学校を卒業して就職を決めたら定年までひとつの会社で働き続ける、というのはすでに過去の話。

終身雇用の神話が崩壊してしまった現在、ひとつの会社にしがみつくのは賢い選択とはいえません。

ミスもなくまじめに働き続けていてもいつ会社の都合で解雇されるかわからないですし、会社側から社員を大切にするという風土が失われつつありますから、便利ないい人材として都合よく働かされるだけで報われない可能性もあります。

働き方に対する関心が高まる中、自由な働き方に注目が集まっています。

会社に縛られない自由な働き方が実現すれば大切な人生を会社の都合に振り回されることはなくなります。

仕事の内容や量に合わせて自分自身で働く場所や時間を選ぶ、そんな自由な働き方は夢ではありません。

すでに自由な働き方を実現して人生の可能性を広げるのに成功した人は大勢います。

将来を豊かにしてくれる自由な働き方について考えてみましょう。

自由な働き方ができる仕事の種類

自由な働き方はとても魅力的ですが、すべての仕事に当てはまるわけではありません。

仕事によっては特定の時間に特定の場所にいなければならないことも多く、自由な働き方とはなじまない職業は多く見られます。

自由な働き方を目指すのであればまずは自由に働ける可能性の高い職業、職種を見つけることから始めましょう。

フリーランスとはどんな働き方?

自由な働き方が出来る仕事として最初に頭に思いうかぶのがフリーランスという働き方です。

フリーランスとは特定の起業や団体に雇われない働き方の総称で、個人事業主や個人経営の企業法人などが当てはまります。

個人の能力や才能をいかして働くフリーランスは自由度が非常に高く、働く場所や時間などあらゆる要素を個人の判断で決定できます。

能力が高ければ雇われて働くよりも高収入を得ることも可能で、才能を制限されることなくフルに発揮して働きたい人にピッタリの働き方です。

自由な働き方が実現するフリーランスの仕事として代表的なものが「クリエイティブな仕事」です。

何かを作り出すことで対価を受け取るクリエイティブな仕事は、とにかくはっきりとした形で成果を上げることがよしとされる仕事です。

仕事の契約でも求められる成果をきちんと形にすることを第一に求めらます。

逆にいうと成果さえ出せば仕事の過程や働き方について問われることが少なく、自由な働き方でも確かな成果を出していれば仕事として続けられる可能性が高い職種です。

クリエイティブとひとくちにいってもいろいろありますが、中でも自由に働ける可能性が高いのがIT系の仕事です。

プログラマやデザイナーなどIT系の仕事は納期までに求められた成果を挙げることが重要視されます。

仕事の性質上パソコンとネット環境さえあればどこでも作業できるため、職場に出社せず自由に場所を選んで働くことができます。

打ち合わせやプレゼンなどはありますが、大部分の作業は自由な環境でも問題なくこなせます。

その他芸術系、芸能系の仕事もフリーランスの多い業界です。

個人の才能に依存する芸術系、芸能系の仕事は代わりとなる人材が少ないのでフリーランスでも直接仕事の依頼を受けることが比較的容易です。

安定した収入を得るには高い才能が要求されるためハードルは低くありませんが、1流と呼ばれるクラスになると1年働いて1年休む、というような極端に自由な働き方も夢ではありません。

ノマドワーカーとはどんな働き方?

