過去においては紙媒体での執筆が中心であったライターの仕事は、インターネットの発達によって、ウェブ上の様々なメディアやサイトに記事を執筆することが可能になりました。

その結果、ライターの仕事は飛躍的に拡大しています。

ウェブ関連では、知識や経験に関わらず誰でも記事執筆の仕事を得ることが可能になった点も大きなメリットです。

ウェブメディアには、大手のメディアから個人的なアフィリエイトサイトまで実に多くのものが存在し、文章の需要が増している現状があります。

このような環境を背景に、文章を作るライターの仕事は活躍する機会が豊富です。

また、ライターという仕事は、仕事場所にとらわれないノマドワーカーとしての相性もいい職種です。

ライターとはどんな仕事?

ライターの仕事は、本格的な執筆活動から簡易的なものまで様々なスタイルがあります。

本格的なものであれば、紙媒体やウェブメディアから依頼を受け、その依頼内容に基づいた記事を書くことが代表的です。

例えば、自分で取材活動を行い、得た情報で文章執筆を行うような本格的なスタイルです。

企業やメディアに所属して活動する人もいれば、フリーランスとして様々な媒体に記事提供を行う人もいます。

一方、ネットでクラウドソーシングのサービスに登録して、そこから記事作成を行うこともできます。

クラウドソーシングは、仕事の発注者と受注者の間を取り持つサービスです。

企業や個人の依頼者は、クラウドソーシングを通じて発注し、そこに登録しているライターが記事作成を請け負う形になります。

発注者と受注者が打ち合わせを行って記事作成を進める形式もあれば、特に相互の打ち合わせが必要なく、すぐに記事作成を行うことができるものもあります。

作成された記事は、企業のウェブサイトや個人のアフィリエイトサイトなどに掲載されます。

ノマドワーカーとライターの仕事の相性は良い?

ノマドワーカーとは、様々な場所を仕事場にする自由な働き方をしている人を示す言葉です。

ライターの仕事は基本的にパソコンやスマホがあれば場所に関係なく行うことが可能であり、ノマドワーカーの働き方とも合致しています。

会社という場所に縛られず、自宅やカフェなど、様々な場所に移動して仕事ができることはノマド的な働き方と相性の良いスタイルです。

ライターは、インターネットの検索を使って情報収集をすることも多く、ネットが通じる環境であれば仕事を成立させることが可能です。

もちろん取材活動が必要な場合は、現地に赴いて情報収集を行いますが、この点も色々な場所を仕事場にできるという観点から考えればノマド的な働き方です。

ノマドワーカーとライターの仕事は実に相性の良い関係にあります。

ライターに必要なスキル

ライターの仕事が多岐に及んでいる現在では、基本的にどのような人でもライターとして活動することが可能です。

もちろん、一定のスキルが必要なのは言うまでもありません。

ここでは必要なスキルを3つ書いてみましょう。

的確な文章作成技術

ライターの仕事は単に文章を書けばいいというわけではありません。

依頼者が納得するレベルの文章を完成させる必要があります。

日本語として破綻をきたしていない文章はもちろんのこと、矛盾のない文章展開や、読者から見たわかりやすさが必要になります。

一定の文字数の中で、目的に合致した文章をまとめる力も必要です。

正確な情報収集能力

スピーディーで正確な情報収集能力も必要になります。

特にインターネットは情報の宝庫であり、正確性の高い情報から不正確な情報まで様々なものが氾濫しています。

インターネットの検索を利用して記事を執筆する場合は、多くの情報の中から正しい情報を見極める力も必要です。

信頼のおけるサイトから情報を得たり、一つではなく複数のサイトから情報を集めたり、比較することも大切です。

自分の専門分野であれば執筆活動はスムーズにいきますが、そうでない分野の場合は情報収集に多くの時間を割く必要があります。

記事作成は、参考にした文章をリライトすることではありません。(コピペは駄目)

自分の知識に落とし込み、自分の文章として作成する力が必要です。

そのためには、しっかりした情報の理解力も必要になります。

ですので自分が好きな分野、得意な分野の執筆を受けるのがいいでしょう。

コミュニケーション力

文章作成は単身作業であるため、一見したところではコミュニケーション力は関係ないように思われる場合があります。

しかし実際は、コミュニケーション力は欠かせないものです。

編集者や依頼者と打ち合わせが必要な場合は、相手が意図することをしっかり聞いて理解し、不明な点はその都度確認するなど、コミュニケーションが必要になります。

取材活動を行う場合は、取材相手に対する聞き取りや話の仕方など、相手に決して不快感を与えずに気持ちよく会話できる雰囲気を作ることも大切です。

ライターのスキルが身に着いたらメディアのディレクターにもなれる?

