こんにちは。

live a life you will remember
どうせこの世を去るんだ、記憶に残る人生を送ろう。

後藤(@tsuyoshi.0501)です。

 

昔から現在に至るまで多くの人が会社に在籍しており、出社して仕事をしている状況です。

そして仕事を実施することによって、安定した収入を確保することができ、生活を行えるようになります。

ただし人によっては、会社に行きたくないと考えてしまう人もいます。

結論から言えば、会社を辞めたいと思っているなら、辞めても良い。というのが僕の結論です。

とはいえ、会社を辞める際に後ろ盾が無い状態で辞めてしまうリスクを感じる人もいるでしょう。

本記事では、なぜ会社に行きたくないのか?の原因や、会社をいきなり辞めるとどうなるのか?などを紹介しています。

最後には、『フリーランス』についても触れていますので、ぜひ今後の参考にして下さいね。

なぜ会社に行きたくないのか?

会社に行きたくない理由は、人によって大きく異なっています。

今は特に問題ない人も事情によっては、会社に行きたくなくなる可能性があるので、注意しましょう。

その中でも主に5つの理由が会社に行きたくない理由になりやすいので、詳しく説明していきますね。

劣悪な人間関係が悪い影響を及ぼしている

会社に行きたくない理由の一つで、劣悪な人間関係によって会社に行きたくない人はたくさんいます。

会社の規模によって、どのくらいの社員が在籍しているのかは異なっていますが、基本的に他の社員と協力しながら仕事をしないといけません。

その中には、上手くコミュニケーションを取れない社員や自分勝手な社員など、実に様々ですね。

このような社員が多い会社は、劣悪な人間関係になりやすいのでどうしても会社に行きたくなくなります。

また、パワハラやセクハラをしてくる先輩や上司がいる場合、会社に行きたくない気持ちが高まります。

多くの会社が人間関係の問題を抱えており、会社に行きたくない人を生み出している状況とも言えます。

過酷な労働環境の影響で会社に行きたくない

毎日終電近くや深夜まで残業を行っている会社も存在しており、このような会社に所属している社員は会社に行きたくない気持ちが出やすいです。

出社しても残業が発生してしまい、深夜まで一生懸命仕事をしなくてはいけないので、気持ちがマイナスになりやすくなります。

短期間なら何とか我慢することができるかもしれないですが、長期間このような状況が発生している会社は、多くの社員が会社に行きたくないと考えている可能性が高いです。

逆に残業がほとんどなくて、快適な環境が保たれている会社は会社に行きたくない気持ちが発生しにくい傾向にあります。

仕事に対してモチベーションが向上しない

会社の仕事に対し興味がない。もしくは、自分に向いていないと感じた場合、かなりの確率で会社に行きたくない気持ちが出てきます。

楽しくない仕事を実施する場合、人間は長い時間を感じやすく、苦痛になりやすいのが原因です。

また、仕事が自分に向いていない場合、無理やり実施している可能性があります。

モチベーションが上がらないことで、会社に行きたくない気持ちが出ている人もたくさんいるのが現状です。

精神的な問題によって会社出社を拒否

近年会社に行きたくないと思う理由の一つで、急激に増えているのが精神的な問題です。

特にうつ病を発症してしまうと仕事に対して完全にやる気がなくなってしまい、会社に行きたくない気持ちが強くなります。

無理やり会社に出社した場合、うつ病によって本来のパフォーマンスを発揮することができなくて周りに迷惑をかけてしまう恐れも出てきます。

このことは、大きな問題になっており、精神的な病によって、会社に行きたくない人が非常に増えています。

給料や自分の評価に満足していない

一生懸命仕事をしているにも関わらず、給料が上がらない人はたくさんいます。

そこで真面目に仕事をしても給料が上がらないので、結果的に会社に行きたくないと思う人もいます。

その他にも会社内の評価に満足することができなくて、会社に行きたくない人も実際にいます。

会社に行きたくないと思っても行かないといけない理由

会社に行きたくないと思っている人でも事情によっては、出社しなくてはいけない場合もあります。

様々な理由によって、どうしても会社に行かなくてはいけない状況が発生するので、行きたくない気持ちを克服しないといけません。

ではなぜそれでも会社にいかなければならないのか?

見ていきましょう。

安定した収入が無くなってしまうので出社

有給休暇が残っている人は、有給休暇を使うことで休んでもお金を獲得できます。

しかし、有給休暇を全て使ってしまった人は、休んでしまうとその日のお金を獲得することができません。

安定した収入を得ることができなくなり、あまりにも休みすぎてしまうと日常生活に支障を起こす恐れが出てきます。

お金のために仕方なく出社している人がたくさんいて、何とかモチベーションを向上させられるように頑張っています。

出社しないと仕事がどんどん溜まってしまう

貴重な会社の戦力として貢献している人は、多くの仕事を任されるケースがほとんどです。

もし、このような人物が出社したくない気持ちが出てきた場合、会社に行かないことでどんどん仕事が溜まるので注意です。

自分だけではなく、会社にも多大な迷惑をかけてしまうので、致し方なく会社に出社している人がたくさんいます。

大事な会議や打ち合わせなどが発生

大事な会議や打ち合わせが当日にある場合、基本的に会社を休むのは難しいです。

もし会議や打ち合わせに出ることができなかった場合、会社や取引先の大切な話を聞くことができません。

仕事に悪い影響を及ぼすだけではなく、深刻な場合は所属している会社が大きな損失を被る可能性が出てきます。

会社に行きたくないという気持ちが出てきても大事な会議や打ち合わせがある時は、無理にでも出社する人がほとんどです。

会社をいきなり休むとどうなる?