近年注目を集めているのがノマドワーカーという働き方です。

ノマドワーカーとはオフィスに縛られずに働く人の総称で、パソコンやスマートフォンを駆使してカフェや公園など自由に働く場所を選びます。

元々の語源は遊牧民を意味する英単語「Nomad」で、草を求めて移動生活する姿になぞらえてノマドワーカーという呼び方が定着しました。

ノマドワーカーというのは働き方を指す言葉なので起業に雇用されていてもノマドワーカーと呼ばれる働き方をしている人も存在します。

会社に出社するのは定例の報告会や会議があるときだけで後は自由な場所で働く、というような雇用形のノマドワーカーは多く見られます。

ノマドワーカーに向いている職業としては、外回り専門の営業マンやコンサルタントが挙げられます。

営業マンは職務の性質上オフィスで働く時間が短く、業務のほぼ大半は出先でこなします。

顧客周りの間に車の中で書類作成などの仕事をこなし会社に行くのは出社と退社の時だけ、というのは営業マンとして珍しいものではありませんが典型的なノマドワーカーです。

企業経営にアドバイスや戦略を提供するコンサルタント業務は特定のオフィスを必要としません。

コンサルタント会社に所属して働く人も顧客とのやりとりは電話とネット環境さえあればいいので、場所を選ばず自由に働けます。

文書関係の仕事も自由に働けるノマドワーカー向きの仕事です。

作家やライターなど文章を執筆する仕事は決まった職場で働いていない人が珍しくありません。

取材で出かけることは多く、帰社する時間を惜しんで出先で現行の執筆をする記者の姿はごく一般的な光景です。

ネット経由で仕事を受注するライターの場合は、クライアントと一度も顔を合わせずに業務が完了するケースも多く見られます。

そのほか外国語を翻訳する翻訳家などもノマドワーカー向きの職業です。

パラレルワーカーとはどんな働き方?

パラレルワーカーとは複数の仕事を掛け持ちする働き方です。

いわゆる副業やダブルワークがパラレルワーカーに当てはまります。

パラレルワーカーは多様な働き方を実現したい人に向いています。

複数の仕事に従事することでチャンスが広がり、さらなるステップアップへとつながれば社会的に大きな成功が納められます。

パラレルワーカーに向いている仕事がネットショップ経営です。

ネットを通じて商品やサービスを売買するネットショップの経営は時間的制約が少なく、他の仕事との掛け持ちも現実的です。

実店舗を構えた商売ではないので、パソコンさえあれば基本的にどこでも仕事が可能で本業の合間に仕事をこなすことも可能です。

商品の種類によっては梱包や発送のために倉庫や作業場は必要ですが外注に出すこともできますし、情報やサービスを売買するネットショップなら身一つで始められます。

自由な働き方ができる仕事をするメリット

時間

自由な働き方が実現すると時間的な自由度が飛躍的に上がります。

毎日決まった時間に決められた場所にいる必要が無いため、通勤に無駄な時間を取られることが無くなります。

自宅地学で仕事をすれば通勤時間はほぼ0に近くなり、それだけで毎日通勤に費やさしていた数時間を自由時間として確保できます。

深夜や早朝などでも問題なく働けるので、ちょっとした隙間時間を利用して効率良く働くことも可能です。

お金

個人の才能が直接評価されるので、人材としての価値が高ければ高収入が見込めます。

働いた分だけ収入に直接的に反映されるのでやりがいも大きく、業務効率を改善すれば金銭面でのさらに大きなものになります。

充実度

上司への気遣いや同僚との関係など、わずらわしい人間関係から開放される事による精神的な充実度は計り知れません。

職場の人間関係のストレスで体を壊してしまう人もいますが、いざとなれば自分の判断で嫌な相手とは関係を切ってしまえるのでストレスは大幅に軽減されます。

可能性

会社に雇われている働き方ではステップアップに限界があります。

最終的に企業のトップに上り詰められる可能性があったとしても、それが本当にやりたい仕事でないのなら自分が持つ可能性を潰してしまうことになります。

進む先を自由に選べる働き方なら秘められた可能性を開花させるチャンスがあります。

スタートアップに成功して大企業を築けるかもしれませんし、世界的に評価される可能性もあります。

ライフスタイルの充実

仕事はライフスタイルに大きく影響します。

忙しい職場だと結婚や出産が制限されてしまう可能性がありますが、自由な働き方ならライフスタイルと仕事のバランスを自分自身で調整して最善の選択ができます。

職場では育休が十分に取れなくても、自由な働き方なら時間を上手く調整して仕事と育児の両立も実現可能です。

自由な働き方をする際の注意点

金銭的リスクに注意

自由な働き方で最も注意が必要なのが金銭的リスクです。

安定的に給料がもらえる会社員と違い、自由な働き方では仕事量が収入に直結します。

フリーランスの場合は仕事の依頼がなければ収入はゼロになってしまうので、ある日突然路頭に迷う可能性は否定できません。

金銭的リススクに備えてある程度の貯金は絶対に必要です。

同じ自由な働き方でもフリーランスではなく、雇用を前提としたノマドワーカーや複数の収入源を確保するパラレルワーカーなど、働き方を工夫することで金銭的リスクを回避することが可能です。