メディアを運営するディレクターは、ライターに対して記事の執筆依頼を行う役割を担っています。

ライター側に記事のコンセプトを正確に伝え、目的に合致した内容を執筆してもらう必要があります。

記事依頼をしても意図と違ったものが完成すれば、その記事は使うことができず、時間や労力の損失です。

ライターにも得手不得手があり、それぞれに技術の差もあり、ディレクターはそれを見極める力も必要です。

自分が実際にライターとして経験があれば、ライターが十分に能力を発揮するためには何が必要かについて体験的に学んでいます。

ライタースキルのある人がメディアのディレクターになれば、ライターとのコミュニケーションもスムーズにでき、順調なメディアの運営に役立つ期待ができます。

ライター活動から、今度はライターをマネジメントする立場のディレクターになることも可能です。

メディアに所属しライターの仕事をしていた人が、その経験を活かしてディレクターの仕事を行うケースもあります。

そもそもノマドワーカーになるメリット

ノマドワーカーになるメリットには様々なものがあります。

3つの点からそれを書いてみましょう。

場所に束縛されない

特定の場所に束縛されることなく、自分の時間を自分で管理したい人にとって、ノマドワーカーは魅力的なスタイルです。

一つの場所で仕事をすることが苦手な人にとっても、様々な場所を渡り歩くノマドワーカーであれば日々の仕事が楽しくなる可能性があります。

仕事に対して自由度を感じることもできます。

職場環境に左右されにくい

職場であれば自分が取り組んでいる仕事以外にも、急なアポイントメントがあったり、会議が開催されたりするなど、色々なことが起こりやすい環境にあります。

多くの同僚が机を並べて仕事しているため、人間関係にも気を使う時があるでしょう。

しかしノマドワーカーであれば、職場の中ではなく外部環境で仕事をするため、職場状況に左右されにくい面があります。

もちろん企業に所属している場合であれば、その企業の一員として活動しているのは当然ですが、日々の仕事を自分のペースで行いやすくなります。

単調なリズムから解放される

職場で勤務する場合は、起床時間や通勤時間、出社から退社まで同じリズムを毎日繰り返しています。

そのため単調になりやすく、クリエイティブな発想にとって妨げになることもあります。

ノマドワーカーの場合は、自分の選択で様々な場所に訪れることが可能であり、刺激を得ることによって新鮮な発想が可能になる期待もできます。

リズムを自分で変えることができるため、単調から逃れることもでき、自分から様々な仕事を積極的に行っていきたい人にとってメリットがあります。

ノマドワーカーは副業でもなれる?

ノマドワーカーという働き方は、副業でも活用することができます。

ライターやウェブデザインの仕事など、ノマドワーカーに適した副業は各種存在します。

職場に勤務している場合は職場のルールに従う必要がありますが、余暇時間の副業であれば自分の裁量で行うことができます。

カフェや喫茶店、公園や移動時間など、色々な場所を副業としての仕事に使うことも可能です。

副業の場合は本業をこなしながら行うため、モチベーションの維持も重要です。

自宅での作業が単調になった場合でも、様々な場所を利用することで気持ちの維持にプラスになっていくでしょう。

これからノマドワーカーとして仕事をしていきたい人におすすめのサイト3選

ノマドワーカーとして仕事をする場合には、クラウドソーシングに登録すればすぐにでも仕事を受注することができます。

初心者が仕事や副業を見つける点においても最適です。

クラウドソーシングのサービスを提供している業者は複数存在し、それぞれに特徴があります。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスは知名度が高く、掲載案件が多種多様で豊富な点に特徴があります。

専門的な技術を持つ人に適した仕事や、特にそういったものがなくても取り組める仕事まで幅広く受注できます。

ライティングはもちろんのこと、多くの種類の仕事が募集されています。

初心者からベテランまで、様々な層が活躍できるクラウドソーシングです。

案件の形式も、タスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式と種類に分かれており、自分の希望に応じて選ぶことが可能です。

高単価の案件も充実し、稼ぎたい人にとっても利用価値が高く、また手頃に取り組みやすい案件も豊富なため、ちょっとした副業にも適しています。

ランサーズとは?

ランサーズは代表的なクラウドソーシングの一つであり、クラウドワークスと同様に知名度が高く、掲載案件の多い点が利用のメリットです。

仕事の種類も幅広く、様々な単価の仕事を取り揃えています。

また、信頼性の高いランサーを認定する制度や、AI判定による仕事ランクなど、積極的に新しい機能を導入している点も特徴です。

サグーワークスとは?

サグーワークスは、記事作成サービスが充実しており、ライティングの仕事を行いたい人向けのサービスです。

記事は800字以下の短いものから、1000字から8000字の長いものまで、様々な案件に取り組むことが可能です。

本格的なライティング案件がありますが、高単価な案件の作業をする場合はテストに合格する必要があります。

クラウドワークスやランサーズでは報酬に関して現金支払いですが、サグーワークスはポイントとして支払われます。

ポイントは現金やギフト券などに交換可能です。

ノマドワーカーのライターのまとめ

ライターという職種は、ノマドワーカーにとって取り組みやすい仕事の一つです。

継続して一定量の執筆をこなすためには、記事作成に対する興味を持続することが必要です。

記事執筆というある面では単調な作業も、ノマドワーカーのように環境を変えることによって、執筆意欲を持続させていくことも可能です。

ノマドワーカーの利点を活用してライターの仕事に取り組むことは、メリットの大きい方法です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事