どうしても会社に行きたくない気持ちが強くなりすぎてしまい、いきなり会社を休むと様々な影響を及ぼします。

いきなり会社を休みたいと考えている人は、どのような影響を及ぼすのか理解した上で実施しなくてはいけません。

周りからの評価が一気に下がるので注意

これまで一生懸命仕事をしてきた人もいきなり会社を休むことによって、周りからの評価が下がりやすくなります。

一度くらいなら致し方ない部分もありますが、何度も繰り返し実施してしまうと他の社員との信頼関係が崩壊します。

仕事がしにくくなるだけではなく、更に出社しにくくなるので注意しないといけません。

有給がない場合は休んだ日の給料を得ることができない

いきなり会社を休むことによって、すでに有給を使い果たしている人はその日の給料を貰うことができません。

毎月安定した収入を得ることができても、いきなり会社を休みすぎてしまうとこのように獲得できる収入が激減します。

またいきなり休む人に対し、会社はシビアにチェックするので他の人と比べても昇給や昇進などが難しくなります。

仕事がどんどん蓄積されていく可能性

他の社員も実施できる仕事ならいいのですが、その人しか実施できない仕事の場合、仕事がどんどん蓄積されやすいです。

いきなり会社を休み、次の日に出社した時は信じられない量の仕事を行わないといけない可能性が出てきます。

それによって残業しなくてはいけなくなり、心身ともに疲れやすくなるので悪循環が発生するリスクもあります。

会社を辞めたいと思うなら辞めても良い?それとも続けた方が良い?

会社に行きたくないと思う人は、会社を辞めたいもしくは続けた方がいいのか悩みやすいです。

最終的な判断は自らしなくてはいけないので、会社を辞めた方がいいのかもしくは続けた方がいいのかよく考えることが重要です。

精神的な病を発症した時は辞めるもしくは職場復帰を検討すること

精神的な病を仕事によって発症した場合、無理に仕事を行ってしまうと更に症状が酷くなる恐れがあります。

このまま無理してしまうと仕事に悪影響を及ぼすだけではなく、生活にも悪い影響を与えるので、注意しないといけないです。

もし、精神的な病を発症した場合は、無理をしないで会社を辞めるもしくは一時的に休職することが必要です。

そして、病を克服してから無理せず仕事をすることで、高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

精神的な病は、最悪のケースとして命に関する問題に発展するので無理は厳禁です。

ただ、精神的な理由で会社を退職する場合、失業保険とは別に社会保障制度を利用できる場合があります。

社会保障制度とは、失業保険に似た、退職後に受け取れる手当のことですが、失業保険よりも受給期間が長いケースが多いです。

詳しくは僕が運営している大人の楽屋の記事で紹介していますが、知っていると知らないとでは、大きな違いがありますので、ぜひこの機会に見ておいてくださいね。

退職前にしてくる嫌がらせが酷い!?なぜしてくる?退職前に知っておきたい社会保障制度とは?

満足している部分が複数あるのなら辞めない方が無難

どのような特徴が発生している会社なのかそれぞれが違っており、嫌な部分もあれば、魅力的な部分も存在しています。

そこで人間関係が良かったり、高い給料が魅力など満足している部分が複数あるならば、会社を辞めない方が良いです。

現状悪い部分が目立っており、会社に行きたくない気持ちが発生しているかもしれないですが、今後一気に改善される可能性を秘めています。

あまりにも悪い部分が目立っている時は、上司や管理職に報告して現状を伝えることが重要です。

仕事に対して全くモチベーションが向上しない時は会社を辞める

すでに仕事に対して全然興味が出てこない。もしくは、自分に全く向いていない場合、無理に仕事をしても苦痛になりやすいです。

このままでは無駄な時間を過ごしてしまう恐れがあるので、思い切って会社を辞めるのも一つの手段です。

正直、仕事にも様々な事業を実施している会社が様々な地域に存在しています。

その中でも、興味や関心を持った会社に転職することで、以前とは違って高いモチベーションを維持しながら仕事を行えるチャンスが発生します。

まとめ

会社に行きたくない理由として、人間関係や給料の他に仕事や環境など様々な理由で発生します。

また会議や打ち合わせなどの理由によって、どうしても出社しなくてはいけない時もあります。

もし会社をいきなり休んだ場合、人間関係や給料に悪い影響を及ぼす恐れがあるので注意です。

会社に行きたくないことで、辞めるべきか続けるべきか悩んでいる人は、よく考えることが必要です。

とはいえ、会社員であるメリットがある一方、自由な時間がないなどのデメリットを感じている人もいるでしょう。

近年では、フリーランスという働き方もあり、自分の好きなことを生かした働き方もあります。

僕自身が運営している大人の楽屋では、『フリーランスの為の実践場』と題し、

  • フリーランスとなってお金を稼ぐにはどうすれば良いのか?
  • 自由な生活を手に入れるにはどうしたら良いのか?
  • 自分自身の好きなことを生かして仕事をするにはどうすれば良いのか?

など、実践を踏まえたオンラインサロンを運営しています。

すでに多くの人がオンラインサロンを通して独立しており、ほとんどの人が元は会社員からのスタートです。

例え将来独立する気が無くても、仕事に生かせることは様々ありますので、ぜひこの機会に見て見て下さいね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事