健康問題は文字通り死活問題

自由な働き方ができるのは健康に働けるのが大前提です。

健康問題が発生するとこれまで通りに働けなくなってしまい、一気に生活が破たんしてしまうリスクがあります。

各種保険への加入は当然として、乱れがちな生活を見なおしたり、定期的に検診を受けたりと自分の健康は自分で守る意識が求められます。

仕事中に突然倒れた場合、職場なら同僚や上司が救護してくれますが自宅でひとりだとそのまま誰にも発見ない可能性があります。

ひとりきりの環境で仕事するのも良し悪しです。

環境の変化は予測できない

ある日突然業界を取り巻く環境が変化する可能性には注意が必要です。

それまではフリーランスとして重宝されていてもある日突然風向きが変わって仕事が全くなくなるケースは過去に実例があります。

例えば、エンジニア業界は技術の進歩が早く数年前まではトレンドだった技術があっという間に時代遅れになることがよくあります。

その分野の第一人者として順調に活躍していても、時代の流れに取り残されれば仕事を失ってしまいます。

自由な働き方を安定的に続けていくには時代の流れや環境の変化に敏感でなくてはいけません。

求められる最新技術を精力的に学び常に新しいアイディアで時代に対応していく姿勢がなければ、あっという間に行き詰まってしまいます。

会社員から自由な働き方であるフリーランスになるには

会社員から自由な働き方であるフリーランスになるには、現在の仕事でスキルや知識を磨くのが一番の近道です。

全く別の仕事で自由な働き方を実現するというのもひとつの方法ですが、フリーランスとしてやっていくにはそれなりのスキルや知識が必要です。

会社員という立場はビジネスを通じて実践的にスキルや知識を習得する大チャンスです。

今の仕事で一生懸命働くほど自由な働き方であるフリーランスに近づきます。

もう一つ大事なのが貯金です。

どんな仕事でフリーランスになるにしても貯金があったほうがいいのは変わりありません。

独立開業にはまとまった資金が必要ですし、フリーランスとしてしばらく仕事が無い期間を食いつなぐには貯金が頼りです。

フリーランスとして独立する道が具体的に決まっていないならば、とりあえずせっせと貯金に励みましょう。

フリーランスになる為には会社員時代から副業をしておいた方が良い?その理由は?

会社員からフリーランスへの転身をめざすなら、会社員時代から副業をしておくことをおすすめします。

なぜ副業をしておいたほうがいいのか、それは会社員というある程度安定した身分があるうちにフリーランスとして働く土台を固めておくと経済的な不安が少ないからです。

どんなに能力がある人でもフリーランスになっていきなり安定して仕事を受注するのは簡単ではありません。

今現在自由な働き方を実現している人も、ほとんどはフリーランスになってしばらくの間は会社員時代の収入減で苦労しています。

能力に見合った収入が見込めるのがフリーランスのメリットですが、実際に仕事を受注するには人間関係やコネクションが重要でフリーになっていきなり十分な仕事依頼がある人はごくわずかな少数に限られます。

安定した身分と収入は会社員に許される特権です。

スタートアップの一番苦労する時期を会社員の副業として軌道に乗せられれば、フリーランスに転身してすぐに安定した働き方が実現します。

もちろん副業に熱を入れすぎて会社の仕事に支障をきたすのは問題ですが、使える時間を上手く融通して副業を始めておけばフリーランスとしての成功する確率が上がります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!!

おすすめ関連記事