは、個人事業主に向いています。

あとは、貯金が少しでもあってインターネット系の費用がかからないビジネスであれば、アルバイトの方がいいかなと思います。

将来起業したい時に注意すること

起業したいことを将来考えている人は、就職もしくはアルバイトで仕事をする時に色んな部分に注意しないといけないです。

意識をちょっと変えて仕事をするだけでも有意義な時間を過ごすことができ、起業に必要な能力や状況などを見極められるようになります。

優秀な先輩や上司にスキルを教えてもらうこと

会社によって優秀な先輩や上司が在籍しており、今も貴重な戦力として働いています。

そんな先輩や上司に色々と教えてもらうことができれば、最初は優秀じゃなくても少しずつ優秀な人材として成長できる可能性が生まれます。

そして教えてもらったスキルを起業に活かせば、効率よく仕事を行いやすくなるので満足できる成果を出しやすくなります。

ここで重要なのが優秀な先輩や上司に教えてもらうことになります。

残念ながら優秀な先輩や上司がいる中、評価が残念になっている先輩や上司もいます。

このような人物に教えてもらっても効率よくスキルを吸収できないので、できる限り避けなくてはいけません。

就職やアルバイトをすることで、どのような先輩や上司が優れているのか把握できるので、その人に色々と教えてもらうことがポイントです。

社長の一日を徹底的にチェックして理解

社長は色んな仕事を行っているケースが多く、中々見かけられないことも少なくありません。

そんな社長に対し、一日どのような仕事をしているのかチェックすれば起業した時もそのスケジュールを参考にできます。

優秀な社長の場合、目標として掲げることもできるので少しでも満足できる起業を行いやすくなります。

仕事をする上でどのような不満点が発生しやすいのか確認

スムーズに仕事を行えている環境でも実は不満点が発生していることがほとんどです。

その不満点を解消しない限り、快適に仕事をすることが難しいです。

これも就職やアルバイトを実際に行わないと分からない部分になるので、貴重な経験ができます。

この時に人間関係や過酷な残業など発生しやすい不満点を把握しておけば、起業後に色々と活かせるようになります。

特にある程度の従業員を雇う会社として成長した場合、貴重な人材を失わないで済むようになります。

起業後は基本的に上の立場で仕事をすることになるので、仕事をする上でどのような不満点や苦労が発生しやすいのか理解すれば、従業員からも慕われる起業者として認められやすくなります。

優秀な先輩や上司はどのような特徴を持っているのか徹底的に把握

どの会社やお店にも優秀な先輩や上司はいます。

そこで高い評価を獲得している先輩や上司は、どのような特徴を持っているのか冷静に分析することがポイントです。

素早く仕事を行っているだけではなく、コミュニケーション能力に長けていたり、危機管理能力が優れているなど様々な特徴があります。

また優秀な先輩や上司は、陰ながら努力している場合もあり、もっと貴重な人材として活躍できるように努力しているかもしれません。

あらゆる特徴を理解すれば、起業する時も同じように仕事をすることで、少しでも良い成果を出しやすくなります。

ただ先輩や上司から話を聞くだけではなく、盗める技術やスキルは積極的に盗んで自分のモノにすることが重要です。

まとめ

起業するには少しはお金が必要なので、就職もしくはアルバイトを選択する学生がとても多いです。

就職はたくさんのお金を稼げたり、ビジネスマナーを習得できるなどのメリットが発生しています。

しかしデメリットで起業の両立が難しかったり、状況によっては起業する意志が薄くなる恐れがあります。

アルバイトのメリットは起業した後も両立させやすく、無理なく働けるのが強みです。

デメリットは得られる収入が少ないので、起業するために必要なお金を貯蓄しにくいです。

このようなメリットとデメリットが発生しているので、一度考えてから就職やアルバイトを検討することが必要です。

また仕事をする時は、優秀な先輩や上司から教えてもらったり、仕事をする上でどのような不満点が発生しやすいのか見極めながら仕事をすることが大切になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事